1 2 3 4 5 次へ
45件中 41 - 45件表示
  • アカウミガメ

    アカウミガメから見た天然記念物

    日本では1967年に徳島県美波町が「大浜海岸のウミガメおよびその産卵地」、1980年に静岡県御前崎市が「御前崎のウミガメおよびその産卵地」として産卵地や上陸個体が国の天然記念物に指定されている。アカウミガメ フレッシュアイペディアより)

  • アカウミガメ

    アカウミガメから見た静岡県

    日本では1967年に徳島県美波町が「大浜海岸のウミガメおよびその産卵地」、1980年に静岡県御前崎市が「御前崎のウミガメおよびその産卵地」として産卵地や上陸個体が国の天然記念物に指定されている。アカウミガメ フレッシュアイペディアより)

  • アカウミガメ

    アカウミガメから見た和歌山県

    産卵地としてはアメリカ合衆国東部、オーストラリア北部、オマーン、ギリシャ、トルコ、日本、ブラジル、南アフリカ共和国などが確認されている。日本国内では鹿島灘、能登半島以南で繁殖する。年に100回以上の産卵例がある産卵地として遠州灘海岸、和歌山県南部、日南海岸、屋久島などが確認されている。アカウミガメ フレッシュアイペディアより)

  • アカウミガメ

    アカウミガメから見た徳島県

    日本では1967年に徳島県美波町が「大浜海岸のウミガメおよびその産卵地」、1980年に静岡県御前崎市が「御前崎のウミガメおよびその産卵地」として産卵地や上陸個体が国の天然記念物に指定されている。アカウミガメ フレッシュアイペディアより)

  • アカウミガメ

    アカウミガメから見た混獲

    開発による産卵地の破壊、漁業による混獲、ビニールゴミの海洋への投棄、食用や剥製用の採集などにより生息数は減少していると考えられている。海洋に生息するため生息数の推移は不明だが産卵例に関しては日本国内で最大の産卵地とされる屋久島では1990年における産卵例は約1,500、1997-1999年における産卵例は300-400と減少傾向にある。アカウミガメ フレッシュアイペディアより)

1 2 3 4 5 次へ
45件中 41 - 45件表示

「アカウミガメ」のニューストピックワード