81件中 61 - 70件表示
  • バージニアビーチ

    バージニアビーチから見たアカウミガメアカウミガメ

    市南部のサンドブリッジの南、大西洋とバック湾に挟まれた細長い砂州およびバック湾に浮かぶ多数の小島は、9,250エーカー(約3,743ha)にわたってバック湾国立野生生物保護区に指定されている。保護区内は砂浜、砂丘、森林、農地、湿地と多様性に富んでおり、絶滅危惧種に指定されているアカウミガメやアメリカ合衆国の国鳥であるハクトウワシのほか、フエコチドリやハヤブサなどが生息している。また、毎年12月頃には、保護区には10,000羽を超えるハクガンや各種のカモが飛来してくる。バージニアビーチ フレッシュアイペディアより)

  • ヒルトンヘッドアイランド (サウスカロライナ州)

    ヒルトンヘッドアイランド (サウスカロライナ州)から見たアカウミガメアカウミガメ

    ヒルトンヘッドアイランドには多種多様な野生生物が生息している。例えば、アリゲーター、オジロジカ、アカウミガメ、ハンドウイルカ、マナティであり、野鳥は数百種に及ぶ。ヒルトンヘッドアイランド (サウスカロライナ州) フレッシュアイペディアより)

  • 紀勢本線

    紀勢本線から見たアカウミガメアカウミガメ

    紀伊田辺駅は和歌山県中南部の経済の中心となっている田辺市の中心駅で、かつて紀伊田辺機関区があったため、駅構内には多くの留置線があり、この駅を境に普通列車の運転系統が分かれている。また、紀州路から中辺路と大辺路が分岐しており、陸上交通においても鉄道においても交通の要衝でもあった。紀伊田辺駅からは複線になり、田辺市の市街地を抜け、芳養駅を過ぎると第三芳養トンネルを通過し、日本一の梅の産地を抱えるみなべ町に入り、南部駅に至る。千里梅林の下にあるトンネルをすぎると、千里の浜と呼ばれる海岸沿いを走行する。古くからの景勝地で、『枕草子』などでその名がみられるほか、日本有数のアカウミガメの産卵地として知られている。岩代駅 - 切目駅間の一部区間では太平洋の絶景を眺めることができ、一部の列車が速度を落として運転するなどビューポイントとなっている。紀勢本線 フレッシュアイペディアより)

  • 遠州灘海浜公園球技場

    遠州灘海浜公園球技場から見たアカウミガメアカウミガメ

    周辺は遠州灘に近く、南側に中田島砂丘がありアカウミガメの産卵地となっている。遠州灘海浜公園球技場 フレッシュアイペディアより)

  • 鵠沼海岸

    鵠沼海岸から見たアカウミガメアカウミガメ

    海岸は比較的遠浅な弧状の砂浜で、古くから地曳き網が行われてきた。かつては10統近くの網元があったが、網元の所在地はいずれも内陸部であり、鵠沼海岸にはなかった。現在は1統だけが観光地曳き網と片瀬漁港から出漁するしらす網を営業し、釜揚げしらすやたたみいわしに加工して販売している。海岸ではシロギスの投げ釣りも見られたが、近年ではサーファーとの共存が困難で、あまり見られない。12月から4月にかけての夜間、引地川の河口部と周辺海岸においてウナギの稚魚である「シラスウナギ」(通称ソウメンコ)の採補も行われている。最近、ダンベイキサゴ(通称ナガラミ)の人気が復活した。また、チョウセンハマグリ漁も盛んである。浜には時折アカウミガメが産卵に上陸する。鵠沼海岸 フレッシュアイペディアより)

  • 西大和学園中学校・高等学校

    西大和学園中学校・高等学校から見たアカウミガメアカウミガメ

    アカウミガメの産卵 第1回、第2回(1泊2日)西大和学園中学校・高等学校 フレッシュアイペディアより)

  • 屋嘉比島

    屋嘉比島から見たアカウミガメアカウミガメ

    島全体に森林やススキの草原が広がる。屋嘉比島に棲息するケラマジカは国指定の天然記念物に指定され、1974年(昭和49年)から約10年間は鳥獣保護区にも認定されていた。1983年現在、ケラマジカの約半数は屋嘉比島に棲息し、朝方と夕方には餌取りを行う為に海岸部の草地に出現する。アカウミガメとアオウミガメの産卵地で、孵化したウミガメを狙ってアカマタが捕食する事例が報告されている。島の周囲は最大で幅約600mのサンゴ礁に取り巻かれ、ダイビングスポットとなっている。緑色片岩で構成され、久場島と同様に含銅硫化鉄鉱床(キースラガー鉱床)を形成し、戦前まで銅の採掘地であった。屋嘉比島 フレッシュアイペディアより)

  • 渥美半島

    渥美半島から見たアカウミガメアカウミガメ

    太平洋を望む約3キロメートル砂浜の海岸。海岸線にはヤシの木が並び、ウェストコーストの様な景観。いい波が立つことから国内有数のサーフスポットとして知られており、県内外からサーファーが訪れる。ハマヒルガオの咲く砂浜は、アカウミガメの産卵地としても有名であり、子ガメの放流会が年に数回開催されている。渥美半島 フレッシュアイペディアより)

  • みなべ町

    みなべ町から見たアカウミガメアカウミガメ

    千里の浜 - 白砂清松の浜、熊野古道の一部。本州有数のアカウミガメ産卵地みなべ町 フレッシュアイペディアより)

  • リマソール地区

    リマソール地区から見たアカウミガメアカウミガメ

    コウリス川がトロードス山脈の南斜面を流れ、古代都市コウリオン近郊で海に注ぐ。コウリス・ダムによって川下の乾燥が進んでいる。 アクロティリ半島北東のアクロティリ湾には、リマソールが、北西のエピスコピ湾にはピッソウリが面している。 エピスコピ湾には青海亀と赤海亀が生息しており、国際自然保護連合(IUCN)の絶滅危惧種に指定されている。 アマソウス海岸とダッソウディ海岸もこの地区に有る。リマソール地区 フレッシュアイペディアより)

81件中 61 - 70件表示

「アカウミガメ」のニューストピックワード