183件中 51 - 60件表示
  • アグネス・チャン

    アグネス・チャンから見た上智大学

    1974年、上智大学国際学部に入学。父の勧めもあって、1976年に芸能活動を休んでカナダのトロント大学へ留学(編入学)。社会児童心理学を専攻。アグネス・チャン フレッシュアイペディアより)

  • アグネス・チャン

    アグネス・チャンから見た世界

    アグネス・チャン、梁泰昊「国籍は、どうってことないの」『世界』480号、1985年10月、209-222頁。アグネス・チャン フレッシュアイペディアより)

  • アグネス・チャン

    アグネス・チャンから見た24時間テレビ 「愛は地球を救う」

    24時間テレビ 「愛は地球を救う」(日本テレビ) 1985年-1990年、総合司会アグネス・チャン フレッシュアイペディアより)

  • アグネス・チャン

    アグネス・チャンから見た旱魃

    同年、日本テレビの『24時間テレビ』のために、旱魃による食料不足状態にあったエチオピアを取材。単に悲惨な情況を伝えるだけでなく、「ロンドン橋落ちた」の替え歌をアムハラ語で歌って現地の子供と交流する様子も伝えられた。アグネス・チャン フレッシュアイペディアより)

  • アグネス・チャン

    アグネス・チャンから見た週刊文春

    アグネス・チャン「『家』の履歴書――結婚式や新居もすべて風水の指示で」『週刊文春』42巻18号、2000年5月18日、74-77頁。アグネス・チャン フレッシュアイペディアより)

  • アグネス・チャン

    アグネス・チャンから見た手話

    2005年にリリースした、初のセルフカバー曲『草原の輝き2005』はアサヒ飲料十六茶のコマーシャルに使われた。9月に発売された『しあわせの花』は、手話を取り入れた振り付けで歌った。10月には広島大学の主宰する「ペスタロッチー教育賞」の14回目を受賞。アグネス・チャン フレッシュアイペディアより)

  • アグネス・チャン

    アグネス・チャンから見た大学

    1972年、代表曲の一つである「ひなげしの花」で、日本での歌手デビューを果たす。高く澄んだ歌声と愛くるしいルックス、たどたどしいが一生懸命日本語で歌う姿が受けて、一躍人気アイドルとなった。日本ではその後も「草原の輝き」、「小さな恋の物語」、香港における「The Circle Game」などヒット曲は多く、台湾やアメリカ合衆国などでも音楽活動を行っている。歌手としての活躍のほか、1998年には初代日本ユニセフ協会大使に就任するなど、ボランティアやチャリティーなどを通じた社会奉仕や貧困や平和についての発言でも知られている。近年ではピンクリボン運動への参加や、大学の客員教授やニュージーランドの高校の学園長などとしての教育活動も行っている。アグネス・チャン フレッシュアイペディアより)

  • アグネス・チャン

    アグネス・チャンから見た東京大学

    1989年には米国スタンフォード大学教育学部博士課程に留学、現地で次男を出産。東京大学とスタンフォード大学の卒業生の10年後の姿を調査し、日米両国の男女間格差の実態をまとめ、1994年教育学博士号(Ph.D.)を取得した。この時の論文は『この道は丘へと続く』と題して2003年に日本でも翻訳出版されている。アグネス・チャン フレッシュアイペディアより)

  • アグネス・チャン

    アグネス・チャンから見た東日本大震災

    3月11日の東日本大震災で被災した子どもたちを支援するため、日本ユニセフ協会への寄付をよびかけ、自らも1000万円を寄付した。また、4月1日には、ジャッキー・チェンの呼びかけで香港で行われた『:zh:愛心無國界311燭光?會』に参加、香港の救世軍を通じて被災者へ支援物資を送るための募金を呼びかけた。アグネス・チャン フレッシュアイペディアより)

  • アグネス・チャン

    アグネス・チャンから見た歌手

    アグネス・チャン(本名:陳美齡、英語:Agnes Miling Kaneko Chan、広東語:チャン・メイリン、北京語:チェン・メイリン、日本名:金子 陳 美齢(かねこ チャンメイリン)、1955年8月20日 - )は、香港の歌手、エッセイスト。カトリック教徒で、「アグネス」は洗礼名である。トロント大学卒業。1992年6月スタンフォード大学大学院教育学博士課程を卒業。1994年には博士号が授与された。初代日本ユニセフ協会大使である。日本対がん協会 初代「ほほえみ大使」も務める。アグネス・チャン フレッシュアイペディアより)

183件中 51 - 60件表示

「アグネス・チャン」のニューストピックワード