58件中 41 - 50件表示
  • ウミガメ科

    ウミガメ科から見たアカウミガメアカウミガメ

    Caretta caretta アカウミガメ Loggerhead turtleウミガメ科 フレッシュアイペディアより)

  • バージニアビーチ

    バージニアビーチから見たアカウミガメアカウミガメ

    市南部のサンドブリッジの南、大西洋とバック湾に挟まれた細長い砂州およびバック湾に浮かぶ多数の小島は、9,250エーカー(約3,743ha)にわたってバック湾国立野生生物保護区に指定されている。保護区内は砂浜、砂丘、森林、農地、湿地と多様性に富んでおり、絶滅危惧種に指定されているアカウミガメやアメリカ合衆国の国鳥であるハクトウワシのほか、フエコチドリやハヤブサなどが生息している。また、毎年12月頃には、保護区には10,000羽を超えるハクガンや各種のカモが飛来してくる。バージニアビーチ フレッシュアイペディアより)

  • 静岡県遠州灘海浜公園球技場

    静岡県遠州灘海浜公園球技場から見たアカウミガメアカウミガメ

    周辺は遠州灘に近く、空っ風が吹くのが特徴。なお照明設備は設置されていない。これは球技場南側の中田島砂丘がアカウミガメの産卵地となっており、生態系を保護することを考慮してのものである。静岡県遠州灘海浜公園球技場 フレッシュアイペディアより)

  • 美波町

    美波町から見たアカウミガメアカウミガメ

    四国霊場の薬王寺に参拝する遍路で門前町は賑わい、室戸阿南海岸国定公園でもある海岸ではアカウミガメが産卵に訪れる。世界的にも珍しい施設とする日和佐うみがめ博物館などウミガメで町おこしを行っているほか、後述の漁村留学による地域おこしが成功例として全国から注目されている。美波町 フレッシュアイペディアより)

  • 沖縄美ら海水族館

    沖縄美ら海水族館から見たアカウミガメアカウミガメ

    タイマイ、アオウミガメ、アカウミガメ、クロウミガメ、ヒメウミガメの5種類のウミガメを飼育・展示している。沖縄美ら海水族館 フレッシュアイペディアより)

  • ジュビロ磐田

    ジュビロ磐田から見たアカウミガメアカウミガメ

    静岡県西部ではヤマハスタジアムの他にHonda FCの都田グラウンドや静岡県遠州灘海浜公園球技場が全国規模のサッカーリーグで使用されていたが、ヤマハスタジアム以外はJリーグ規格(15,000人以上収容)のスタジアムではなく、また施設の用地スペースや遠州灘海浜公園の場合は周囲がアカウミガメの産卵地であることから夜間照明設備を設置することができないなどの理由でJリーグ規格に造り替えることが困難だった。また、ヤマハスタジアム自体も周辺にヤマハ発動機の本社工場オフィスや福利厚生施設などがある為、スタンド増築(現在は16,893人収容)にも限界があった。ジュビロ磐田 フレッシュアイペディアより)

  • 恒温動物

    恒温動物から見たアカウミガメアカウミガメ

    thumb|right|サーモグラフィー画像: ヘビがネズミを捕食恒温が「恒に体温を一定に保つ」ことと考えるなら、そのような動物は発見されていない。「積極的な体熱産生と放散を伴って能動的にある範囲に体温を保つ」こととするならば、動物では様々な分類群に分布する(珍しくもない)生理特性である。例えばウミガメ、ネズミザメ類やマグロ類、昆虫類にはほぼ一定の体温を保ち、0℃の気温や、10℃の冷水の中でも活発に活動するものがある。この時の体温はヒトやセイヨウオオマルハナバチでは40℃付近であるが、アカウミガメで23℃付近、ホホジロザメで26℃付近と比較的低い。つまり、アカウミガメやホホジロザメは?冷血?の?恒温動物?である。また、カツオやアキアカネ、カモノハシ、カッコウ等の活動時体温は外水(気)温よりも5?10℃以上高く、40℃に達することもあるが、外温や運動の有無で体温が浮動し安定しない。つまり?温血?の?変温動物?である。このことからもわかるように、よく見る左図のような温度分布図は、その時の体温の高低を示しているに過ぎず、恒温動物と変温動物との差を象徴的に表すものではない。温血動物という言葉が用語として不適切なゆえんでもある。植物においてもザゼンソウ、ヒトデカズラ(Philodendron selloum)、ハスなど、花器を開花期間中一定の温度に保つものが存在する。例えばザゼンソウでは4℃から15℃の外気温中で、肉穂花序の温度を24℃±1℃以内に保つが、これは多くのほ乳類や鳥類の体温日周変動幅より小さい。ただし、植物や昆虫における体温維持は花器や胸部など必要な部分および期間のみであることが多い。なお、鳥類やほ乳類も厳密な意味では全身の体温を保っているわけではない。耳介や足先などは大きく体温が変動する。ただし、日周変動の幅が1℃以内の体温(ヒト程度)を生涯保つような種の多くは、ほ乳類か鳥類である。恒温動物 フレッシュアイペディアより)

  • カメ

    カメから見たアカウミガメアカウミガメ

    ウミガメ科 :アカウミガメ、アオウミガメ(アオウミガメ、クロウミガメ)、タイマイ、ヒメウミガメ(上陸例なし)。カメ フレッシュアイペディアより)

  • 恐竜

    恐竜から見たアカウミガメアカウミガメ

    もっとも、恐竜が変温動物か恒温動物かという議論そのものが、哺乳類と鳥類が恒温動物でありそれ以外は変温動物という、古い考え方に基づくものである。現在ではそのような単純な区別はできないとされ、例えば哺乳類のナマケモノや鳥類のカッコウは体温変動が大きく、一方で魚類のクロマグロや爬虫類のアカウミガメは体温を一定に保っている。動物の恒温性と変温性は、それぞれの動物の種ごとのそれぞれの進化において選択されたものであり、そういう意味では恐竜の恒温動物説そのものが無意味と言える。恐竜 フレッシュアイペディアより)

  • しずてつジャストライン浜岡営業所

    しずてつジャストライン浜岡営業所から見たアカウミガメアカウミガメ

    しずてつジャストライン浜岡営業所(はまおかえいぎょうしょ)とは、しずてつジャストラインの営業所の一つであり、静岡県小笠地区を主に管轄する。同社の営業所の中では唯一浜松ナンバーを付ける。ペットマークは沿線エリアに産卵区域のあるアカウミガメしずてつジャストライン浜岡営業所 フレッシュアイペディアより)

58件中 41 - 50件表示

「アカウミガメ」のニューストピックワード