58件中 31 - 40件表示
  • ルー=ガルー 忌避すべき狼

    ルー=ガルー 忌避すべき狼から見たアカウミガメアカウミガメ

    14歳にして既に海外の大学院博士課程のカリキュラムまで進んでいる天才少女だが、自分の興味の範疇にないことは一般常識でも知らないことが多く、たまに間違えることがある。特に生物に関してはカメ以外はほとんど知らない。手先は器用だが、絵だけはものすごく下手。猫科の小動物のような眼をしていて、髪型はショートボブ(漫画版ではセミロング、映画版ではポニーテールなど数種)である。122エリアの経済的に恵まれていない居住者が多い「C指定地区(旧カンラク街)」にある自宅の部屋を、巨大な端末に改築した。両親がいるが、ずっと帰ってきていない。ハッキングを「魔法」と呼び、天才的ハッカーとしての自分を「魔法使い」に例えている。漫画版では後頭部につけているウミガメ型の携帯端末を利用して学校や外出先でハッキングすることも少なくない。「カイジュー」が登場する20世紀の動画フィルムを好み、その中に登場する火の玉を吐くカメに影響され「カメにできて人間にできないはずがない」というだけの単純な動機で法律違反の武器となるプラズマ発生装置とその発射装置(プラズマ砲)を自作している。漫画版では、年齢の割にプロポーションがいい。麗猫とは幼馴染。健康レベルはA+(映画版ではB)。ルー=ガルー 忌避すべき狼 フレッシュアイペディアより)

  • アルゴストリ

    アルゴストリから見たアカウミガメアカウミガメ

    アルゴストリ市街の東部、湾の端にある聖ゲオルギオス城の下には、クタヴォス潟が広がっていて、アカウミガメがエサを食べる場所となっている。クタヴォス潟は、現在は自然保護のためだが、かつては蚊やマラリアが発生する沼地であり、通行不可となっていた。イギリス人のケファロニア島総督であった将軍チャールズ・ジェームズ・ネイピア卿は、スイス人技師のコローネル・シャルル・フィリップ・ド・ボセットを招き、1813年に木製の橋をクタヴォス潟の上に建設した。4年後には石造のアーチが付け足され、さらに26年後には橋全体が石造に造りかえられた。2005年までこの橋はずっと使用されてきたために、ギリシャ文化省はこの橋を補強するために使用不可とした。ドレパノ橋の中間に立つと、この石造の橋が見られる。アルゴストリ フレッシュアイペディアより)

  • 浜名大橋

    浜名大橋から見たアカウミガメアカウミガメ

    弁天島からの眺望は非常に雄大で、ライトアップをしようという意見もあったが、近隣で行われているシラス漁の関係、また、アカウミガメの上陸・産卵を妨げるという理由で不可能になっている。浜名大橋 フレッシュアイペディアより)

  • 希少野生動植物種

    希少野生動植物種から見たアカウミガメアカウミガメ

    甲殻類 - ウミガメ科全種(日本にはアカウミガメ、アオウミガメ、タイマイが繁殖のため訪れる)希少野生動植物種 フレッシュアイペディアより)

  • アメリカカブトガニ

    アメリカカブトガニから見たアカウミガメアカウミガメ

    コオバシギなどの渉禽類には、春の渡りのエネルギーを本種の卵に依存しているものがおり、実際に個体数の急激な減少が観察されている。本種を捕食するアカウミガメも間接的な影響を受けている。アメリカカブトガニ フレッシュアイペディアより)

  • 下田海中水族館

    下田海中水族館から見たアカウミガメアカウミガメ

    アカウミガメ - 下田周辺の砂浜に、毎年産卵のためにやって来る。下田海中水族館では、産卵場所の調査や保護に取り組んでいる。下田海中水族館 フレッシュアイペディアより)

  • 姫路市立水族館

    姫路市立水族館から見たアカウミガメアカウミガメ

    アオウミガメ・アカウミガメ・ケヅメリクガメ・ワニガメ・カブトガニ・オオサンショウウオ・フンボルトペンギン・ヌートリア・ゴンズイ・クマノミ・アカシマシラヒゲエビ・トビハゼ・カタクチイワシ・アリゲーターガー・エラブウミヘビ・なまこなど姫路市立水族館 フレッシュアイペディアより)

  • 明石市立水族館

    明石市立水族館から見たアカウミガメアカウミガメ

    1957年(昭和32年)4月に明石市中崎海岸の県立水産試験場付属水族生態研究所を改装し、開館した。当時全国で水族館ブームがあり、1958年に全面改装し、アカウミガメやペンギンで人気となったが、 より規模の大きい神戸市立須磨水族館の存在、1966年にオープンした姫路市立水族館などの存在もあり、入場者数が減少し1972年(昭和47年)4月13日に閉館した。明石市立水族館 フレッシュアイペディアより)

  • 黒島 (沖縄県竹富町)

    黒島 (沖縄県竹富町)から見たアカウミガメアカウミガメ

    西の浜 - 島の西北に位置し、黒島港から比較的近い。夕日が望める。4月から10月頃にかけてウミガメが産卵のために上陸する。1978?2009年間で、ウミガメ類の上陸産卵は339回。そのうちアカウミガメ225回、アオウミガメ65回、タイマイ49回。平均は10.9回/年、2009年7回。遊泳禁止の看板が掲げられている(2009年9月現在)黒島 (沖縄県竹富町) フレッシュアイペディアより)

  • 混獲

    混獲から見たアカウミガメアカウミガメ

    絶滅の危機に瀕しているウミガメは、これまでにも多くの個体がエビのトロール漁によって命を落としている。ウミガメは、トロール網から逃げ出せることもあるが、メキシコ湾と、アメリカ沖大西洋では、毎年数千ものケンプヒメウミガメ、アカウミガメ、アオウミガメ、オサガメが混獲されている 。混獲 フレッシュアイペディアより)

58件中 31 - 40件表示

「アカウミガメ」のニューストピックワード