140件中 111 - 120件表示
  • ショーワ

    ショーワから見たホンダ・アコードホンダ・アコード

    1976年 - アコード用ショックアブソーバーの量産を開始。ショーワ フレッシュアイペディアより)

  • ルーブ・ゴールドバーグ・マシン

    ルーブ・ゴールドバーグ・マシンから見たホンダ・アコードホンダ・アコード

    Cog - 2003年にイギリスにおいて放映されたホンダ・アコードのCM。制作はWieden+Kennedy。撮影にはすべて実際のアコードの部品を使用、最後にアコードが発進する仕掛けとなっている。ルーブ・ゴールドバーグ・マシン フレッシュアイペディアより)

  • 自動車検査証

    自動車検査証から見たホンダ・アコードホンダ・アコード

    並行輸入車でアコードと記載されたものがあったり、シボレーシェビーノーバーのように車名+通称名というように記載されたものがあったりと、輸入車については曖昧な部分も見られる。自動車検査証 フレッシュアイペディアより)

  • リトラクタブル・ヘッドライト

    リトラクタブル・ヘッドライトから見たホンダ・アコードホンダ・アコード

    日本では1967年のトヨタ・2000GTで最初に採用された。1970年代後期以降スーパーカーブームをきっかけとして一般に広く認知され、マツダ・サバンナRX-7をはじめとするスポーツカーに採用されたため、当時はスポーツカーを象徴する代表的なパーツと見られるようになり、自動車愛好家の羨望の的となった時期もあった。このため、「デコチャリ」と呼ばれた少年用スポーツサイクルにも手動リトラクタブルライトを採用したものがあった。1980年代に入るとホンダ・アコードやホンダ・クイントインテグラ、トヨタ・カローラII(および兄弟車のコルサ、ターセル)、マツダ・ファミリアアスティナなどをはじめとするセダン形やハッチバック形乗用車にまで採用され、一時的なブームともいえる状態となった。スーパーカーブーム時代の少年たちが成人したのちに「憧れ」を実現しようとしたことが影響しているとも指摘されている。また、1300cc未満の小型乗用車や軽自動車での採用例はない。リトラクタブル・ヘッドライト フレッシュアイペディアより)

  • ミラーサイクル

    ミラーサイクルから見たホンダ・アコードホンダ・アコード

    R20A - 2代目ストリーム、8代目アコードなどに搭載。ミラーサイクル フレッシュアイペディアより)

  • ジャッキー・チェン

    ジャッキー・チェンから見たホンダ・アコードホンダ・アコード

    大変な車好きで三菱の車以外にも多数の車を所有しており、最多で52台持っていたときもある(現在はその半分程度)。デビュー直後からポンティアック・トランザムなどのアメリカの車からホンダ・アコードやプレリュードなどの日本車、ランボルギーニ・カウンタック、フェラーリ数台と数多い高級車、スポーツカーを所持していた。ジャッキー・チェン フレッシュアイペディアより)

  • いすゞ・オアシス

    いすゞ・オアシスから見たホンダ・アコードホンダ・アコード

    日本国内では、日産・エルグランドを「フィリー」の名称でOEM供給を受けていたためか、販売されなかった。日本国内での両社の相互OEM契約では、いすゞのビッグホーンとミューをそれぞれホライゾンとジャズとしてホンダが販売し、ホンダのアコードとドマーニをそれぞれアスカとジェミニとしていすゞが販売していた。いすゞ・オアシス フレッシュアイペディアより)

  • 菅原義正

    菅原義正から見たホンダ・アコードホンダ・アコード

    1965年10月のモーターファン・コンバインドラリーにホンダ・S600でモータースポーツデビューを果たした。昭和40年代は主に国内レースで活躍して1965年?1981年の17年間で国内の59レースに参戦する。1969年にレーサーのマネージメント業務を行う日本レーシングマネージメントを設立、1977年にはホンダ・アクティ3台とアコード1台でカラチ?リスボン間(20,000km/14カ国通過)を走破する。1982年にはスズキ・ジムニー1000でサハラ砂漠(アルジェ?アビジャン間5,000km/5カ国)を横断。1983年からはダカール・ラリーに毎年参戦し、以降はファラオラリー、パリ・モスクワ・北京ラリー、ラリーレイド・モンゴル等の海外ラリーレイドに出場するとともに国内でもツールドブルーアイランド・ラリー(通称TBI)や北海道4デイズ等のラリーレイドに精力的に出場している。菅原義正 フレッシュアイペディアより)

  • 1976年

    1976年から見たホンダ・アコードホンダ・アコード

    5月8日 - 本田技研工業が「アコード」を発売(当初は3ドアで、後に4ドアセダンが発売された)。1976年 フレッシュアイペディアより)

  • ふたりエッチ

    ふたりエッチから見たホンダ・アコードホンダ・アコード

    クルマはホンダ・アコード(4代目セダン)だったが、第54巻で日産・フーガ (2代目ハイブリッド)に乗り換えた。ふたりエッチ フレッシュアイペディアより)

140件中 111 - 120件表示

「アコード」のニューストピックワード