58件中 11 - 20件表示
  • 室戸阿南海岸国定公園

    室戸阿南海岸国定公園から見たアカウミガメアカウミガメ

    内陸部の指定地は全く存在しない純粋な海岸公園である。室戸岬は足摺岬と並ぶ高知県を代表する岬で、折り重なる海岸段丘と亜熱帯性樹林が特徴的。また徳島県南部一帯は高さ200mの断崖絶壁が連続する千羽海崖やリアス式の沈水海岸が見られる橘湾、アカウミガメの産卵地で知られる砂浜海岸、日和佐海岸などバラエティに富む。また無数の島嶼が見られ、橘湾の弁天島亜熱帯性植物群落(天然記念物)や徳島県南部の津島暖地性植物群落(天然記念物)など貴重な植生が見られる。室戸阿南海岸国定公園 フレッシュアイペディアより)

  • 田辺南部白浜海岸県立自然公園

    田辺南部白浜海岸県立自然公園から見たアカウミガメアカウミガメ

    千里の浜 - 本州有数のアカウミガメ産卵地田辺南部白浜海岸県立自然公園 フレッシュアイペディアより)

  • 徳島県立農林水産総合技術支援センター水産研究所

    徳島県立農林水産総合技術支援センター水産研究所から見たアカウミガメアカウミガメ

    日和佐は海亀の産卵地で有名だが、海亀の疾病治療のために県庁畜産課の獣医師が、ごく稀に臨時勤務をする事がある。徳島県立農林水産総合技術支援センター水産研究所 フレッシュアイペディアより)

  • 秋葉ダム

    秋葉ダムから見たアカウミガメアカウミガメ

    秋葉ダムを始め天竜川流域には多数のダムが建設されたが、これに伴って流砂の連続性が断絶することになった。遠州灘には中田島砂丘を始めとする砂丘が広く形成されているがこれは天竜川上流から大量の土砂が流れてきて形成されたことによるものである。中田島砂丘はアカウミガメが自然に産卵を行う場所でもあり、砂丘沿岸のマツ林と併せて好景観を生み出していた。だが近年中田島砂丘を始めとする遠州灘沿岸の海岸侵食が問題となっており、マツ林の立ち枯れ被害も出てきている。環境保護団体などはこの原因を秋葉ダムなど天竜川上流ダム群に求めており、非難している。秋葉ダム フレッシュアイペディアより)

  • 中田島砂丘

    中田島砂丘から見たアカウミガメアカウミガメ

    鳥取砂丘ほどは広くないが、風によって風紋という模様が砂上に出来る。1月1日には初日の出を見るために来る人も多い。また夏はアカウミガメが産卵のために上陸する。産んだ卵は囲いに入れられ、孵化したら人によって放流される。また、砂丘という環境から、ハマヒルガオやコウボウムギといった海浜植物が多く見られる。中田島砂丘 フレッシュアイペディアより)

  • 田中浩史

    田中浩史から見たアカウミガメアカウミガメ

    父親の生まれは、鹿児島県屋久島で、アカウミガメが春から夏にかけて産卵に訪れる田舎浜のある永田地区出身である。田中浩史 フレッシュアイペディアより)

  • 赤羽根海岸

    赤羽根海岸から見たアカウミガメアカウミガメ

    また、アカウミガメの産卵地としても知られる。赤羽根海岸 フレッシュアイペディアより)

  • ロガーヘッド (潜水艦)

    ロガーヘッド (潜水艦)から見たアカウミガメアカウミガメ

    ロガーヘッド (USS Loggerhead, SS-374) は、アメリカ海軍の潜水艦。バラオ級潜水艦の一隻。艦名はアカウミガメに因んで命名された。ロガーヘッド (潜水艦) フレッシュアイペディアより)

  • 鵠沼海岸

    鵠沼海岸から見たアカウミガメアカウミガメ

    海岸は比較的遠浅な弧状の砂浜で、古くから地曳き網が行われてきた。かつては10統近くの網元があったが、網元の所在地はいずれも内陸部であり、鵠沼海岸にはなかった。現在は1統だけが観光地曳き網と片瀬漁港から出漁するしらす網を営業し、釜揚げしらすやたたみいわしに加工して販売している。海岸ではシロギスの投げ釣りも見られたが、近年ではサーファーとの共存が困難で、あまり見られない。12月から2月にかけての早朝、引地川の河口部においてウナギの稚魚である「シラスウナギ」(通称ソウメンコ)の採補も行われている。最近、ダンベイキサゴ(通称ナガラミ)の人気が復活した。浜には時折アカウミガメが産卵に上陸する。鵠沼海岸 フレッシュアイペディアより)

  • 性決定

    性決定から見たアカウミガメアカウミガメ

    環境性決定(environmental sex-determination, ESD)の代表的なものとして、爬虫類で広範に見られる温度依存性決定(temperature-dependent sex-determination, TSD)がある。TSDはワニ・カメで一般的であり、逆にヘビでは観察されていない(表4)。TSDのパターンとしては、卵の孵化温度が低温で雌・高温で雄(アメリカアリゲーター)、低温高温で雌・中間温度で雄(カミツキガメ)、低温で雄・高温で雌(アカウミガメ)の3種類がある。またフトアゴヒゲトカゲでは、22-32°Cでは遺伝性決定であり、それ以上の温度ではTSDであることが知られている 。性決定 フレッシュアイペディアより)

58件中 11 - 20件表示

「アカウミガメ」のニューストピックワード