140件中 61 - 70件表示
  • メアリーズビル (オハイオ州)

    メアリーズビル (オハイオ州)から見たホンダ・アコードホンダ・アコード

    メアリーズビルはホンダ・オブ・アメリカが生産拠点としている地である。同社は1979年にメアリーズビルに二輪車の工場を、次いで1982年に四輪車の工場を建て、日本の自動車メーカーとしては初めて、アメリカ合衆国での生産を始めたメーカーとなった。市の中心部から北西へ約10kmに立地するこの工場では、建てられた当初はアコードセダンのみを生産していたが、現在ではアコードセダンに加えて、アコードクーペ、アキュラ・TL、およびアキュラ・RDXが生産されており、その生産能力は年間44万台にのぼる。現在、同社はメアリーズビルおよびその周辺に4つの工場を持ち、約13,000人を雇用する、メアリーズビル最大の雇用主となっている。また、同社はオハイオ州立大学工学部と提携し、産学協同で技術研究および学生の教育にあたっている。メアリーズビル (オハイオ州) フレッシュアイペディアより)

  • アキュラ・TL

    アキュラ・TLから見たホンダ・アコードホンダ・アコード

    なお、4代目ならびに5代目インスパイアは、北米仕様の7代目ならびに8代目のアコードのV6モデルである。アキュラ・TL フレッシュアイペディアより)

  • ローライダー

    ローライダーから見たホンダ・アコードホンダ・アコード

    カスタムのベースとなる車両は非常にバラエティーに富んでおり、パッセンジャーカー、スポーツカー、ピックアップトラック、SUVなど多岐にわたる。しかし日本においてベースとなり得るのはあくまでアメリカ国内で正規に販売されている車両である(シボレー・インパラやキャディラック・デビル、キャディラック・ブロアム、シボレー・カプリス、日産・セントラ、スズキ・サムライ、ホンダ・シビック、日産・ハードボディ、ホンダ・アコード、ジオ・トラッカーなど)。ローライダー フレッシュアイペディアより)

  • ヒュンダイ・グレンジャー

    ヒュンダイ・グレンジャーから見たホンダ・アコードホンダ・アコード

    日本では2001年5月発売。全車V6エンジン搭載にもかかわらず価格は220万2,900円(XG250ベース車)-315万8,400円(XG300Lサンルーフ装備車)(消費税5%含む)で2.4リッター直4エンジンのトヨタカムリ(260万4,000円-336万円)より安く、ボディサイズは LxWxH=4875x1825x1440(mm) でカムリLxWxH=4815×1820×1470 (mm) ホンダインスパイア(米国向けアコード、LxWxH=4805x1820x1455 (mm) )などと似たディメンジョンになっている。ヒュンダイ・グレンジャー フレッシュアイペディアより)

  • M-TEC

    M-TECから見たホンダ・アコードホンダ・アコード

    1994年(平成6年)、1995年(平成7年)の全日本ツーリングカー選手権 (JTCC) にシビックフェリオ、1996年(平成8年)、1997年(平成9年)にアコードで参戦し、1997年(平成9年)にはシリーズチャンピオンを獲得した。M-TEC フレッシュアイペディアより)

  • ホンダ・コンチェルト

    ホンダ・コンチェルトから見たホンダ・アコードホンダ・アコード

    1980年代ホンダが技術提携していた、英国のオースチン・ローバー・グループ(ARG、後のローバー)と共同開発した車種で、シビックとアコードの間の車格という位置付け(1980年に発売され1985年に販売を終えたクイントも同じ位置付けだった)の車種であったが、ヨーロピアンスタイルの性格が色濃く出ているクラスレス車であった。当時3つあった販売チャネルの一つクリオ店で取り扱っていた。ホンダ・コンチェルト フレッシュアイペディアより)

  • クリオ店

    クリオ店から見たホンダ・アコードホンダ・アコード

    1985年に旧「ホンダ店」がプリモ店とクリオ店に分割して設立された。主にレジェンドやアコードなどの高級・上級車セダンを専売車種としていた。1987年まではシビックも扱っていた。クリオ店 フレッシュアイペディアより)

  • クリエイティブ・ムーバー

    クリエイティブ・ムーバーから見たホンダ・アコードホンダ・アコード

    1994年10月20日、既存の前輪駆動乗用車(アコードの主要コンポーネンツ + シビックの部品)をベースに多人数乗車が可能なミニバンに仕立てた、「オデッセイ」の発表を皮切りに、遅まきながらRV市場への参入を果たした。クリエイティブ・ムーバー フレッシュアイペディアより)

  • 日産・バイオレット

    日産・バイオレットから見たホンダ・アコードホンダ・アコード

    チェリーF-IIとその後継車パルサーに次ぐ日産の前輪駆動車であり、新開発のCAエンジンを搭載し、日産の世界戦略車として位置づけられた。競合車種はトヨタ・カムリ、ホンダ・アコード、マツダ・カペラ、三菱・ギャラン。ボディタイプは4ドアセダンと5ドアハッチバックの2種類。ボディと一体化したウレタンバンパーが採用され、CD値は0.38(セダン)で、当時としては先進的なスタイルであったものの、カラードバンパー、サイドプロテクターは上級グレードのみの装備であった。なお、当時の日産のFF(前輪駆動)技術には未熟な点があったため、エンジンの振動とトルクステアの挙動が大きい・マニュアル車のギアレシオが高すぎるなどの欠点があった。また、駆動方式と2,000ccのモデルの有無を除けば、日産店での主力車種のブルーバード(排気量は1,600cc、1,800cc、2,000cc)と同クラス・同排気量のバイオレットリベルタ(排気量は1,600cc、1,800cc)が競合したことも販売面で不利だった。日産・バイオレット フレッシュアイペディアより)

  • ナット座ピッチ直径

    ナット座ピッチ直径から見たホンダ・アコードホンダ・アコード

    また、近年では採用される事が稀となったP.C.D.と穴数の組み合わせによっては、純正・アフターマーケット共に当時の適合ホイールが入手困難となり、スタッドレスタイヤ用の予備ホイールを用意する、スチールホイールをアルミホイールへ変更するといった事も困難となる為、ハブボルト付きのホイールスペーサーを用いてP.C.D.の変換が行われる事もある。日本車だとスバル(特に3代目以前のレオーネ、初代アルシオーネ)やトヨタ(特に初代スターレットを含むパブリカシリーズ、2代目以前のカローラ/スプリンターシリーズの各12インチホイール装着車)、ダイハツ(特にコンパーノ、コンソルテ、2代目以前のシャレード)、マツダ(特に初代サバンナRX-7、2代目以前のコスモ、3代目以前のルーチェ、FR(後輪駆動)時代のカペラ、FR時代のファミリア)、ホンダ(特にホンダ・1300シリーズ、初代シビック、初代アコード)、日野・コンテッサなどのごく一部の旧車種がその一例である。ナット座ピッチ直径 フレッシュアイペディアより)

140件中 61 - 70件表示

「アコード」のニューストピックワード