140件中 21 - 30件表示
  • ホンダ・アコードSIR-T

    ホンダ・アコードSIR-Tから見たホンダ・アコードホンダ・アコード

    ホンダ・アコードSIR-T フレッシュアイペディアより)

  • ヒュンダイ・XG

    ヒュンダイ・XGから見たホンダ・アコードホンダ・アコード

    全車V6エンジン搭載にもかかわらず価格は¥2,202,900(XG250ベース車)-¥3,158,400(XG300Lサンルーフ装備車)(消費税5%含む)で2.4リッター直4エンジンのトヨタカムリ(¥2,604,000-¥3,360,000)より安く、ボディサイズは LxWxH=4875x1825x1440(mm) でカムリLxWxH=4815×1820×1470(mm)ホンダインスパイア(米国向けアコード、LxWxH=4805x1820x1455(mm))などと似たディメンジョンになっている。ヒュンダイ・XG フレッシュアイペディアより)

  • アコード

    アコードから見たホンダ・アコードホンダ・アコード

    アコード フレッシュアイペディアより)

  • 岩倉信弥

    岩倉信弥から見たアコードホンダ・アコード

    1939年、和歌山県和歌山市生まれ。多摩美術大学の美術学部に進み、図案科立体デザイン専攻する。1964年に卒業後、本田技研工業に入社。本田宗一郎に見出され、ホンダ車を多くデザインした。岩倉が担当した主な代表例として、初代シビック、アコード、オデッセイなどが挙げられる。岩倉信弥 フレッシュアイペディアより)

  • スポーツセダン

    スポーツセダンから見たホンダ・アコードホンダ・アコード

    アコード ユーロR、SiR、SiR-T、Type Sスポーツセダン フレッシュアイペディアより)

  • ビュイック・センチュリー

    ビュイック・センチュリーから見たホンダ・アコードホンダ・アコード

    廉価モデルとはいえデザインは端正で、品質面でも引き続き好評であった。1998年のスカイラークの終了後、センチュリーは初めてビュイックのエントリーモデルとなった。ビュイックはセンチュリーをトヨタ・カムリやホンダ・アコードのような日本車のファミリーセダンに対する、より廉価な代替に位置づけようとした。2003年には「センチュリー」のエンブレムがフロントドアからは落とされてテールライトに残るのみとなった。ビュイック・センチュリー フレッシュアイペディアより)

  • プリモ店

    プリモ店から見たホンダ・アコードホンダ・アコード

    1985年に旧・「ホンダ店」が、プリモ店とクリオ店に分割して設立された。小型車のシビックや軽自動車(ライフやバモスなど)を専売車種としていた。1986年まではシティ、1989年まではアコードも取り扱っていて、後にこの2台はクリオ店専売車種になった。プリモ店 フレッシュアイペディアより)

  • ホンダ・N型エンジン

    ホンダ・N型エンジンから見たホンダ・アコードホンダ・アコード

    2003年9月1日に、フランクフルトモーターショーに発表された7代目アコード及び4代目アコードツアラー(日本名アコードワゴン)の欧州仕様に、2,200ccのN22A i-CTDi(Intelligent Commonrail Turbocharged Direct injection)が初めて採用された。ホンダ・N型エンジン フレッシュアイペディアより)

  • ファブリツィオ・ジョヴァナルディ

    ファブリツィオ・ジョヴァナルディから見たホンダ・アコードホンダ・アコード

    世界ツーリングカー選手権にもインディペンデントクラスのJASスポーツから数戦スポット参戦し、マカオで開催されたギア・レースではホンダ・アコードを駆り、入賞すらほとんどない同車で予選で8位につけ、第1レースは5位、4番手スタートの第2レースでも6位でフィニッシュするという力走を見せた。ファブリツィオ・ジョヴァナルディ フレッシュアイペディアより)

  • Live for Speed

    Live for Speedから見たホンダ・アコードホンダ・アコード

    高性能な前輪駆動車。ホンダ・シビッククーペ、ホンダ・アコード、ホンダ・トルネオ、オペル・ベクトラ等に似ている。Live for Speed フレッシュアイペディアより)

140件中 21 - 30件表示

「アコード」のニューストピックワード