185件中 51 - 60件表示
  • アグネス・チャン

    アグネス・チャンから見た山下公園

    日本対がん協会主催、リレー・フォー・ライフ横浜in山下公園実行委員長に就任アグネス・チャン フレッシュアイペディアより)

  • アグネス・チャン

    アグネス・チャンから見た手話

    2005年にリリースした、初のセルフカバー曲『草原の輝き2005』はアサヒ飲料十六茶のコマーシャルに使われた。9月に発売された『しあわせの花』は、手話を取り入れた振り付けで歌った。10月には広島大学の主宰する「ペスタロッチー教育賞」の14回目を受賞。アグネス・チャン フレッシュアイペディアより)

  • アグネス・チャン

    アグネス・チャンから見た歌手

    アグネス・チャン(本名:陳美齡、英語:Agnes Meiling Kaneko Chan、広東語:チャン・メイリン、北京語:チェン・メイリン、日本名:金子 陳 美齢(かねこ チャンメイリン)、1955年8月20日 - )は、香港の歌手、エッセイスト。カトリック教徒で、「アグネス」は洗礼名である。中学・高校は、香港島の高級住宅街Blue Pool Roadに立つカトリック系ミッションスクール、メリーマウント中學(中国語:瑪利曼中學)卒業、トロント大学卒業。1992年6月スタンフォード大学大学院教育学博士課程を修了。1994年には博士号が授与された。初代日本ユニセフ協会大使(UNICEF国内大使)を経て、2016年より国際連合 (UN) の機関である国際連合児童基金 (UNICEF) の東アジア太平洋地域親善大使(UNICEF地域大使)。血液型AB型。初代「ほほえみ大使」も務める。アグネス・チャン フレッシュアイペディアより)

  • アグネス・チャン

    アグネス・チャンから見たNHK紅白歌合戦

    1973年大晦日、『第24回NHK紅白歌合戦』に「ひなげしの花」で初出場。その後も1974年・第25回、1975年・第26回まで、『NHK紅白歌合戦』へは3年連続3回出場した。アグネス・チャン フレッシュアイペディアより)

  • アグネス・チャン

    アグネス・チャンから見たソマリア内戦

    2月、日本ユニセフ協会大使としてソマリアの現状を視察するため、ソマリア北部ハルゲイサを訪問。危険に遭遇した場合に備え、それまでで3度目となる遺書を記した。ソマリアの北部はソマリランドとして事実上独立しており、外務省ではソマリア内戦が続く中にあって比較的安定している地域としながらも、ソマリア全土に最高の危険度を指定している。アグネス・チャン フレッシュアイペディアより)

  • アグネス・チャン

    アグネス・チャンから見た上智大学

    1974年、上智大学国際学部に入学。父の勧めもあって、1976年に芸能活動を休んでカナダのトロント大学へ留学(編入学)。社会児童心理学を専攻。アグネス・チャン フレッシュアイペディアより)

  • アグネス・チャン

    アグネス・チャンから見た世界

    アグネス・チャン、梁泰昊「国籍は、どうってことないの」『世界』480号、1985年10月、209-222頁。アグネス・チャン フレッシュアイペディアより)

  • アグネス・チャン

    アグネス・チャンから見た東京大学

    1994年、東京大学とスタンフォード大学の卒業生の10年後の姿を調査し、日米両国の男女間格差の実態をまとめ、教育学博士号(Ph.D.)を取得した。この時の論文は『この道は丘へと続く』と題して2003年に日本でも翻訳出版されている。アグネス・チャン フレッシュアイペディアより)

  • アグネス・チャン

    アグネス・チャンから見た2009年

    2009年 9月、ブログ「アグネスちゃんこ鍋」を開設。アグネス・チャン フレッシュアイペディアより)

  • アグネス・チャン

    アグネス・チャンから見たTBSテレビ

    1975年 TBS『白い地平線』 アグネス・チャン役アグネス・チャン フレッシュアイペディアより)

185件中 51 - 60件表示

「アグネス・チャン」のニューストピックワード