125件中 81 - 90件表示
  • ヒュンダイ・ソナタ

    ヒュンダイ・ソナタから見たホンダ・アコードホンダ・アコード

    様々なメディアで競合車種のホンダ・アコード(日本名・インスパイア)との類似性が指摘されている。ヒュンダイ・ソナタ フレッシュアイペディアより)

  • スーパー耐久

    スーパー耐久から見たホンダ・アコードホンダ・アコード

    2005年まで存在したカテゴリ。排気量が2,000cc以下(駆動方式は問わない)という制限はST4と同じだが、ヨーロッパで盛んになっていたグループNの追加改造版、つまりNにプラス改造、という意味で「Nプラス(改造)」と名づけられている。当時はトヨタ・アルテッツァ、ホンダ・インテグラタイプRやホンダ・アコードなどが参戦し、ヨーロッパなどとの国際交流を目指していたが、日本国内の市場動向とヨーロッパの改造規定とが大きく方向を異にしてきた事から、当初の目的は達したとのことで2005年をもってST5は終了した。基本的に改造内容はFIAスーパー2000規定が元である。スーパー耐久 フレッシュアイペディアより)

  • ホンダ・アコードハイブリッド

    ホンダ・アコードハイブリッドから見たホンダ・アコードホンダ・アコード

    北米向け7代目アコード(日本では4代目インスパイアとして販売されている)をベースとし、アメリカで発売された。ホンダ・アコードハイブリッド フレッシュアイペディアより)

  • カーナビゲーション

    カーナビゲーションから見たホンダ・アコードホンダ・アコード

    1981年 ホンダがジャイロ式カーナビを発売。2代目アコードに搭載される。カーナビゲーション フレッシュアイペディアより)

  • サマータイム (楽曲)

    サマータイム (楽曲)から見たホンダ・アコードホンダ・アコード

    ポピュラー音楽では、ジャニス・ジョプリンが歌うブルース・ロック風のカヴァーが有名。特徴的なアレンジが施され、歌い回しが大きく異なり、一部歌詞も変えられている。また、『Time Of The Season』(ふたりのシーズン)のヒットで知られるゾンビーズもデビューアルバムに収録している。日本ではかつて森進一がホンダ・アコードのCMソングとして歌ったことがある。サマータイム (楽曲) フレッシュアイペディアより)

  • 森進一

    森進一から見たホンダ・アコードホンダ・アコード

    サマータイム 1985年10月21日 作詞:Dubose Heyward/作曲:ジョージ・ガーシュウィン (ホンダ・アコードCMソング)森進一 フレッシュアイペディアより)

  • 本田宗一郎

    本田宗一郎から見たアコードホンダ・アコード

    意外に思われるが、岩倉信弥によれば、高級品が大好きで、時計などはブランド品の良いものを好んでいたという。しかし、これは、「一流であるものを知っておく」という独自論からであり、実際に「ベンツのクオリティ並の軽自動車を作る」といった事も提言し、アコードとメルセデスベンツの乗り心地を技術者にドライブさせ比較検証するなどでも実践していた。本田宗一郎 フレッシュアイペディアより)

  • ジャッキー・チェン

    ジャッキー・チェンから見たホンダ・アコードホンダ・アコード

    大変な車好きで三菱の車以外にも多数の車を所有しており、最多で52台持っていたときもある(現在はその半分程度)。デビュー直後からポンティアック・トランザムなどのアメリカの車からホンダ・アコードやプレリュードなどの日本車、ランボルギーニ・カウンタック、フェラーリ数台と数多い高級車、スポーツカーを所持していた。ジャッキー・チェン フレッシュアイペディアより)

  • ふたりエッチ

    ふたりエッチから見たホンダ・アコードホンダ・アコード

    ホラー映画が苦手。高校時代は剣道部所属(県大会初戦敗北)。阪神タイガースのファン。酒には相当弱い。オナニーが大好きであり、結婚後も優良の目を盗んではやっている。クルマはホンダ・アコード(4代目セダン)だったが、第54巻で三菱・プラウディア(2代目)に乗り換えた。寺脇詩織のAVを所有している。ふたりエッチ フレッシュアイペディアより)

  • ホンダ・アヴァンシア

    ホンダ・アヴァンシアから見たホンダ・アコードホンダ・アコード

    北米仕様アコードを基に開発された国内専売車種で、外観やコンセプトは、かつてのアコードエアロデッキを彷彿とさせるものである。このスタイリングはアーチキャビンフォルムと呼ばれ、車種においてもワゴンとは呼ばず4ドアクラブデッキと呼んでいた。また、この独特なスタイルは、オペル・シグナムに影響を与えたといわれている。前席をウォークスルーとし、隣席や後席とのアクセスを容易にする一方、後席には専用の送風口や天井のボックスが装備された。さらにはメーカーオプションの「Gパッケージ」を選択すると、リヤ座面格納式センターテーブル&リヤシートスライド(スライド量70mm)と同時に角度が変化するシートバック&リヤプライバシーガラスなどの装備が備わり、後席主体のリムジンライクなパッケージとなっていた。モノボリューム風ワゴンボディによる広い室内を、実用ではなく高級に振ったコンセプトは、発表当時 斬新だった。ホンダ・アヴァンシア フレッシュアイペディアより)

125件中 81 - 90件表示

「アコード」のニューストピックワード