75件中 21 - 30件表示
  • アグネス・ラム

    アグネス・ラムから見た長田美穂

    2000年4月に長友健二撮影のグラビアは、大判写真集『Agnes Lum』(ハローケイエンターテインメント)で出版されたが、短期間で品切になり、これも定価より高価な古書値となっている。長友は2006年に亡くなったが、2007年2月に回想記『アグネス・ラムのいた時代』(長田美穂共著、中公新書ラクレ)が刊行された。アグネス・ラム フレッシュアイペディアより)

  • アグネス・ラム

    アグネス・ラムから見たこちら葛飾区亀有公園前派出所

     秋本治著『こちら葛飾区亀有公園前派出所』第3巻「しつこさ一番!!」で出署中の両津(主人公)と同僚の中川が警ら係からこの署に配属になった巡査の大巡行を頼まれるも面倒なので中川に押し付けてその場を去った両津だが、廊下で超美人の婦警を目撃する。その婦警こそ、先ほど頼まれたホノルルからはるばる日本へきた日系三世のラム巡査(アグネス・ラムがモデル)だった。大巡行を任された中川がラム巡査をエスコートしようとするが、両津が割り込んで邪魔をしてお互いに争いがエスカレートする様子が描かれている。アグネス・ラム フレッシュアイペディアより)

  • アグネス・ラム

    アグネス・ラムから見たミスUSA

    1974年5月のハワイ大会で当初ミスUSAに選ばれたが、18歳未満によりタイトルを失う。同年地元の高校を卒業後に、日本からのハワイロケ映像撮影関係者にスカウトされ、モデルとして活動を始めた。アグネス・ラム フレッシュアイペディアより)

  • アグネス・ラム

    アグネス・ラムから見たNHK紅白歌合戦

    1976年以降何回か、NHK紅白歌合戦に応援ゲストとして出場。アグネス・ラム フレッシュアイペディアより)

  • アグネス・ラム

    アグネス・ラムから見たファン

    ちなみにアグネス・チャンも、同じ事務所(ただし、香港出身のチャンとラムの間には何の姻戚関係もない。当時はよく勘違いされていたが“アグネス”はファーストネーム)。このため、両者のファンは、2人まとめて「両アグネス」と称することもあった。アグネス・ラム フレッシュアイペディアより)

  • アグネス・ラム

    アグネス・ラムから見たひろしまフラワーフェスティバル

    1977年に第一回が開催されたひろしまフラワーフェスティバルにゲスト出演。アグネス目当ての群衆が殺到し、消防車で会場を脱出する事態となったが、同イベントの立ち上げと成功、及び発展に寄与した。1977年7月、シングル『雨あがりのダウンタウン』をリリースし歌手デビューも果たす。同年夏は後楽園ジャンボプールで2ステージ(水着披露とシングル『雨あがりのダウンタウン』歌唱キャンペーン)アグネス目当てに5万人来場。「フィーバー」は1975?79年辺りである。アグネス・ラム フレッシュアイペディアより)

  • アグネス・ラム

    アグネス・ラムから見た三洋物産

    2008年秋と2010年冬、2012年8月に登場した三洋物産のパチンコ台、『CRA大海物語スペシャルWithアグネス・ラム』と『CR新海物語Withアグネス・ラム』、『CR大海物語2Withアグネス・ラム』にはグラビアアイドルとして活躍していた当時の画像が使われている。アグネス・ラム フレッシュアイペディアより)

  • アグネス・ラム

    アグネス・ラムから見たポニーキャニオン

    CD「アグネス・ラム  BEST」全16曲 ポニーキャニオン、2002年12月 アグネス・ラム フレッシュアイペディアより)

  • アグネス・ラム

    アグネス・ラムから見た大日本除虫菊

    1986年に、幼なじみで高校時代の先輩と結婚、翌1987年12月双子の息子が生まれた。1990年代初頭に「金鳥 タンスにゴン」のCM出演をした。1996年にダイハツのパイザーの新型車CMキャラクターとして、子供たちと一緒にテレビCMに登場し、人気絶頂の時期とあまり変わらない体型を披露している。2000年には日本テレビ「あの人は今」にも出演した。2010年代の現在でも週刊誌などの取材に好意的に応じている。アグネス・ラム フレッシュアイペディアより)

  • アグネス・ラム

    アグネス・ラムから見たビクターエンタテインメント

    CD「ゴールデン☆ベスト アグネス・ラム」全18曲 ビクターエンタテインメント、2009年1月アグネス・ラム フレッシュアイペディアより)

75件中 21 - 30件表示

「アグネス・ラム」のニューストピックワード