140件中 81 - 90件表示
  • ホンダ・アコード

    ホンダ・アコードから見たホンダ・B型エンジン

    搭載エンジンは、新開発の直列4気筒 DOHC 16バルブ 1.8 L CVデュアルキャブ仕様のB18A型と2.0 L PGM-FI仕様のB20A型及びSOHC 12バルブ 1.8 L シングルキャブレター仕様のA18A型で、1987年(昭和62年)のマイナーチェンジの際に2.0 L シングルキャブレター仕様のA20A型が追加された。北米向けはA20A型 キャブ/PGM-FIのみ、ヨーロッパ向けは、A16A型 キャブ、A20A型 キャブ/PGM-FI、B20A型 PGM-FI、オーストラリア向けは、A20A型 キャブ/PGM-FI。全てCVCCではない。B20A型はシリンダーヘッドだけでなく、当時鋳鉄製が主流だったシリンダーブロックもアルミニウム製で、エンジン重量あたりの出力効率は当時の世界一を記録した。ホンダ・アコード フレッシュアイペディアより)

  • ホンダ・アコード

    ホンダ・アコードから見たジャイロスコープ

    オプションで、前後の荷重変化による車高変化を修正し、2段階の車高変化が可能な「オートレベリングサスペンション」を装着できた。クルーズコントロールは全グレードに装備され、操作スイッチはステアリング・ホイールに取り付けられた。また世界で初めて民生用カーナビゲーション(自社開発のガスレートジャイロ方式)がメーカーオプションとして用意された。運転席と助手席をおのおのの目的に最適設計した「性格分けパーソナルシート」を採用している。また、この代より、フロントウインドウが全てのグレードにおいて合わせガラスとなっており、安全性の向上が図られている。ホンダ・アコード フレッシュアイペディアより)

  • ホンダ・アコード

    ホンダ・アコードから見たディーゼルエンジン

    欧州モデルにはN22A型 2.2Lのコモンレール式ディーゼルターボもラインナップされている(日本では発売なし)。ホンダ・アコード フレッシュアイペディアより)

  • ホンダ・アコード

    ホンダ・アコードから見たホンダ・K型エンジン

    エンジンは、新開発された前方吸気、後方排気のホンダ・K型エンジンで、アルミ合金ブロックを持ち、排気量別にDOHC 2.0LのK20A型と2.4LのK24A型の2種類がラインナップされている。連続可変バルブタイミング(VTC)を採用したi-VTECにより全域で扱いやすいトルク特性となった。スポーツグレードの「ユーロR」用のK20A型は、高圧縮ヘッドをはじめピストン、クランクシャフトなどのパーツを変更し、ピークパワーが向上している。組み合わせられるトランスミッションは「ユーロR」に6速MT、その他のグレードにはSマチック付の5速ATが搭載される。ホンダ・アコード フレッシュアイペディアより)

  • ホンダ・アコード

    ホンダ・アコードから見たヘッドカバー

    1987年(昭和62年)5月 - 国内モデルをマイナーチェンジした。大型バンパー、カラードドアミラー、リアコンビネーションランプの意匠変更、B20A型のヘッドカバーの金から黒への塗装色変更、2.0 Lモデルのブレーキローター径の変更、ATの改良、インテリアトリムの変更、電動格納式ドアミラーの追加等が行われた。ホンダ・アコード フレッシュアイペディアより)

  • ホンダ・アコード

    ホンダ・アコードから見たインターナビ

    ホンダ・インテリジェントドライバーサポートシステム(HiDS)がオプションで装備できる。また、メーカーオプションの純正カーナビゲーションはテレマティクスを採用した「インターナビシステム」となり、以降のホンダ車にも順次採用されることとなる。ホンダ・アコード フレッシュアイペディアより)

  • ホンダ・アコード

    ホンダ・アコードから見た姉妹車

    1981年9月22日 - フルモデルチェンジした。エンジンは、EP型 直列4気筒 CVCC-II SOHC 1.6LとEK型 直列4気筒 CVCC-II SOHC 1.8Lの2種を搭載した。同時に姉妹車のビガーが誕生した。ホンダ・アコード フレッシュアイペディアより)

  • ホンダ・アコード

    ホンダ・アコードから見たメアリーズビル (オハイオ州)

    1982年に、日本車として初めてアメリカ、オハイオ州メアリーズビル工場で生産されることになった。アメリカでは非常に高い人気を誇る。ホンダ・アコード フレッシュアイペディアより)

  • ホンダ・アコード

    ホンダ・アコードから見た韓国

    2012年の北米国際オートショーでプロトタイプ2013モデルとしてセダン、クーペともに発表され、その後9月19日にセダンが、翌10月15日にクーペがアメリカ国内で発売を開始された。追って、カナダや韓国、ロシア、オーストラリアなどの各市場でも2012年から2013年にかけて順次発売されている。なお、中華人民共和国では2013年9月12日に広汽本田汽車が9代目アコードを発売開始したが、中国仕様車については大型化された独自のフロントグリルを備えている。ホンダ・アコード フレッシュアイペディアより)

  • ホンダ・アコード

    ホンダ・アコードから見たVTEC

    エンジンは全てPGM-FI仕様になり、トルク、パワーともに向上した。主力モデルのF22B型 2.2L SOHC、F20B型 2.0L SOHC、F18B型 1.8L SOHCの他、スポーツグレード用のH22A型 2.2L DOHCがラインナップされ、2.2LはVTEC化が施された。ホンダ・アコード フレッシュアイペディアより)

140件中 81 - 90件表示

「アコード」のニューストピックワード