125件中 51 - 60件表示
  • シボレー・キャバリエ

    シボレー・キャバリエから見たアコードホンダ・アコード

    当初は同プラットフォームで、キャデラック・シマロン、ビュイック・スカイホーク、オールズモビル・オメガ、ポンティアック・サンバードとキャバリエ以外にもGMの各ブランドで複数のモデルが販売されたが、同クラスのホンダ・アコードと比較すると、割高な上に品質も性能も悪く、当初は全く販売面でも振るわなかった。後に車種をポンティアック、シボレーのみに絞ったこと、プラザ合意後の円高で、割安感が出てきたことで、セールスは向上した。とは言え、客観的に見ても初代、2代目と通して技術面、品質的にはとても同価格帯の日本車の水準に達しているとは言えず、円高によって割高になった日本車に対し、割安な販売価格で勝負していたというのが実情である。それでも初代の販売台数に鑑みると、北米市場ではセールスとして成功したといえる。シボレー・キャバリエ フレッシュアイペディアより)

  • ルノー・ラグナ

    ルノー・ラグナから見たホンダ・アコードホンダ・アコード

    イギリスのツーリングカー選手権「BTCC」に、それまでのR19に代わり参戦し、欧日のライバル達(アルファロメオ・155、UKホンダ・アコード(日本名アスコット・イノーバ)、BMW・3シリーズ)と、毎戦激闘を展開した。ルノー・ラグナ フレッシュアイペディアより)

  • ホンダ・アコードエアロデッキ

    ホンダ・アコードエアロデッキから見たホンダ・アコードホンダ・アコード

    3代目アコードの3ドアモデルとして日本及び欧州市場で販売され、ワゴン風の個性的なスタイルを特徴とした。仕向け地の嗜好を配慮し、北米及びオーストラリアなどへは、先代同様、オーソドックスなファストバックの3ドアハッチバックが用意され、北米では、さらに2ドアクーペが独自に開発・生産され、追加されている。ホンダ・アコードエアロデッキ フレッシュアイペディアより)

  • 5ZIGENインターナショナル

    5ZIGENインターナショナルから見たホンダ・アコードホンダ・アコード

    5 道上龍/服部尚貴 (クラスN+、5ZIGEN INTEGRA→5ZIGEN ACCORD)(シリーズランキング 4位)5ZIGENインターナショナル フレッシュアイペディアより)

  • i-VTEC

    i-VTECから見たホンダ・アコードホンダ・アコード

    2000年10月26日に登場した初代ストリームのK20A型(直4 DOHC 2.0L)に初めて採用された。従来のバルブ休止仕様VTECの吸気側にVTCを組み込んでいるのが特徴で、それまで高回転高出力型エンジンのみであったDOHC VTECが標準型のエンジンにも採用された。2002年10月10日に発売されたアコードおよびアコードワゴンには、K24A型(直4 DOHC 2.4L)が搭載された。i-VTEC フレッシュアイペディアより)

  • ローバー・800

    ローバー・800から見たホンダ・アコードホンダ・アコード

    1980年代初頭、経営難に陥っていたブリティシュ・レイランド社は、開発費をねん出できないことから、陳腐化し信頼性にも問題を抱えた同社の最上級車種であるSD1を刷新できない状態でいた。一方、1979年から提携関係にあった日本の本田技研工業(ホンダ)では、アコードの上級車種の販売を計画していたものの、高級車開発のノウハウがないことから、開発に際しお互いの思惑が一致し共同開発を行うことになった。ローバー・800 フレッシュアイペディアより)

  • メアリーズビル (オハイオ州)

    メアリーズビル (オハイオ州)から見たホンダ・アコードホンダ・アコード

    メアリーズビルはホンダ・オブ・アメリカが生産拠点としている地である。同社は1979年にメアリーズビルに二輪車の工場を、次いで1982年に四輪車の工場を建て、日本の自動車メーカーとしては初めて、アメリカ合衆国での生産を始めたメーカーとなった。市の中心部から北西へ約10kmに立地するこの工場では、建てられた当初はアコードセダンのみを生産していたが、現在ではアコードセダンに加えて、アコードクーペ、アキュラ・TL、およびアキュラ・RDXが生産されており、その生産能力は年間44万台にのぼる。現在、同社はメアリーズビルおよびその周辺に4つの工場を持ち、約13,000人を雇用する、メアリーズビル最大の雇用主となっている。また、同社はオハイオ州立大学工学部と提携し、産学協同で技術研究および学生の教育にあたっている。メアリーズビル (オハイオ州) フレッシュアイペディアより)

  • マシ・オカ

    マシ・オカから見たホンダ・アコードホンダ・アコード

    愛車は2000年のホンダ・アコードで、今後買うならハイブリッドだろうと話している。マシ・オカ フレッシュアイペディアより)

  • ホンダ・シビックフェリオ

    ホンダ・シビックフェリオから見たホンダ・アコードホンダ・アコード

    1994年から全日本ツーリングカー選手権 (JTCC) に参戦した。エンジンは、1994年はインテグラのB18Cを、1995年はプレリュードのH22Aを搭載していたが、コンパクトな車体が災いしタイヤ性能を生かしきれず、かなりの苦戦を強いられた。1996年にはベース車がアコードに変更され、一転して連勝を重ねた。ホンダ・シビックフェリオ フレッシュアイペディアより)

  • ホンダ・アコードクーペ

    ホンダ・アコードクーペから見たホンダ・アコードホンダ・アコード

    ホンダ・アコード - 初代〜4代目ベース車ホンダ・アコードクーペ フレッシュアイペディアより)

125件中 51 - 60件表示

「アコード」のニューストピックワード