140件中 91 - 100件表示
  • 道上龍

    道上龍から見たホンダ・アコードホンダ・アコード

    全日本ツーリングカー選手権<Rd.13&14 スポット参戦>(無限ホンダ #33 Castrol無限ACCORD/アコード CD6)道上龍 フレッシュアイペディアより)

  • ホンダ・アスコットイノーバ

    ホンダ・アスコットイノーバから見たホンダ・アコードホンダ・アコード

    当時プリモ店の最上級車であったアスコットのスポーツバージョンとして販売された。英国版アコードをベースにしたモデルであるが、アコードがサッシュドアを採用しているのに対してサッシュレスのハードトップである点など、デザインには大きく異なる部分もある。同社の埼玉製作所において、アコード・アスコットと同じラインで生産されていた(エンジンは当時の和光工場、完成車は狭山工場)。ホンダ・アスコットイノーバ フレッシュアイペディアより)

  • 輸入車

    輸入車から見たホンダ・アコードホンダ・アコード

    以下は同クラスにあたるフォルクスワーゲン・パサート、ホンダ・アコード、マツダ・アテンザの比較である。国によって販売されているエンジン、グレードが異なるので一概に比較するのは難しいが、同一車種はなるべく近い装備とエンジン、変速機を搭載したグレードになるようにした。選択したグレードと変速機は値段の下に付記してある。輸入車 フレッシュアイペディアより)

  • ホンダ・シビックフェリオ

    ホンダ・シビックフェリオから見たホンダ・アコードホンダ・アコード

    1994年から全日本ツーリングカー選手権 (JTCC) に参戦した。エンジンは、1994年はインテグラのB18Cを、1995年はプレリュードのH22Aを搭載していたが、コンパクトな車体が災いしタイヤ性能を生かしきれず、かなりの苦戦を強いられた。1996年にはベース車がアコードに変更され、一転して連勝を重ねた。ホンダ・シビックフェリオ フレッシュアイペディアより)

  • アキュラ

    アキュラから見たホンダ・アコードホンダ・アコード

    アメリカにおけるホンダの歴史は、1959年、ロサンゼルスに販売会社・アメリカンホンダモーター(American Honda Motor)が設立されたことに始まる。小型バイク、スーパーカブを始めとする二輪車の販売で成功したホンダは、1973年の第一次石油危機に際して、低燃費の小型車・シビックによりアメリカ自動車市場への進出に成功した。1982年にはオハイオ州メアリーズビルの自社工場において、乗用車・アコードの生産を開始したが、これは、日本の自動車会社として初めてのアメリカ現地生産であった。アキュラ フレッシュアイペディアより)

  • ホンダ・インテグラ

    ホンダ・インテグラから見たホンダ・アコードホンダ・アコード

    さらに、アメリカではホンダの高級車チャンネル「アキュラ」において「アキュラ・インテグラ」として、レジェンドに次ぐアキュラブランド第2弾として発売された。デザインは日米共同で進められ、全体のスタイルの特徴として、1985年(昭和60年)6月に登場する3代目アコードを小型化したようなスタイルで、当時のホンダ車に多かったリトラクタブル・ヘッドライトを採用している。ホンダ・インテグラ フレッシュアイペディアより)

  • タコメーター

    タコメーターから見たホンダ・アコードホンダ・アコード

    現代ではリムジンやショーファードリブン以外では当たり前の装備となり、運転を楽しむ方向性を持つドライバーにとっても是非ともほしい装備となっている。非スポーツ系の実用型小型ハッチバック(軽自動車を含む)および小型実用セダンにもスポーツ系以外のグレードにも装備するようになった。しかし、これとは正反対に三菱・ランサーセダン(2007年後期以降のモデル、現在既に絶版)や派生車種のミライースを含むダイハツ・ミラシリーズ(ミラココアを除く。特に無印ミラはOEMのスバル・プレオを含む2013年前期以降の車種整理後の乗用モデルに限定される)のようにマイナーチェンジや一部改良などにおいて全車、もしくはスズキ・MRワゴン/日産・モコ(いずれも2代目モデル以降)、トヨタ・パッソ/ダイハツ・ブーン(いずれも2代目モデルのみ)、トヨタ・ライトエース/タウンエーストラック(2008年以降のモデル)、トヨタ・カムリ/ダイハツ・アルティス(カムリは9代目日本市場向けモデル以降、アルティスは4代目以降)、トヨタ・ポルテ(2代目以降)、ホンダ・アコード(V6エンジン搭載車を除く9代目モデル以降)、マツダ・キャロルなどのようにフルモデルチェンジなどにおいて全車、タコメーターがそれぞれ廃止される場合もある。タコメーター フレッシュアイペディアより)

  • インターTEC

    インターTECから見たホンダ・アコードホンダ・アコード

    1997年:第1レース ホンダ・アコード(中子修 / 第2レース 日産・プリメーラ(星野一義)インターTEC フレッシュアイペディアより)

  • 東風本田汽車

    東風本田汽車から見たホンダ・アコードホンダ・アコード

    2009年7月27日 - 初代スピリア発表。CU1/2型アコードの中国仕様車である。東風本田汽車 フレッシュアイペディアより)

  • ホンダ・スピリア

    ホンダ・スピリアから見たホンダ・アコードホンダ・アコード

    中国では広汽本田汽車がアコード(北米仕様ベース)を製造・販売していたが、東風ホンダには中型セダンが欠けており、それを埋めるべく投入された車種がスピリアである。スピリアはプレミアムスポーティーセダンという位置付けがなされ、アコードとの差別化が図られている。ホンダ・スピリア フレッシュアイペディアより)

140件中 91 - 100件表示

「アコード」のニューストピックワード