5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 次へ
140件中 131 - 140件表示
  • 2016年の日本

    2016年の日本から見たホンダ・アコードホンダ・アコード

    5月8日 - ホンダ・アコード発売40周年。2016年の日本 フレッシュアイペディアより)

  • 現代自動車

    現代自動車から見たホンダ・アコードホンダ・アコード

    ソナタ(5代目・NF)のリアデザインが競合車種のホンダ・アコード(北米・アジア仕様。日本ではインスパイアとして販売)に酷似。現代自動車 フレッシュアイペディアより)

  • ホンダ・プレリュード

    ホンダ・プレリュードから見たホンダ・アコードホンダ・アコード

    当時のシビック/アコードは、モノコックボディにサブフレームを付けた構造だったが、プレリュードではサブフレーム一体型のモノコックボディが採用され、フロントピラーも2重構造になるなど、当時としてはボディ剛性に力を入れていた。サスペンションは前後共にコンベンショナルなストラットであるが、スプリング中心軸に対しダンパー中心軸がオフセットマウントされ、滑らかにストロークすることを意図して設計されていた。フロントサスペンションはバンプステア領域を意図的に設定し、ヨーゲインを高目にすることで操縦応答性を確保した。このためFFながらアンダーステアを抑え、コーナーリング限界付近ではリアから滑り始めるといったFRのような挙動を示した。このような特徴から当時の足回りとしては評価が高い。ホンダ・プレリュード フレッシュアイペディアより)

  • ヒュンダイ・ソナタ

    ヒュンダイ・ソナタから見たアコードホンダ・アコード

    2011年4月、中国にて発売開始(中国語表記は索納塔)。生産は合弁企業である北京現代が行っている。2011年からは全世界で年間45万台の販売を目指している。なお、中国自動車市場、中型車カテゴリにおいては、日本車(トヨタ/ホンダ/日産/マツダ)、ドイツ車(フォルクスワーゲン)、アメリカ車(ゼネラルモーターズ)に人気があり、現代ソナタは苦戦しているが2011年9月、発売後初めて月産1万台を突破した(同月、日産ティアナは1万5千台、ホンダアコードは1万4千台、トヨタ・カムリは1万3千台を販売)。ヒュンダイ・ソナタ フレッシュアイペディアより)

  • Honda SENSING

    Honda SENSINGから見たホンダ・アコードホンダ・アコード

    約30km/h - 約100km/hの設定された車速内で、検知された前走車との車間距離と速度差に自動で追従するシステム。レジェンド、アコード、シビック、ステップワゴンは低速域追従・停車機能を備えた渋滞追従機能付ACC(約0km/h - 約100km/h)となる。Honda SENSING フレッシュアイペディアより)

  • 1977年

    1977年から見たホンダ・アコードホンダ・アコード

    10月14日 - 本田技研工業が「アコード」4ドアセダンを発売。1977年 フレッシュアイペディアより)

  • 本田宗一郎

    本田宗一郎から見たアコードホンダ・アコード

    意外に思われるが、岩倉信弥によれば高級品が大好きで、時計などはブランド品の良いものを好んでいたという。しかし、これは、「一流であるものを知っておく」という独自論からであり、実際に「ベンツのクオリティ並の軽自動車を作る」といったことも提言し、アコードとメルセデス・ベンツの乗り心地を技術者にドライブさせ比較検証するなどでも実践していた。本田宗一郎 フレッシュアイペディアより)

  • スバル・レガシィ

    スバル・レガシィから見たホンダ・アコードホンダ・アコード

    6代目ではツーリングワゴンが後継車種のスバル・レヴォーグに継承されたことで、セダンタイプのB4とクロスオーバーSUVタイプのアウトバックの2タイプとなった。車体寸法は先代よりもさらに大型化しアッパーミドルクラスのボディサイズに移行するとともに5代目以前のスポーティーセダン路線(こちらは今後はWRX S4が受け持つ)から一転し、トヨタ・カムリや日産・ティアナ、ホンダ・アコードなどに通じるプレステージ風アッパーミドルサルーンへ路線変更、北米仕様と国内仕様がほぼ共通となり一本化された。とはいえ、最低地上高が低いことやX-MODEが搭載されていないことを除けばその車体はアウトバックとほぼ共有しており、4WDによる悪路走破性は高い。フロントはバンパー一体型ヘキサゴングリルとホークアイヘッドランプによってスバル車のファミリーフェースを構築し、リアコンビランプはヘッドランプと共通のモチーフを採用。また、塊感のあるフォルムとのびやかなキャラクターラインにより、たくましさと機敏な走りの両面を表現した。内装では筒型2眼メーターを採用し、メーター中央にEyeSightやSI-DRIVEの作動状況を表示するマルチインフォメーションディスプレイを搭載し、上級グレードはメーターリング照明も装備した。また、ダッシュボードをソフトパッド化し、アームレストのクッション厚を増すなどインテリアの品質も向上。内装色はブラックとアイボリーの2色展開とした。さらに、国内のスバル車で初めてharman/kardonサウンドシステムを搭載したハーマンカードンサウンドシステム&SDナビゲーションをメーカーオプションに設定した。スバル・レガシィ フレッシュアイペディアより)

  • ワイルド・スピード

    ワイルド・スピードから見たホンダ・アコードホンダ・アコード

    ホンダ・アコード - オレンジメタリック、Wings West製ボディキット。冒頭のストリートレース及びレースウォーで登場。ボンネットが取り払われ、ターボチューンを施したボンネットが常に見え、またハイドロ装着であることも劇中での車高調整から確認できる。ワイルド・スピード フレッシュアイペディアより)

  • ホンダ・オデッセイ

    ホンダ・オデッセイから見たホンダ・アコードホンダ・アコード

    そんな中、開発費の厳しい制約からアコードのプラットフォームを用いて開発を行ったオデッセイは、発売間もなく同社の業績を回復させるほどの大ヒットとなり、同時期に販売されていた他社の類似車種と共に低ルーフミニバンブームの火付け役となった。ボディサイズをアコードと同じ生産ラインに流せる限界のサイズとし、当時のワンボックスカーでは常識であった後席スライドドアを採用できなかったことが逆に従来の多人数乗用車にない感覚を生み、日本での大ヒットに繋がったとされる。ホンダ・オデッセイ フレッシュアイペディアより)

5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 次へ
140件中 131 - 140件表示

「アコード」のニューストピックワード