前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
183件中 1 - 10件表示
  • アグネス・チャン

    アグネス・チャンから見たジャッキー・チェン

    2006年2月、ジャッキー・チェンとのデュエット曲を含む英語盤CD『 Forget Yourself』をアメリカで発売した。12月には日本デビュー35周年を記念するコンサートの第一弾が行われた。年末に香港で唾液腺腫瘍の摘出手術を受けるも、その後早くも年明けから芸能活動を行う。アグネス・チャン フレッシュアイペディアより)

  • アグネス・チャン

    アグネス・チャンから見たワーナーミュージック・ジャパン

    香港のテレビ番組『Agnes Chan Show』のゲストとして知り合った平尾昌晃によって日本に紹介され、1972年11月25日にワーナーパイオニア(現ワーナーミュージック・ジャパン)より「ひなげしの花」でデビュー。当初の衣裳はロングであったが、翌年ミニスカートに変えて人気が急上昇した。アグネス・チャン フレッシュアイペディアより)

  • アグネス・チャン

    アグネス・チャンから見たテレビ朝日

    1975年 NET 『おじさま!愛です』 アグネス・チャン役。テーマ曲は「美しい朝がきます」アグネス・チャン フレッシュアイペディアより)

  • アグネス・チャン

    アグネス・チャンから見たチャック・ウイルソンチャック・ウィルソン

    アグネス・チャン、チャック・ウイルソン、ピーター・バラカン「日本の若い奴らに礼儀教えます」『文藝春秋』62巻10号、1984年9月、460-467頁。アグネス・チャン フレッシュアイペディアより)

  • アグネス・チャン

    アグネス・チャンから見たザ・ぼんち

    1982年 関西テレビ『花王名人劇場 ザ・ぼんちの母をたずねて三千里-香港編-』(単発ドラマ)アグネス・チャン フレッシュアイペディアより)

  • アグネス・チャン

    アグネス・チャンから見た南沙織

    そんな中、アメリカンスクールに通い英語が堪能だった先輩の南沙織とは仲が良く、彼女の引退直前にはインタビューもされている。アグネス・チャン フレッシュアイペディアより)

  • アグネス・チャン

    アグネス・チャンから見た欧陽菲菲欧陽 菲菲

    1997年、歌の妖精 Vol.5(アグネス・チャン、テレサ・テン、欧陽菲菲アグネス・チャン フレッシュアイペディアより)

  • アグネス・チャン

    アグネス・チャンから見たジョニ・ミッチェル

    1971年に『Second Folk Album』と題するオムニバスアルバムでジョニ・ミッチェルの「The Circle Game」を姉のアイリーン・チャンとカバー。シングル化されてヒットした。アグネス・チャン フレッシュアイペディアより)

  • アグネス・チャン

    アグネス・チャンから見たムーンライダーズ

    1974年、「草原の輝き」が春の選抜高等学校野球大会の入場行進曲に選ばれる。また、ブロマイドの売上成績第1位を獲得。この頃のコンサートではバックバンドに鈴木慶一とムーンライダーズ、司会は植田芳暁を起用していた。1976年には「恋のシーソーゲーム」でホットケーキがバックをつとめ、さよならコンサートなどのコンサートに参加した。アグネス・チャン フレッシュアイペディアより)

  • アグネス・チャン

    アグネス・チャンから見たASKA

    1988年、飛鳥涼(現ASKA)作詞・作曲の歌「LIFE」でポニーキャニオンに移籍。アグネス・チャン フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
183件中 1 - 10件表示

「アグネス・チャン」のニューストピックワード