125件中 21 - 30件表示
  • ショーワ

    ショーワから見たホンダ・アコードホンダ・アコード

    1976年 - アコード用ショックアブソーバーの量産を開始。ショーワ フレッシュアイペディアより)

  • トヨタ・イノーバ

    トヨタ・イノーバから見たホンダ・アコードホンダ・アコード

    ホンダがかつて生産していたユーロ・アコードをベースにした4ドアハードトップの、アスコットイノーバとは同じ車名となるが、トヨタ・イノーバは海外専売のため、意匠侵害などの問題はない。トヨタ・イノーバ フレッシュアイペディアより)

  • ファブリツィオ・ジョヴァナルディ

    ファブリツィオ・ジョヴァナルディから見たホンダ・アコードホンダ・アコード

    世界ツーリングカー選手権にもインディペンデントクラスのJASスポーツから数戦スポット参戦し、マカオで開催されたギア・レースではホンダ・アコードを駆り、入賞すらほとんどない同車で予選で8位につけ、第1レースは5位、4番手スタートの第2レースでも6位でフィニッシュするという力走を見せた。ファブリツィオ・ジョヴァナルディ フレッシュアイペディアより)

  • クリオ店

    クリオ店から見たホンダ・アコードホンダ・アコード

    1985年に旧「ホンダ店」がプリモ店とクリオ店に分割して設立された。主にレジェンドやアコードなどの高級・上級車セダンを専売車種としていた。1987年まではシビックも扱っていた。クリオ店 フレッシュアイペディアより)

  • アキュラ・TL

    アキュラ・TLから見たホンダ・アコードホンダ・アコード

    なお、4代目ならびに5代目インスパイアは、北米仕様の7代目ならびに8代目のアコードのV6モデルである。アキュラ・TL フレッシュアイペディアより)

  • インターナビ

    インターナビから見たホンダ・アコードホンダ・アコード

    1998年7月 アコードからサービス提供を開始した。インターナビ フレッシュアイペディアより)

  • プリモ店

    プリモ店から見たホンダ・アコードホンダ・アコード

    1985年に旧・「ホンダ店」が、プリモ店とクリオ店に分割して設立された。小型車のシビックや軽自動車(ライフやバモスなど)を専売車種としていた。1986年まではシティ、1989年まではアコードも取り扱っていて、後にこの2台はクリオ店専売車種になった。プリモ店 フレッシュアイペディアより)

  • アキュラ・TSX

    アキュラ・TSXから見たホンダ・アコードホンダ・アコード

    アメリカではエントリーラグジュアリーカーに属する。欧州・日本仕様アコードをベースにしており、2001年に販売終了したアキュラ・インテグラの後継となった。2003年4月より北米で販売されているほか、2代目からはメキシコでも販売される。全台数埼玉県狭山市にある本田技研工業 埼玉製作所にて生産されている。アキュラ・TSX フレッシュアイペディアより)

  • 菅原義正

    菅原義正から見たホンダ・アコードホンダ・アコード

    1965年10月のモーターファン・コンバインドラリーにホンダ・S600でモータースポーツデビュー。昭和40年代は主に国内レースで活躍し、1965年?1981年の17年間で国内59レースに参戦。1969年にレーサーのマネージメント業務を行う日本レーシングマネージメントを設立。1977年にはホンダ・アクティ3台とアコード1台でカラチ?リスボン間(20,000km/14カ国通過)を走破。1982年にはスズキ・ジムニー1000でサハラ砂漠(アルジェ?アビジャン間5,000km/5カ国)を横断。1983年からはダカール・ラリーに毎年参戦。以降、ファラオラリー、パリ・モスクワ・北京ラリー、ラリーレイド・モンゴル等の海外ラリーレイドに出場するとともに、国内でもツールドブルーアイランド・ラリー(通称TBI)や北海道4デイズ等のラリーレイドに精力的に出場している。菅原義正 フレッシュアイペディアより)

  • ホンダ・N型エンジン

    ホンダ・N型エンジンから見たホンダ・アコードホンダ・アコード

    2003年9月1日に、フランクフルトモーターショーに発表された7代目アコード及び4代目アコードツアラー(日本名アコードワゴン)の欧州仕様に、2,200ccのN22A i-CTDi(Intelligent Commonrail Turbocharged Direct injection)が初めて採用された。ホンダ・N型エンジン フレッシュアイペディアより)

125件中 21 - 30件表示

「アコード」のニューストピックワード