114件中 51 - 60件表示
  • ホンダ・アコード

    ホンダ・アコードから見た直列6気筒

    開発は「654計画」と呼ばれ、先に中止されていた2.0L 直列6気筒 CVCCエンジン縦置きの前輪駆動(FF)のアッパーミドルカー「653計画」の開発スタッフが加わっている。ホンダ・アコード フレッシュアイペディアより)

  • ホンダ・アコード

    ホンダ・アコードから見たホンダ・H型エンジン

    エンジンは全てPGM-FI仕様になり、トルク、パワーともに向上した。主力モデルのF22B型 2.2L SOHC、F20B型 2.0L SOHC、F18B型 1.8L SOHCの他、スポーツグレード用のH22A型 2.2L DOHCがラインナップされ、2.2LはVTEC化が施された。ホンダ・アコード フレッシュアイペディアより)

  • ホンダ・アコード

    ホンダ・アコードから見たホンダ・N型エンジン

    欧州モデルにはN22A型 2.2Lのコモンレール式ディーゼルターボもラインナップされている(日本では発売なし)。ホンダ・アコード フレッシュアイペディアより)

  • ホンダ・アコード

    ホンダ・アコードから見た四輪操舵

    1991年7月 - マイナーチェンジが行われ、グレード体系が見直された(1.8L 4WS仕様の廃止)他、サイドドア・インパクトビーム、SRSエアバッグやトラクションコントロールシステム(TCS)などの安全装備が追加されたのをはじめ、カーナビゲーションが初めてオプション設定された。ホンダ・アコード フレッシュアイペディアより)

  • ホンダ・アコード

    ホンダ・アコードから見たアメリカ合衆国

    1976年5月7日 - 中型の3ドアハッチバック車として登場した。近い車格では145クーペ以来となる。好燃費・低公害を主眼に設計され、アメリカ及び日本では、昭和51年排出ガス規制をクリアしたEF型 1.6L 直列4気筒 CVCC SOHC エンジンを搭載した。設備投資を抑えるためにシビック用1.5Lエンジンを最大限までストロークアップしたエンジンとなっている。ホンダ・アコード フレッシュアイペディアより)

  • ホンダ・アコード

    ホンダ・アコードから見たクーペ

    1989年9月13日 - フルモデルチェンジした。初代から続いていた3ドアハッチバックは廃止され、当初はサッシュドアを用いた4ドアセダンのみのラインナップだったが、後にアメリカ・オハイオ州HAM生産のクーペとワゴンが加わった。ホンダ・アコード フレッシュアイペディアより)

  • ホンダ・アコード

    ホンダ・アコードから見たクロスフロー

    1983年6月17日 - マイナーチェンジ。直列4気筒 CVCC-II SOHC 12Valve クロスフロー エンジン(EY型:1.6L , ES型:1.8L)を新たに採用した。4輪4w A.L.B.仕様車も一部車種に設定された。フロントマスクは前期型では逆スラントノーズであったが、スラントノーズに変更された。「性格分けパーソナルシート」を更に見直し、サルーンとハッチバックで各々に最適な座面形状に変更している。ホンダ・アコード フレッシュアイペディアより)

  • ホンダ・アコード

    ホンダ・アコードから見たi-VTEC

    エンジンは、新開発された前方吸気、後方排気のホンダ・K型エンジンで、アルミ合金ブロックを持ち、排気量別にDOHC 2.0LのK20A型と2.4LのK24A型の2種類がラインナップされている。連続可変バルブタイミング(VTC)を採用したi-VTECにより全域で扱いやすいトルク特性となった。スポーツグレードの「ユーロR」用のK20A型は、高圧縮ヘッドをはじめピストン、クランクシャフトなどのパーツを変更し、ピークパワーが向上している。組み合わせられるトランスミッションは「ユーロR」に6速MT、その他のグレードにはSマチック付の5速ATが搭載される。ホンダ・アコード フレッシュアイペディアより)

  • ホンダ・アコード

    ホンダ・アコードから見たクリオ店

    発売後、旧ホンダ店がクリオ店とプリモ店に分割され、のちにアコードはクリオ店専売車種となるが(プリモ店向けの後継車両はアスコット)、このモデルまでは経過措置としてプリモ店でも併売されていた(ただし「CA」はクリオ店専売車種だった)。逆に、のちにプリモ店専売車種となるシビックも同じ理由で1987年まではプリモ店とクリオ店の併売だった。ホンダ・アコード フレッシュアイペディアより)

  • ホンダ・アコード

    ホンダ・アコードから見たSOHC

    1976年5月7日 - 中型の3ドアハッチバック車として登場した。近い車格では145クーペ以来となる。好燃費・低公害を主眼に設計され、アメリカ及び日本では、昭和51年排出ガス規制をクリアしたEF型 1.6L 直列4気筒 CVCC SOHC エンジンを搭載した。設備投資を抑えるためにシビック用1.5Lエンジンを最大限までストロークアップしたエンジンとなっている。ホンダ・アコード フレッシュアイペディアより)

114件中 51 - 60件表示

「アコード」のニューストピックワード