81件中 41 - 50件表示
  • 日和佐川

    日和佐川から見たアカウミガメアカウミガメ

    八郎山(標高919m)の南斜面に水源があり、美波町(旧日和佐町)内を流れ紀伊水道(日和佐港)に注ぐ。下流部では沖積低地を形成し、日和佐(美波町)市街地となっている。河口付近には、日和佐城やアカウミガメの産卵地として知られる大浜海岸などの名所がある。とくしま水紀行50選に選定されている。日和佐川 フレッシュアイペディアより)

  • ランペドゥーザ島

    ランペドゥーザ島から見たアカウミガメアカウミガメ

    マンタや小型の鯨類(ハナゴンドウやイルカ類など)がよく見られるほか、南岸沖のイゾラ島は、地中海全域で絶滅危惧となっているアカウミガメが産卵に訪れる場所としてはイタリア国内で最後の場所であり、専用の保護団体も存在する。 また、ランペドゥーザ島近海は、大西洋で唯一妊娠中のメスと新生児のホオジロザメが目撃されている場所でもある。 2015年には、ランペドゥーザ島は地中海のナガスクジラの越冬地であることが判明し、岸から数百mの海域で採餌する姿もよく見られる。 また、本来地中海には珍しいと思われていたザトウクジラが島の周囲で確認されてきている。 リノーザ島にならび、ランペドゥーザ島は1950年代まではチチュウカイモンクアザラシの生息地でもあった。ランペドゥーザ島 フレッシュアイペディアより)

  • 表浜ブルーウォーク

    表浜ブルーウォークから見たアカウミガメアカウミガメ

    愛知県豊橋市と田原市にまたがる表浜海岸は全国的にも珍しい全長約50キロの弓状の砂浜と海岸崖や丘陵地から形成された海岸である。アカウミガメの有名な産卵地としても知られる自然豊かな海岸であるが近隣市街の河川や遠洋から漂着する生活ゴミの増加によって、景観の悪化やゴミ漂着物に絡まったり誤飲してしまう生物への影響が懸念されている。このような海岸ゴミの問題と個々人の生活は密接に関係しており、さまざまな問題の解決には一人一人のライフスタイルの改善が必要である。このような観点から、地元大学生ら若者が中心となって始まった海岸清掃が表浜ブルーウォークである。表浜ブルーウォーク フレッシュアイペディアより)

  • ゴールデンアイルズ

    ゴールデンアイルズから見たアカウミガメアカウミガメ

    地域で最も愛され、かつ存続が危まれている種がアカウミガメである。5月下旬から8月半ばまで、メスのカメが暗くなった後に海浜にはい上がり、砂丘の満潮線より上で巣を掘って、卵を産む。カメの卵は自然からも人からも多くの脅威に曝される。ウミガメのあらゆる種が連邦政府絶滅危惧種法によって保護されている。ジョージア州自然資源省がジョージア州ウミガメ共同体の下で地元の機関やボランティアの動きを調整している。これらの団体はゴールデンアイルズの海浜で見つかったウミガメの巣を監視し、保護し、管理している。さらに研究や大衆の知覚と教育プログラムを実行してもいる。ジェキル島にあるジョージア・ウミガメセンターは共同体の会員であり、負傷したカメへのリハビリや、様々なプログラムや現場ツアーによって研究と教育も行っている。ゴールデンアイルズ フレッシュアイペディアより)

  • 下田海中水族館

    下田海中水族館から見たアカウミガメアカウミガメ

    アカウミガメ - 下田周辺の砂浜に、毎年産卵のためにやって来る。下田海中水族館では、産卵場所の調査や保護に取り組んでいる。下田海中水族館 フレッシュアイペディアより)

  • 希少野生動植物種

    希少野生動植物種から見たアカウミガメアカウミガメ

    爬虫類 - ウミガメ科全種(日本にはアカウミガメ、アオウミガメ、タイマイが繁殖のため訪れる)希少野生動植物種 フレッシュアイペディアより)

  • ワレカラ

    ワレカラから見たアカウミガメアカウミガメ

    その他の付着基質としてコケムシ群体やホヤ類、ナマコ類、漁網などが挙げられる。珍しいものではアカウミガメの背甲から発見された種も存在する。ワレカラ フレッシュアイペディアより)

  • 恒温動物

    恒温動物から見たアカウミガメアカウミガメ

    thumb|right|サーモグラフィー画像: ヘビがネズミを捕食恒温が「恒に体温を一定に保つ」ことと考えるなら、そのような動物は発見されていない。「積極的な体熱産生と放散を伴って能動的にある範囲に体温を保つ」こととするならば、動物では様々な分類群に分布する(珍しくもない)生理特性である。例えばウミガメ、ネズミザメ類やマグロ類、昆虫類にはほぼ一定の体温を保ち、0℃の気温や、10℃の冷水の中でも活発に活動するものがある。この時の体温はヒトやセイヨウオオマルハナバチでは40℃付近であるが、アカウミガメで23℃付近、ホホジロザメで26℃付近と比較的低い。つまり、アカウミガメやホホジロザメは“冷血”の“恒温動物”である。また、カツオやアキアカネ、カモノハシ、カッコウ等の活動時体温は外水(気)温よりも5〜10℃以上高く、40℃に達することもあるが、外温や運動の有無で体温が浮動し安定しない。つまり“温血”の“変温動物”である。このことからもわかるように、よく見る右図のような温度分布図は、その時の体温の高低を示しているに過ぎず、恒温動物と変温動物との差を象徴的に表すものではない。温血動物という言葉が用語として不適切なゆえんでもある。恒温動物 フレッシュアイペディアより)

  • 成ヶ島

    成ヶ島から見たアカウミガメアカウミガメ

    アカウミガメ - 紀淡海峡側から上陸して砂地に産卵するのが見られる。成ヶ島 フレッシュアイペディアより)

  • 性決定

    性決定から見たアカウミガメアカウミガメ

    環境性決定(environmental sex-determination, ESD)の代表的なものとして、爬虫類で広範に見られる温度依存性決定(temperature-dependent sex-determination, TSD)がある。TSDはワニ・カメで一般的であり、逆にヘビでは観察されていない(表4)。TSDのパターンとしては、卵の孵化温度が低温で雌・高温で雄(アメリカアリゲーター)、低温高温で雌・中間温度で雄(カミツキガメ)、低温で雄・高温で雌(アカウミガメ)の3種類がある。またフトアゴヒゲトカゲでは、22-32°Cでは遺伝性決定であり、それ以上の温度ではTSDであることが知られている 。性決定 フレッシュアイペディアより)

81件中 41 - 50件表示

「アカウミガメ」のニューストピックワード