185件中 31 - 40件表示
  • アグネス・チャン

    アグネス・チャンから見た味の素

    中華スープ(味の素アグネス・チャン フレッシュアイペディアより)

  • アグネス・チャン

    アグネス・チャンから見た乳癌

    10月31日、北京の人民大会堂で同会場初のポップス系の楽曲でチャリティーコンサートを行った。この前に初期の乳ガンが発見され、摘出手術を受けた。アグネス・チャン フレッシュアイペディアより)

  • アグネス・チャン

    アグネス・チャンから見たピンクリボン

    1972年、代表曲の一つである「ひなげしの花」で、日本での歌手デビューを果たす。高く澄んだ歌声と愛くるしいルックス、たどたどしいが一生懸命日本語で歌う姿が受けて、一躍人気アイドルとなった。日本ではその後も「草原の輝き」、「小さな恋の物語」、「星に願いを」、「ポケットいっぱいの秘密」、「愛の迷い子」、「恋人たちの午後」「白いくつ下は似合わない」、香港における「The Circle Game」「香港香港」、「雨中のカーネション」などヒット曲は多く、台湾やアメリカ合衆国などでも音楽活動を行っている。歌手としての活躍のほか、1998年には初代日本ユニセフ協会大使に就任。2016年には、ユニセフ・アジア親善大使にするなど、ボランティアやチャリティーなどを通じた社会奉仕や貧困や平和についての発言でも知られている。近年ではピンクリボン運動への参加や、香港浸会大学の客員教授やニュージーランドの高校の学園長などとしての教育活動も行っている。アグネス・チャン フレッシュアイペディアより)

  • アグネス・チャン

    アグネス・チャンから見たローラ・チャン

    10月、初のプロデュース活動として、ローラ・チャンを「ひなげしの花」でデビューさせる旨を発表。アグネス・チャン フレッシュアイペディアより)

  • アグネス・チャン

    アグネス・チャンから見た山本伸一

    「そこには幸せがもう生まれているから」など、平和をテーマに山本伸一作詞、自から作曲した3作のシングル(うち1作は2008年発売)とアルバム、それに2作の著作を出した。また、日本各地で日本デビュー35周年のコンサートツアーが行われており、2008年までに「世界へ届け、平和への歌声」のコンサートを112回開催した。アグネス・チャン フレッシュアイペディアより)

  • アグネス・チャン

    アグネス・チャンから見た植田芳暁

    1974年3月、「草原の輝き」が春の選抜高等学校野球大会の入場行進曲に選ばれる。また、ブロマイドの売上成績第1位を獲得。この頃のコンサートではバックバンドに鈴木慶一とムーンライダーズ、司会は植田芳暁を起用していた。1976年には「恋のシーソーゲーム」でホットケーキがバックをつとめ、さよならコンサートなどのコンサートに参加した。アグネス・チャン フレッシュアイペディアより)

  • アグネス・チャン

    アグネス・チャンから見たテレサ・テン

    1997年、歌の妖精 Vol.5(アグネス・チャン、テレサ・テン、欧陽菲菲)アグネス・チャン フレッシュアイペディアより)

  • アグネス・チャン

    アグネス・チャンから見た宋慶齢

    1985年、芸能活動のみでなく、ボランティア活動を再開するようになった。4月、北京首都体育館で5万4千人を動員して宋慶齢基金会チャリティーコンサートを開催、中国で記念のベスト盤カセットテープが販売された。アグネス・チャン フレッシュアイペディアより)

  • アグネス・チャン

    アグネス・チャンから見た森山眞弓

    アグネスは、児童ポルノの被害者を実際にタイ、カンボジア、フィリピンの現状を見て、児童ポルノに関して厳しい立場をとっている。2008年3月11日には自民党の森山眞弓元法務大臣と共に、「児童ポルノの単純所持禁止」という声明を発表。政府、国会に意見を求めている。アグネス・チャン フレッシュアイペディアより)

  • アグネス・チャン

    アグネス・チャンから見た客員教授

    1996年、香港にて三男を出産。その後もエッセイスト、共栄大学客員教授として日本全国で講演を続けた。アグネス・チャン フレッシュアイペディアより)

185件中 31 - 40件表示

「アグネス・チャン」のニューストピックワード