125件中 71 - 80件表示
  • 中嶋企画

    中嶋企画から見たホンダ・アコードホンダ・アコード

    1996年 PIAA アコード VTEC、BS(#15 黒澤琢弥)中嶋企画 フレッシュアイペディアより)

  • ホンダ・インテグラ

    ホンダ・インテグラから見たホンダ・アコードホンダ・アコード

    デザインは日米共同で進められ、全体のスタイルの特徴として、1985年6月に登場する3代目アコードを小型化したようなスタイルで、当時のホンダ車に多かったリトラクタブル・ヘッドライトを採用している。ホンダ・インテグラ フレッシュアイペディアより)

  • ホンダ・K型エンジン

    ホンダ・K型エンジンから見たホンダ・アコードホンダ・アコード

    2002年10月10日に発表された7代目アコード及び4代目アコードワゴンに、2,400ccのK24Aが採用された。ハイオク仕様と、レギュラー仕様のエンジンが設定された。ホンダ・K型エンジン フレッシュアイペディアより)

  • ホンダ・アコードユーロR

    ホンダ・アコードユーロRから見たホンダ・アコードホンダ・アコード

    6代目および7代目アコードのスポーツバージョンとして設定されていた。ホンダ・アコードユーロR フレッシュアイペディアより)

  • ビュイック・センチュリー

    ビュイック・センチュリーから見たホンダ・アコードホンダ・アコード

    廉価モデルとはいえデザインは均整が取れており、品質面でも引き続き好評であった。1998年のスカイラークの終了後、センチュリーは初めてビュイックのエントリーモデルとなった。ビュイックはセンチュリーをトヨタ・カムリやホンダ・アコードのような日本車のファミリーセダンに対する、より廉価な代替に位置づけようとした。2003年には「センチュリー」のエンブレムがフロントドアからは落とされてテールライトに残るのみとなった。ビュイック・センチュリー フレッシュアイペディアより)

  • 輸入車 (日本)

    輸入車 (日本)から見たホンダ・アコードホンダ・アコード

    以下は同クラスにあたるフォルクスワーゲン・パサート、ホンダ・アコード、マツダ・アテンザの比較である。国によって販売されているエンジン、グレードが異なるので一概に比較するのは難しいが、同一車種はなるべく近い装備とエンジン、変速機を搭載したグレードになるようにした。選択したグレードと変速機は値段の下に付記してある。輸入車 (日本) フレッシュアイペディアより)

  • 爆笑!迎春ブッちぎり 所ジョージのオールスター自動車レース大賞

    爆笑!迎春ブッちぎり 所ジョージのオールスター自動車レース大賞から見たホンダ・アコードホンダ・アコード

     羽賀研二: 日産・ローレルスピリット VS 林家しん平: ホンダ・アコード爆笑!迎春ブッちぎり 所ジョージのオールスター自動車レース大賞 フレッシュアイペディアより)

  • トヨタ・セプター

    トヨタ・セプターから見たホンダ・アコードホンダ・アコード

    アメリカ合衆国ではケンタッキー州の工場で生産し、現地向けのカムリとして販売されており、最大のライバルはアコードなどであった。車台は10系ウィンダムと共通である。ボディは曲線的なデザインが特徴のセダン・ステーションワゴン・後で導入されたクーペがある。セダンは国内生産、ステーションワゴンとクーペは俗に言う逆輸入の形で日本で販売された。エンジンは各ボディともV6・3000ccの3VZ-FEと直4・2200ccの5S-FEが設定された。トヨタ・セプター フレッシュアイペディアより)

  • 日産・アルティマ

    日産・アルティマから見たホンダ・アコードホンダ・アコード

    主なライバルはトヨタ・カムリ、ホンダ・アコードなどであった。日産・アルティマ フレッシュアイペディアより)

  • ヒュンダイ・ソナタ

    ヒュンダイ・ソナタから見たアコードホンダ・アコード

    2011年4月、中国にて発売開始(中国語表記は索納塔)。生産は合弁企業である北京現代が行っている。2011年からは全世界で年間45万台の販売を目指している。なお、中国自動車市場、中型車カテゴリにおいては、日本車(トヨタ/ホンダ/日産/マツダ)、ドイツ車(フォルクスワーゲン)、アメリカ車(ゼネラルモーターズ)に人気があり、現代ソナタは苦戦しているが2011年9月、発売後初めて月産1万台を突破した(同月、日産ティアナは1万5千台、ホンダアコードは1万4千台、トヨタカムリは1万3千台を販売)。ヒュンダイ・ソナタ フレッシュアイペディアより)

125件中 71 - 80件表示

「アコード」のニューストピックワード