140件中 71 - 80件表示
  • ホンダ・アコード

    ホンダ・アコードから見た自動車排出ガス規制

    1976年5月8日 - 中型の3ドアハッチバック車として登場した。近い車格では145クーペ以来となる。好燃費・低公害を主眼に設計され、アメリカ及び日本では、昭和51年排出ガス規制をクリアしたEF型 1.6L 直列4気筒 CVCC SOHC エンジンを搭載した。設備投資を抑えるためにシビック用1.5Lエンジンを最大限までストロークアップしたエンジンとなっている。ホンダ・アコード フレッシュアイペディアより)

  • ホンダ・アコード

    ホンダ・アコードから見た鋳鉄

    搭載エンジンは、新開発の直列4気筒 DOHC 16バルブ 1.8 L CVデュアルキャブ仕様のB18A型と2.0 L PGM-FI仕様のB20A型及びSOHC 12バルブ 1.8 L シングルキャブレター仕様のA18A型で、1987年(昭和62年)のマイナーチェンジの際に2.0 L シングルキャブレター仕様のA20A型が追加された。北米向けはA20A型 キャブ/PGM-FIのみ、ヨーロッパ向けは、A16A型 キャブ、A20A型 キャブ/PGM-FI、B20A型 PGM-FI、オーストラリア向けは、A20A型 キャブ/PGM-FI。全てCVCCではない。B20A型はシリンダーヘッドだけでなく、当時鋳鉄製が主流だったシリンダーブロックもアルミニウム製で、エンジン重量あたりの出力効率は当時の世界一を記録した。ホンダ・アコード フレッシュアイペディアより)

  • ホンダ・アコード

    ホンダ・アコードから見たクランクシャフト

    エンジンは、新開発された前方吸気、後方排気のホンダ・K型エンジンで、アルミ合金ブロックを持ち、排気量別にDOHC 2.0LのK20A型と2.4LのK24A型の2種類がラインナップされている。連続可変バルブタイミング(VTC)を採用したi-VTECにより全域で扱いやすいトルク特性となった。スポーツグレードの「ユーロR」用のK20A型は、高圧縮ヘッドをはじめピストン、クランクシャフトなどのパーツを変更し、ピークパワーが向上している。組み合わせられるトランスミッションは「ユーロR」に6速MT、その他のグレードにはSマチック付の5速ATが搭載される。ホンダ・アコード フレッシュアイペディアより)

  • ホンダ・アコード

    ホンダ・アコードから見たシフトレバーの配置

    オプションでアコード初となるCVTが直4に、6速ATがV6に用意され、ともにパドルシフトが備わる(先述のグレードには標準装備)。ホンダ・アコード フレッシュアイペディアより)

  • ホンダ・アコード

    ホンダ・アコードから見たシリンダーヘッド

    搭載エンジンは、新開発の直列4気筒 DOHC 16バルブ 1.8 L CVデュアルキャブ仕様のB18A型と2.0 L PGM-FI仕様のB20A型及びSOHC 12バルブ 1.8 L シングルキャブレター仕様のA18A型で、1987年(昭和62年)のマイナーチェンジの際に2.0 L シングルキャブレター仕様のA20A型が追加された。北米向けはA20A型 キャブ/PGM-FIのみ、ヨーロッパ向けは、A16A型 キャブ、A20A型 キャブ/PGM-FI、B20A型 PGM-FI、オーストラリア向けは、A20A型 キャブ/PGM-FI。全てCVCCではない。B20A型はシリンダーヘッドだけでなく、当時鋳鉄製が主流だったシリンダーブロックもアルミニウム製で、エンジン重量あたりの出力効率は当時の世界一を記録した。ホンダ・アコード フレッシュアイペディアより)

  • ホンダ・アコード

    ホンダ・アコードから見たステアリング

    オプションで、前後の荷重変化による車高変化を修正し、2段階の車高変化が可能な「オートレベリングサスペンション」を装着できた。クルーズコントロールは全グレードに装備され、操作スイッチはステアリング・ホイールに取り付けられた。また世界で初めて民生用カーナビゲーション(自社開発のガスレートジャイロ方式)がメーカーオプションとして用意された。運転席と助手席をおのおのの目的に最適設計した「性格分けパーソナルシート」を採用している。また、この代より、フロントウインドウが全てのグレードにおいて合わせガラスとなっており、安全性の向上が図られている。ホンダ・アコード フレッシュアイペディアより)

  • ホンダ・アコード

    ホンダ・アコードから見た直列4気筒

    1976年5月8日 - 中型の3ドアハッチバック車として登場した。近い車格では145クーペ以来となる。好燃費・低公害を主眼に設計され、アメリカ及び日本では、昭和51年排出ガス規制をクリアしたEF型 1.6L 直列4気筒 CVCC SOHC エンジンを搭載した。設備投資を抑えるためにシビック用1.5Lエンジンを最大限までストロークアップしたエンジンとなっている。ホンダ・アコード フレッシュアイペディアより)

  • ホンダ・アコード

    ホンダ・アコードから見たオートマチックトランスミッション

    1988年(昭和63年)9月の一部変更ではATにシフトロックシステムが追加され、同時にエアコンを標準装備して価格を引き下げた「スーパーステージ」が追加される。ホンダ・アコード フレッシュアイペディアより)

  • ホンダ・アコード

    ホンダ・アコードから見たアキュラ

    2002年10月10日 - フルモデルチェンジした(セダンは10月11日、ワゴンは11月28日に発売)。先代と同様に各地域に異なるモデルを投入するコンセプトに変更はないが、日本仕様は欧州仕様と統合され、5代目以来の3ナンバーボディとなる。目標とする月間販売台数はセダンとワゴンを合わせて5,000台。北米仕様は大型化されて独自の設計となり、日本市場には後に4代目インスパイアとして登場した。日欧仕様の内外装を豪華にしたモデルは、北米ではホンダの上級ブランド「アキュラ」において、「TSX」として発売されている。オセアニアではこの代から2系統が併売され、大型化された北米仕様と同等の車両が「アコード」として、日欧仕様と同等のやや小ぶりな車両が「アコード・ユーロ」として販売された。ホンダ・アコード フレッシュアイペディアより)

  • ホンダ・アコード

    ホンダ・アコードから見たキャブレター

    搭載エンジンは、新開発の直列4気筒 DOHC 16バルブ 1.8 L CVデュアルキャブ仕様のB18A型と2.0 L PGM-FI仕様のB20A型及びSOHC 12バルブ 1.8 L シングルキャブレター仕様のA18A型で、1987年(昭和62年)のマイナーチェンジの際に2.0 L シングルキャブレター仕様のA20A型が追加された。北米向けはA20A型 キャブ/PGM-FIのみ、ヨーロッパ向けは、A16A型 キャブ、A20A型 キャブ/PGM-FI、B20A型 PGM-FI、オーストラリア向けは、A20A型 キャブ/PGM-FI。全てCVCCではない。B20A型はシリンダーヘッドだけでなく、当時鋳鉄製が主流だったシリンダーブロックもアルミニウム製で、エンジン重量あたりの出力効率は当時の世界一を記録した。ホンダ・アコード フレッシュアイペディアより)

140件中 71 - 80件表示

「アコード」のニューストピックワード