140件中 61 - 70件表示
  • ホンダ・アコード

    ホンダ・アコードから見た四輪操舵

    1991年7月 - マイナーチェンジが行われ、外装ではフロントバンパー内のターンシグナルランプのレンズがクリアからアンバーに変更、セダンとクーペのテールランプが新意匠となったが、ワゴンのそれは変更されなかった。その他グレード体系の見直し、(1.8L 4WS仕様の廃止)、サイドドア・インパクトビーム、SRSエアバッグやトラクションコントロールシステム(TCS)などの安全装備が追加されたのをはじめ、カーナビゲーションが初めてオプション設定された。ホンダ・アコード フレッシュアイペディアより)

  • ホンダ・アコード

    ホンダ・アコードから見たクリオ店

    発売後、旧ホンダ店がクリオ店とプリモ店に分割され、のちにアコードはクリオ店専売車種となるが(プリモ店向けの後継車両はアスコット)、このモデルまでは経過措置としてプリモ店でも併売されていた(ただし「CA」はクリオ店専売車種だった)。逆に、のちにプリモ店専売車種となるシビックも同じ理由で1987年まではプリモ店とクリオ店の併売だった。ホンダ・アコード フレッシュアイペディアより)

  • ホンダ・アコード

    ホンダ・アコードから見たSOHC

    1976年5月8日 - 中型の3ドアハッチバック車として登場した。近い車格では145クーペ以来となる。好燃費・低公害を主眼に設計され、アメリカ及び日本では、昭和51年排出ガス規制をクリアしたEF型 1.6L 直列4気筒 CVCC SOHC エンジンを搭載した。設備投資を抑えるためにシビック用1.5Lエンジンを最大限までストロークアップしたエンジンとなっている。ホンダ・アコード フレッシュアイペディアより)

  • ホンダ・アコード

    ホンダ・アコードから見たアルミニウム合金

    搭載エンジンは、新開発の直列4気筒 DOHC 16バルブ 1.8 L CVデュアルキャブ仕様のB18A型と2.0 L PGM-FI仕様のB20A型及びSOHC 12バルブ 1.8 L シングルキャブレター仕様のA18A型で、1987年(昭和62年)のマイナーチェンジの際に2.0 L シングルキャブレター仕様のA20A型が追加された。北米向けはA20A型 キャブ/PGM-FIのみ、ヨーロッパ向けは、A16A型 キャブ、A20A型 キャブ/PGM-FI、B20A型 PGM-FI、オーストラリア向けは、A20A型 キャブ/PGM-FI。全てCVCCではない。B20A型はシリンダーヘッドだけでなく、当時鋳鉄製が主流だったシリンダーブロックもアルミニウム製で、エンジン重量あたりの出力効率は当時の世界一を記録した。ホンダ・アコード フレッシュアイペディアより)

  • ホンダ・アコード

    ホンダ・アコードから見た高オクタン価ガソリン

    2008年12月4日 - フルモデルチェンジが行なわれた(翌12月5日より発売)。月間目標販売台数は1,000台と発表されている。日本向け仕様はエンジンを全車プレミアムガソリン(ハイオク)仕様のK24A型 2.4L 直4 i-VTEC(206PS)に統一され、グレード体系は「24E」・「24TL」・「24TL SPORTS STYLE」・「24iL」の4グレードで、FF車のみラインアップされていた。なお、この代では、ワゴンタイプのアコードツアラーのフルモデルチェンジも同時に行なわれた。ホンダ・アコード フレッシュアイペディアより)

  • ホンダ・アコード

    ホンダ・アコードから見たCVCC

    開発は「654計画」と呼ばれ、先に中止されていた、2.0 L 直列6気筒 CVCCエンジン縦置き前輪駆動(FF)方式のアッパーミドルカー「653計画」の開発スタッフが加わっている。ホンダ・アコード フレッシュアイペディアより)

  • ホンダ・アコード

    ホンダ・アコードから見たリトラクタブル・ヘッドライト

    1985年(昭和60年)6月4日 - セダンをフルモデルチェンジした。国内、北米、オセアニアモデルはリトラクタブル・ヘッドライトを採用し、ヨーロッパモデルは、セダンが異型4灯式ヘッドランプを採用した。ホンダ・アコード フレッシュアイペディアより)

  • ホンダ・アコード

    ホンダ・アコードから見たモデルチェンジ (自動車)

    1981年9月22日 - フルモデルチェンジした。エンジンは、EP型 直列4気筒 CVCC-II SOHC 1.6LとEK型 直列4気筒 CVCC-II SOHC 1.8Lの2種を搭載した。同時に姉妹車のビガーが誕生した。ホンダ・アコード フレッシュアイペディアより)

  • ホンダ・アコード

    ホンダ・アコードから見たバンパー

    1987年(昭和62年)5月 - 国内モデルをマイナーチェンジした。大型バンパー、カラードドアミラー、リアコンビネーションランプの意匠変更、B20A型のヘッドカバーの金から黒への塗装色変更、2.0 Lモデルのブレーキローター径の変更、ATの改良、インテリアトリムの変更、電動格納式ドアミラーの追加等が行われた。ホンダ・アコード フレッシュアイペディアより)

  • ホンダ・アコード

    ホンダ・アコードから見たハードトップ

    1992年(平成4年)3月3日、このモデルを日本国内向けとしてハードトップ(サッシュレスドア)に変更したアスコットイノーバが誕生した。アスコットイノーバの生産は日本国内で行われた。ホンダ・アコード フレッシュアイペディアより)

140件中 61 - 70件表示

「アコード」のニューストピックワード