45件中 31 - 40件表示
  • アカウミガメ

    アカウミガメから見た交雑

    2013年6月に奄美大島において、アカウミガメとタイマイの特徴を併せ持つ交雑種が産卵していることが、NPO法人・日本ウミガメ協議会によって確認された。同協議会では、種の保全が脅かされる危険性があるとして、今後子ガメの種の確認を実施したいとしている。アカウミガメ フレッシュアイペディアより)

  • アカウミガメ

    アカウミガメから見た饅頭

    静岡県御前崎市は「御前崎のウミガメおよびその産卵地」が国の天然記念物に指定されるなどアカウミガメとのかかわりの深い地域であるが、漁業関係者の間では大漁、豊漁のシンボルとして敬愛され、死んだアカウミガメを供養した「亀塚」が市内各所に実在している。また、市内のパン屋が正月飾りにアカウミガメを模した大きな饅頭を作り、縁起物として個人的に正月飾りにしたところ、それを見た市民らが販売を請い、のちにその巨大な饅頭は「亀まんじゅう」として販売されるようになった。アカウミガメ フレッシュアイペディアより)

  • アカウミガメ

    アカウミガメから見た特定非営利活動法人

    2013年6月に奄美大島において、アカウミガメとタイマイの特徴を併せ持つ交雑種が産卵していることが、NPO法人・日本ウミガメ協議会によって確認された。同協議会では、種の保全が脅かされる危険性があるとして、今後子ガメの種の確認を実施したいとしている。アカウミガメ フレッシュアイペディアより)

  • アカウミガメ

    アカウミガメから見たセンチメートル

    甲長65-100センチメートル。体重70-180キログラム。背甲は扁平。項甲板と第1肋甲板は接する。肋甲板は左右に5枚ずつだが、4枚ずつの個体や左右非対称もいる。背甲には3つずつ筋状の盛り上がり(キール)があるが、成長に伴い消失する。背甲の色彩は赤褐色、褐色。下縁甲板は左右に3枚ずつで、小孔はない。腹甲の色彩は淡黄色。アカウミガメ フレッシュアイペディアより)

  • アカウミガメ

    アカウミガメから見たウミガメ科

    アカウミガメ(Caretta caretta)は、爬虫綱カメ目ウミガメ科アカウミガメ属に分類されるカメである。本種のみでアカウミガメ属を構成する。アカウミガメ フレッシュアイペディアより)

  • アカウミガメ

    アカウミガメから見た孵化

    砂中に産まれた卵は孵化前に海水に触れると孵化しない。そのため産卵場所は、満潮時でも海水が来ないように砂浜の奥まった位置である必要がある。ところが、ゴミやテトラポッドなどに阻まれて産卵に必要な条件を満たす場所までたどり着けないこともある。そのような場合には、満潮時に海水が届いてしまう位置に産卵してしまったり、産卵を諦めて海に戻ってしまったりすることもある。アカウミガメ フレッシュアイペディアより)

  • アカウミガメ

    アカウミガメから見た奄美大島

    2013年6月に奄美大島において、アカウミガメとタイマイの特徴を併せ持つ交雑種が産卵していることが、NPO法人・日本ウミガメ協議会によって確認された。同協議会では、種の保全が脅かされる危険性があるとして、今後子ガメの種の確認を実施したいとしている。アカウミガメ フレッシュアイペディアより)

  • アカウミガメ

    アカウミガメから見た能登半島

    産卵地としてはアメリカ合衆国東部、オーストラリア北部、オマーン、ギリシャ、トルコ、日本、ブラジル、南アフリカ共和国などが確認されている。日本国内では鹿島灘、能登半島以南で繁殖する。年に100回以上の産卵例がある産卵地として遠州灘海岸、和歌山県南部、日南海岸、屋久島などが確認されている。アカウミガメ フレッシュアイペディアより)

  • アカウミガメ

    アカウミガメから見たキログラム

    甲長65-100センチメートル。体重70-180キログラム。背甲は扁平。項甲板と第1肋甲板は接する。肋甲板は左右に5枚ずつだが、4枚ずつの個体や左右非対称もいる。背甲には3つずつ筋状の盛り上がり(キール)があるが、成長に伴い消失する。背甲の色彩は赤褐色、褐色。下縁甲板は左右に3枚ずつで、小孔はない。腹甲の色彩は淡黄色。アカウミガメ フレッシュアイペディアより)

  • アカウミガメ

    アカウミガメから見た浦島太郎

    アカウミガメは信仰の対象としてもしばしば用いられる。有名なところでは、浦島太郎などの童話にも見ることができる。アカウミガメ フレッシュアイペディアより)

45件中 31 - 40件表示

「アカウミガメ」のニューストピックワード