140件中 101 - 110件表示
  • ホンダ・クライダー

    ホンダ・クライダーから見たホンダ・アコードホンダ・アコード

    クライダーは2012年の北京モーターショーに出展された「Concept C」の量産車に相当する車種であり、中国市場向けに中国人スタッフが主体となって開発が行われた。広汽ホンダのラインナップにおいてシティとアコードの間を埋める車種である(シビックは東風本田汽車が製造・販売を行っている)。ホンダ・クライダー フレッシュアイペディアより)

  • 中子修

    中子修から見たホンダ・アコードホンダ・アコード

    全日本ツーリングカー選手権(#16 カストロール 無限Accord)(2勝・シリーズ2位)中子修 フレッシュアイペディアより)

  • ワイルド・スピードX2

    ワイルド・スピードX2から見たホンダ・アコードホンダ・アコード

    アコード・・・ブラック。クーペのみ。ワイルド・スピードX2 フレッシュアイペディアより)

  • ホンダ・CR-V

    ホンダ・CR-Vから見たホンダ・アコードホンダ・アコード

    初代・2代目はシビックのプラットフォームを基に開発されたが、3代目からは北米専用車種アキュラ・RDXなどと共通のグローバル・ライトトラック・プラットフォームを使用し、18インチタイヤの装着を前提にした最適設計を行った結果、アコードと並ぶ動力性能を手にしたといわれる。なお、全モデルで共通して全幅が1,700mm以上あるため、3ナンバーボディとなる。ホンダ・CR-V フレッシュアイペディアより)

  • スーパー耐久

    スーパー耐久から見たホンダ・アコードホンダ・アコード

    2005年まで存在したカテゴリ。排気量が2,000cc以下(駆動方式は問わない)という制限はST4と同じだが、ヨーロッパで盛んになっていたグループNの追加改造版、つまりNにプラス改造、という意味で「Nプラス(改造)」と名づけられている。当時はトヨタ・アルテッツァ、ホンダ・インテグラタイプRやホンダ・アコードなどが参戦し、ヨーロッパなどとの国際交流を目指していたが、日本国内の市場動向とヨーロッパの改造規定とが大きく方向を異にしてきた事から、当初の目的は達したとのことで2005年をもってST5は終了した。基本的に改造内容はFIAスーパー2000規定が元である。スーパー耐久 フレッシュアイペディアより)

  • 土屋圭市

    土屋圭市から見たホンダ・アコードホンダ・アコード

    2002年にフェアレディZが登場した際、雑誌などではフェアレディZを絶賛していたが、日本カー・オブ・ザ・イヤー(COTY)では、当時所属していたレースチームを支援していたホンダが発売したアコードに満点を投じた。投票理由に「運転支援システムという発想の素晴らしさ」を挙げていたが、その前年には同様のシステムを提案した日産・シーマに対し「運転の楽しさを奪い取る」として酷評していた。この件について、Optionで連載しているコラムでは「シーマは1000Rまでしか対応していないが、アコードは260Rまで対応し、高速道路をどこでも走れるようになった」とその技術を褒める一方、フェアレディZに対しては「確かにすごいけど、技術は何も無い。以前の車の延長線上」との発言を残している(この年、土屋はフェアレディZを購入したが、アコードは購入していない)。この時はオフィシャルサイトの掲示板が大炎上し、「男芸者」「ホンダの飼い犬」などと、手厳しい書込みが殺到した。なお、同年を最後にCOTY選考委員を退いている。土屋圭市 フレッシュアイペディアより)

  • ホンダ・インスパイア

    ホンダ・インスパイアから見たホンダ・アコードホンダ・アコード

    本項では、同一または後継車両である北米・アジア仕様アコード(7-8代目)についても記述する。ホンダ・インスパイア フレッシュアイペディアより)

  • シボレー・キャバリエ

    シボレー・キャバリエから見たアコードホンダ・アコード

    当初は同プラットフォームで、キャデラック・シマロン、ビュイック・スカイホーク、オールズモビル・オメガ、ポンティアック・サンバードとキャバリエ以外にもGMの各ブランドで複数のモデルが販売されたが、同クラスのホンダ・アコードと比較すると、割高な上に品質も性能も悪く、当初は全く販売面でも振るわなかった。後に車種をポンティアック、シボレーのみに絞ったこと、プラザ合意後の円高で、割安感が出てきたことで、セールスは向上した。とは言え、客観的に見ても初代、2代目と通して技術面、品質的にはとても同価格帯の日本車の水準に達しているとは言えず、円高によって割高になった日本車に対し、割安な販売価格で勝負していたというのが実情である。それでも初代の販売台数に鑑みると、北米市場ではセールスとして成功したといえる。シボレー・キャバリエ フレッシュアイペディアより)

  • ホンダ・ドマーニ

    ホンダ・ドマーニから見たホンダ・アコードホンダ・アコード

    フロントマスクは5代目アコードに近い独特な横長タイプであった。最上級グレードの「X」は、トランスミッションはシビック同様ホンダマルチマチックが搭載されたが、エンジンはシビックが新開発の1.5L 3stage VTECであったのに対して、1.6L VTEC-Eエンジンであった。ホンダ・ドマーニ フレッシュアイペディアより)

  • 比較広告

    比較広告から見たホンダ・アコードホンダ・アコード

    また、ライバルの名は出さないがあからさまにわかってしまう、というケースもある。1990年に放送されたヒュンダイのCMでは2台の白いクルマが映し出されており、一方には「ヒュンダイ・ソナタ」と、もう一方には「対抗車種」と出ている。しかしながら、その「対抗車種」にはボカシなどがいっさい入っておらず、すぐに比較対象はトヨタ・カムリだとわかってしまう。内容としては各メディアのソナタに対する賞賛の声が次々と紹介(ここでも対抗車種の名前は出てこない)され、それにつれて「対抗車種」が緑になっていく(日本語で言うところの「青ざめた」状態)というものである。またこの型のソナタのCMには、「ホンダ・アコードはいいクルマだ・・・」と始めておきながら、次第にアコードが無数のソナタに取り囲まれてしまう(でもみんなアコードよりソナタを選んでいるぞ、と言う意味と思われる)・・・と言った内容のモノもある。比較広告 フレッシュアイペディアより)

140件中 101 - 110件表示

「アコード」のニューストピックワード