前へ 1 2 3 4
33件中 1 - 10件表示
  • キューティーズ

    キューティーズから見たアグネス・ラムアグネス・ラム

    2009年に大型ポスター付きのアグネス・ラムの1/6フィギュアを発売(3種類)する。キューティーズ フレッシュアイペディアより)

  • アイドル

    アイドルから見たアグネス・ラムアグネス・ラム

    1990年代に入ると、イエローキャブ所属のかとうれいこ・細川ふみえなどがグラビアアイドルとして活躍した。1970年代にアグネス・ラムが同様の活躍をしたことはあったが、大勢のグラビアアイドルが活躍するようになったのは彼女たちの影響が大きい。アイドル フレッシュアイペディアより)

  • グラビアアイドル

    グラビアアイドルから見たアグネス・ラムアグネス・ラム

    水着グラビアは当初アグネス・ラムなど、抜群のプロポーションを持つ外国人モデルがその役を担っていた時代もあったが、日本人女性のプロポーションが欧米女性のそれへと近付いていくに連れて日本人のグラビアモデルが多くなり、今ではその9割以上が10代〜30代までの日本人女性で賄われている。現在はそういったグラビア誌専門のモデルを務める若い女性たちをグラビアアイドルと呼び、かつて日本の芸能界で主流であったアイドル歌手に代わる存在として世の男性に認知されるに至った。グラビアアイドル フレッシュアイペディアより)

  • マリンちゃん

    マリンちゃんから見たアグネス・ラムアグネス・ラム

    『だいすき』って気持ち ハワイアンバージョン:『CRA大海物語スペシャルWithアグネス・ラム』で、5連荘以上達成マリンちゃん フレッシュアイペディアより)

  • 海物語シリーズ

    海物語シリーズから見たアグネス・ラムアグネス・ラム

    2008年11月より発売。『CR大海物語スペシャル』の遊パチ版として登場。型式名は『CRA大海物語スペシャルSAP』。基本的に『CR大海物語スペシャル』を踏襲しているが、3代目ミスマリンちゃんの代わりに"太陽の恋人"アグネス・ラムが当時の実写で登場する。大当たり終了後の保留玉連荘を告知する「アグネスチャンス」を搭載。海物語シリーズ フレッシュアイペディアより)

  • クラリオンガール

    クラリオンガールから見たアグネス・ラムアグネス・ラム

    1975年(昭和50年)に初代のアグネス・ラムが選ばれて以降、烏丸せつこ、宮崎ますみ、蓮舫、大河内志保、立河宜子、原千晶といった著名タレントを生み出してきた。1997年(平成9年)までは水着審査などグラビアアイドル的な容姿が重視され、芸能界デビューの登竜門といわれていた。クラリオンガール フレッシュアイペディアより)

  • ビキニ (水着)

    ビキニ (水着)から見たアグネス・ラムアグネス・ラム

    日本には1950年に輸入されたが、一般に着用されるようになったのは1970年代になってからである。キャンペーンガールであったアグネス・ラムのビキニ姿のポスターが人気になった。ビキニ (水着) フレッシュアイペディアより)

  • 水着キャンペーンガール

    水着キャンペーンガールから見たアグネス・ラムアグネス・ラム

    初めての水着キャンペーンガールは、資生堂が1966年(昭和41年)、夏のキャンペーンのために起用した前田美波里であると考えられている。その後、1970年(昭和45年)のテイジン水着キャンペーンガールであった秋川リサは、当時の人気深夜番組 『11PM』のホステスも務めるなど、水着キャンペーンガールがタレント化する先駆けとなった。また、1975年(昭和50年)に初代 『クラリオンガール』となったアグネス・ラムは、広く社会的なブームを巻き起こしたことで知られる。水着キャンペーンガール フレッシュアイペディアより)

  • アグネスラム

    アグネスラムから見たアグネス・ラムアグネス・ラム

    アグネスラム フレッシュアイペディアより)

  • 彩紋家事件

    彩紋家事件から見たアグネス・ラムアグネス・ラム

    本名・吉田 ヨシ子。西城秀樹の大ファンで、彼の曲名「傷だらけのローラ」からつけた。南国系の、日本人離れした派手な容姿。アグネス・ラム似の、容姿だけなら美人だが、いわゆる「翔んでる女」で、発想と言動はぶっ飛んでいる。彩紋家事件 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4
33件中 1 - 10件表示

「アグネス・ラム」のニューストピックワード