75件中 31 - 40件表示
  • アグネス・ラム

    アグネス・ラムから見た竹書房

    他に各小学館で、篠山紀信撮影の『激写 別冊ビッグGORO』(1976?77年の数冊)や『135人の女ともだち 篠山紀信激写全撮影』(1979年)。池谷朗撮影の『金環蝕』(竹書房、1993年)と、『Fairies』(KSS出版、1999年)に、一部入っている。他に雑誌のグラビアページ掲載号も含め、当然それぞれにプレミアが付いている。なお「トヨタ」始め、当時の商品広告で使用されたポスターやカレンダー類も相当な価格で取引されている。アグネス・ラム フレッシュアイペディアより)

  • アグネス・ラム

    アグネス・ラムから見たマガジンハウス

    2000年12月に刊行された『20世紀のヴィーナス』(「週刊プレイボーイ」創刊35年記念特別編集、集英社)や、2008年4月に刊行された『平凡パンチ 甦れ、アイドルの時代 永久保存版写真集』(マガジンハウス)のグラビアページに一部入っている。アグネス・ラム フレッシュアイペディアより)

  • アグネス・ラム

    アグネス・ラムから見た勁文社

    同年に、長友健二撮影『アグネス・ラム ヤング・アイドル・ナウ Vol.16』と、『アグネス・ラム ひとりぼっちのメルヘン』<エコーブックス:新書版>が刊行(各勁文社)。他に『写真集アグネス・ラム』(アルファ東京出版部、1978年)もある。他に総特集ではないが、『平凡パンチ臨時増刊 アグネス・ラム HAWAIIAN GIRL’S 76』、『週刊プレイボーイ特別編集 アグネス・ラム&CMアイドル特集号』がある。いずれも古書値はプレミアがついている。アグネス・ラム フレッシュアイペディアより)

  • アグネス・ラム

    アグネス・ラムから見た東急百貨店

    1975年11月に来日、渋谷・東急百貨店で開催された「写真展兼サイン会」には会場に入りきれないファンが、隣のビル屋上までに詰めかけている。アイドルは、まず歌手活動がメインというのが常識だった時代に、グラビアを中心とした芸能活動を行い、のちに元祖グラビアアイドルと呼ばれるようになった。アグネス・ラム フレッシュアイペディアより)

  • アグネス・ラム

    アグネス・ラムから見た彩文館出版

    1998年に、A4判のフォト&エッセイ『エデンの南 My Hawaiian Way of Life アグネス・ラム家族の風景』(稲治毅撮影、彩文館出版)が刊行した。アグネス・ラム フレッシュアイペディアより)

  • アグネス・ラム

    アグネス・ラムから見たベストセラーズ

    2000年4月に長友健二撮影のグラビアは、大判写真集『Agnes Lum』(ハローケイエンターテインメント)で出版されたが、短期間で品切になり、これも定価より高価な古書値となっている。長友は2006年に亡くなったが、2007年2月に回想記『アグネス・ラムのいた時代』(長田美穂共著、中公新書ラクレ)が刊行された。アグネス・ラム フレッシュアイペディアより)

  • アグネス・ラム

    アグネス・ラムから見たスペースクラフト

    アグネス・ラム(本名アグネス・ナラニ・ラム、Agnes Nalani Lum 1956年5月21日 - )は、1970年代後半に日本で活躍したハワイ州オアフ島出身の中国系アメリカ人モデルで、スペースクラフト所属であった。アグネス・ラム フレッシュアイペディアより)

  • アグネス・ラム

    アグネス・ラムから見たケイエスエス

    他に各小学館で、篠山紀信撮影の『激写 別冊ビッグGORO』(1976?77年の数冊)や『135人の女ともだち 篠山紀信激写全撮影』(1979年)。池谷朗撮影の『金環蝕』(竹書房、1993年)と、『Fairies』(KSS出版、1999年)に、一部入っている。他に雑誌のグラビアページ掲載号も含め、当然それぞれにプレミアが付いている。なお「トヨタ」始め、当時の商品広告で使用されたポスターやカレンダー類も相当な価格で取引されている。アグネス・ラム フレッシュアイペディアより)

  • アグネス・ラム

    アグネス・ラムから見たダイハツ

    1986年に、幼なじみで高校時代の先輩と結婚、翌1987年12月双子の息子が生まれた。1990年代初頭に「金鳥 タンスにゴン」のCM出演をした。1996年にダイハツのパイザーの新型車CMキャラクターとして、子供たちと一緒にテレビCMに登場し、人気絶頂の時期とあまり変わらない体型を披露している。2000年には日本テレビ「あの人は今」にも出演した。2010年代の現在でも週刊誌などの取材に好意的に応じている。アグネス・ラム フレッシュアイペディアより)

  • アグネス・ラム

    アグネス・ラムから見たハワイ

     藤子不二雄A著『新オヤジ坊太郎』第3巻「ラムちゃん大騒動の巻」で最近若者の間でモーレツにはやっている急性ラム症高熱伝染病が蔓延しており、これにかかると寝てもさめてもラムネス・ラム(アグネス・ラムがモデル)のことばかり考えるようになり、重症になると禁断症状がおこってラムの写真を見るまではムラムラーとコーフン状態になりじつに凶暴になるが写真を見せれば急におとなしくなってボーッとラムの写真ばかりを見ている廃人になってしまうという重度のラムちゃん症候群にかかった級友のドラゴンのために本物のラムちゃんに会わせようとハワイへ連れて行く主人公の坊太郎だが、同じくドラゴンの付き添いで一緒に来た級友のキザオ、出羽、主治医が待ち構えるビーチに出現し、「ハロー」と神々しい声をかけるビキニ姿の美しき本物のラムちゃんを前にドラゴンだけでなく全員が大興奮してしまい、完全に重度のラム熱に冒される(余計に症状が悪化する)というオチが描かれている。アグネス・ラム フレッシュアイペディアより)

75件中 31 - 40件表示

「アグネス・ラム」のニューストピックワード