225件中 21 - 30件表示
  • GOLDEN☆BEST 柏原芳恵

    GOLDEN☆BEST 柏原芳恵から見たアグネス・チャンアグネス・チャン

    冬の日の帰り道(1975年) - アグネス・チャンのシングル、B面に「ハロー・グッバイ」収録GOLDEN☆BEST 柏原芳恵 フレッシュアイペディアより)

  • チャン・メイリン

    チャン・メイリンから見たアグネス・チャンアグネス・チャン

    チャン・メイリン フレッシュアイペディアより)

  • チャン

    チャンから見たアグネス・チャンアグネス・チャン

    陳。アイリーン・チャン(香港の歌手)、アグネス・チャン(香港の歌手)、エディソン・チャン(香港の男優)、フルーツ・チャン(香港の映画監督)など。チャン フレッシュアイペディアより)

  • ポケットいっぱいの秘密

    ポケットいっぱいの秘密から見たアグネス・チャンアグネス・チャン

    「ポケットいっぱいの秘密」(ポケットいっぱいのひみつ)は、アグネス・チャンの6枚目のシングルである。ポケットいっぱいの秘密 フレッシュアイペディアより)

  • ビー・グリーン

    ビー・グリーンから見たアグネス・チャンアグネス・チャン

    健康食品の販売を目的に設立された商社である。歌手のアグネス・チャンの夫により設立された。本社は、チャンの個人事務所「トマス・アンド・アグネス」と同じ敷地内に設置されており、両社ともチャンの夫が代表を務めている。チャンもビー・グリーンの取り扱い商品のイメージキャラクターに就任しており、ビー・グリーンの広告に登場するなど商品のアピールに努めている。ビー・グリーン フレッシュアイペディアより)

  • 燃えよせんみつ足かけ二日大進撃

    燃えよせんみつ足かけ二日大進撃から見たアグネス・チャンアグネス・チャン

    本番組初期の頃に内包していた。アグネス・チャンと高嶋秀武アナが出演。燃えよせんみつ足かけ二日大進撃 フレッシュアイペディアより)

  • ペスタロッチー教育賞

    ペスタロッチー教育賞から見たアグネスチャンアグネス・チャン

    2005年 アグネスチャン(歌手・日本ユニセフ協会大使・教育学博士)ペスタロッチー教育賞 フレッシュアイペディアより)

  • 岡崎優

    岡崎優から見たアグネス・チャンアグネス・チャン

    高校卒業後、ダイナミックプロに入社した。アシスタントとして働きながら書いた『ハローラブ』(「学研中二コース」)で漫画家デビュー。同プロにて『キューティーハニー』や『UFOロボ グレンダイザー』のコミカライズのほか、ブラックコメディなどを描く。独立後は秋田書店を中心に『アグネス・チャン物語』『山本リンダ物語』などの人気アイドルの紹介漫画や、『マグネロボ ガ・キーン』『大鉄人17』『無敵鋼人ダイターン3』『太陽の牙ダグラム』、『装甲騎兵ボトムズ』など特撮、アニメ作品の漫画化を行う。岡崎優 フレッシュアイペディアより)

  • 鳥塚しげき&ホットケーキ

    鳥塚しげき&ホットケーキから見たアグネス・チャンアグネス・チャン

    アグネス・チャンが1976年にリリースした「恋のシーソー・ゲーム」はカントリー調の曲であったため、バックバンドとして鳥塚しげきを除いたホットケーキを起用、テレビにも出演した。その後、1977年までコンサートツアーにも同行し、『また逢う日まで』などのライブ盤には、演奏が収録されている。鳥塚しげき&ホットケーキ フレッシュアイペディアより)

  • 田山雅充

    田山雅充から見たアグネスチャンアグネス・チャン

    これ以降、太田裕美・アグネスチャン・小林麻美・中森明菜・芹洋子・狩人・荒川努・塚田三喜夫など沢山の歌手に作品が提供されることになった上、自身の『春うらら』でのソロデビュー(1976年)が決定した。この『春うらら』は週間チャートこそ16位が最高であったが、当時数多くあった音楽祭(TBS『東京音楽祭』、文化放送『新宿音楽祭』、ニッポン放送『銀座音楽祭』、FM東京『FMリスナーズ・グランプリ』)の受賞曲にそれぞれ選出され、1976年年間チャート58位・セールス40万枚を記録した。特にその当時TBSが主催していた「東京音楽祭・世界大会」の第5回では、「THE BEST JAPANESE ARTIST(外国審査員団賞)」を受賞した(この回のグランプリ受賞はナタリー・コール)。田山雅充 フレッシュアイペディアより)

225件中 21 - 30件表示

「アグネス・チャン」のニューストピックワード