114件中 11 - 20件表示
  • ホンダ・アコード

    ホンダ・アコードから見た木澤博司

    初登場時の形態は1.6Lエンジンを搭載した中型の3ドアハッチバック車であり、同社のシビックから、より上位の車種への買い替えを求める層の受け皿として開発された。開発責任者(LPL)はシビックも手がけた木澤博司が担当した。ホンダ・アコード フレッシュアイペディアより)

  • ホンダ・アコード

    ホンダ・アコードから見たエアバッグ

    1991年7月 - マイナーチェンジが行われ、グレード体系が見直された(1.8L 4WS仕様の廃止)他、サイドドア・インパクトビーム、SRSエアバッグやトラクションコントロールシステム(TCS)などの安全装備が追加されたのをはじめ、カーナビゲーションが初めてオプション設定された。ホンダ・アコード フレッシュアイペディアより)

  • ホンダ・アコード

    ホンダ・アコードから見たアンチロック・ブレーキ・システム

    1983年6月17日 - マイナーチェンジ。直列4気筒 CVCC-II SOHC 12Valve クロスフロー エンジン(EY型:1.6L , ES型:1.8L)を新たに採用した。4輪4w A.L.B.仕様車も一部車種に設定された。フロントマスクは前期型では逆スラントノーズであったが、スラントノーズに変更された。「性格分けパーソナルシート」を更に見直し、サルーンとハッチバックで各々に最適な座面形状に変更している。ホンダ・アコード フレッシュアイペディアより)

  • ホンダ・アコード

    ホンダ・アコードから見た低公害車

    4気筒モデルは、カリフォルニアのULEV基準を世界で最初に満たした市販車である。ホンダ・アコード フレッシュアイペディアより)

  • ホンダ・アコード

    ホンダ・アコードから見たカーナビゲーションシステム

    1991年7月 - マイナーチェンジが行われ、グレード体系が見直された(1.8L 4WS仕様の廃止)他、サイドドア・インパクトビーム、SRSエアバッグやトラクションコントロールシステム(TCS)などの安全装備が追加されたのをはじめ、カーナビゲーションが初めてオプション設定された。ホンダ・アコード フレッシュアイペディアより)

  • ホンダ・アコード

    ホンダ・アコードから見たサロン・アンテルナショナル・ド・ロト

    2009年ジュネーブモーターショーにてType Sが発表された。ホンダ・アコード フレッシュアイペディアより)

  • ホンダ・アコード

    ホンダ・アコードから見た横滑り防止機構

    安全装備として「SiR」にVSAと呼ばれる車両挙動安定化システムを標準装備されるほか、上位グレードのロービームにディスチャージヘッドランプが装備される。ホンダ・アコード フレッシュアイペディアより)

  • ホンダ・アコード

    ホンダ・アコードから見た2009年

    2009年7月27日 - 東風本田が中国仕様車を「スピリア」(英字表記:Spirior、中国名:思鉑睿)の車名で発表1。8月19日から生産を開始した2。ホンダ・アコード フレッシュアイペディアより)

  • ホンダ・アコード

    ホンダ・アコードから見た童夢 (自動車会社)

    EG型シビックフェリオに替わり、1996年から1997年までJTCCに参戦。2年の間に通称「1X」、「2X」、「2.5X」、「3X」と呼ばれる4タイプの車両を投入した。外装はフロントスポイラーが童夢、リアウィングはムーンクラフトと競作による空力パーツを装着。エンジンはH22A型を2.0Lに排気量ダウンし、吸排気効率を高めるため前方吸気、後方排気のリバースヘッドに変更され、最高出力は310ps以上。1996年は服部尚貴(ムーンクラフト)が、1997年にはさらに前後ワイドトレッド化したマシン(3X)で中子修(無限)がそれぞれドライバーズチャンピオンを獲得した。また1997年はTEAM無限HONDAがチームタイトルを獲得している。ホンダ・アコード フレッシュアイペディアより)

  • ホンダ・アコード

    ホンダ・アコードから見たボルボ

    1995年からホンダUKによりイギリスツーリングカー選手権(BTCC)へ参戦している。ボルボやルノー、ボクスホールなどを相手に序盤は低迷したものの、熟成が進むにつれ成績も向上し、全日本ツーリングカー選手権(JTCC)仕様のエンジンを得た1997年には初優勝を飾っている。ホンダ・アコード フレッシュアイペディアより)

114件中 11 - 20件表示

「アコード」のニューストピックワード