84件中 11 - 20件表示
  • 高岡市立下関小学校

    高岡市立下関小学校から見たアサガオアサガオ

    朝顔をイメージしている。高岡市立下関小学校 フレッシュアイペディアより)

  • 入谷 (台東区)

    入谷 (台東区)から見たアサガオアサガオ

    旧・豊島郡坂本村の一部で、江戸時代には正式な行政地名ではなかった。入谷一帯は千束池の底にあったが、戦国時代に埋め立てられて開墾された。寺院こそ建ったが、その後目立った開発はされず、入谷土器という焼き物が生産されていたことが知られている。江戸時代末期・明治時代に入ってから朝顔栽培が盛んになり、やがて入谷朝顔市が開かれる場所として有名になった。入谷 (台東区) フレッシュアイペディアより)

  • 道楽

    道楽から見たアサガオアサガオ

    江戸の道楽には「三大道楽」と呼ばれるものがあったといい、園芸道楽、釣り道楽、文芸道楽が挙げられる。園芸道楽は、初期はツバキとキクであったが、それにツツジ、アサガオ、ランが加わったという。大名たちなどは競い合うようにして庭園造りに熱中し、庭石や樹木が集められた。釣り道楽としては、ほんの軽いものであれば、中川に船を浮かべて、女衆とキスを釣った。(本格的には)泊まりがけで行くのが旦那衆の釣りだったという。文芸道楽では、俳諧、和歌、紀行文等々各ジャンルがあるが、奥が深く、さまざまな文人を生みだした。また、道楽というのは学問に極まるという。道楽は隠居してからが特に本格的になったという。道楽 フレッシュアイペディアより)

  • 茨城県立並木高等学校

    茨城県立並木高等学校から見たアサガオアサガオ

    DNA分析の手法による朝顔の色の研究で「日本学生科学賞」の茨城県議会議長賞を受賞茨城県立並木高等学校 フレッシュアイペディアより)

  • 絵日記

    絵日記から見たアサガオアサガオ

    アサガオやヘチマなど夏休みの自由研究の課題として、選んだ植物や動物の観察記録を絵日記のかたちで書くこともある。絵日記 フレッシュアイペディアより)

  • パーミャチ・メルクーリヤ (防護巡洋艦)

    パーミャチ・メルクーリヤ (防護巡洋艦)から見たアサガオアサガオ

    艦橋部分には姉妹艦各艦の特徴が表れているが、上の櫓状の構造物が「パーミャチ・メルクーリヤ」の特徴であった。これは同時期に建造された「エフスターフィイ」級艦隊装甲艦の同じ装置に類似した構造になっており、異なる装置を持っていたそれぞれの原型艦から共通する思想・目的で設計変更されたことが伺える。艦長艦橋の基本構造は、姉妹艦のすべてで共通していた。その最前部は楕円形の断面を持ったになっており、防禦装甲に覆われていた。その後方は航行司令塔となっていた。就役後に、「パーミャチ・メルクーリヤ」では船首の艦長艦橋、戦闘司令塔上の櫓状の測距司令塔ならびに船尾艦橋台座上に近代的な測距儀が装備されている。一方、姉妹艦「オチャーコフ」には当初小屋形の操艦司令塔が設置されていたが、叛乱鎮圧後の修理を経た就役時には「パーミャチ・メルクーリヤ」に似た形状の測距司令塔が設置されたがすぐに撤去されて扁平なだけになっており、1917年の改修工事を終えた時点で台形の構造物が設置された。バルト艦隊向けの「ボガトィーリ」級にも、就役時には小屋形の操艦司令塔が設置されていた。「オレーク」では日露戦争後にこれを撤去して円筒形の測距司令塔が設置され、「ボガトィーリ」では1917年の改修工事で撤去されるまで小屋形艦橋が残されていた。なお、その撤去後に「ボガトィーリ」には「パーミャチ・メルクーリヤ」のそれに似た測距指令とうが設置されているが、設置場所は戦闘司令塔上ではなく航行司令塔上になっている。羅針盤は、艦長艦橋と船尾艦橋の両方に設置されている。「オチャーコフ」には伝統的な朝顔形の機関・ボイラー換気帽が使用されていたが、「パーミャチ・メルクーリヤ」にはよりコンパクトな茸形の排気転向装置が使用されていた。海軍技術委員会は艦載砲の口径統一を最重視することとし、重量がかさばり門数を揃えられない 203 mm 砲の採用を中止して全門で口径を統一できるものとしては最も大きい 152 mm 砲を採用した。海軍技術委員会は、射撃速度が上回れば発射速度が遅く搭載門数も少ない大口径砲を用いた場合より発射される砲弾総量が増え、敵艦に与える損害はより大きくなると考えたのである。 提督や S・O・マカーロフ提督といった当時のロシア帝国海軍の高名な教育者は口径の大きさを重視し大口径砲の採用を提唱していたが、アレクセイ・アレクサンドロヴィチ大公は彼らの意見をまったく考慮に入れず、小口径でも搭載数で優る 152 mm 砲が、搭載数で劣る 203 mm 砲を圧倒すると考えていた。このあとでロシア帝国海軍の方針は一転した。ロシアでは「カグール」級が最後の 1 等防護巡洋艦となりそれ以降の 1 等巡洋艦はすべて装甲巡洋艦となった。次に配備した「バヤーン」は「ボガトィーリ」級の前の量産型巡洋艦「ヂアーナ」級の欠陥を補って設計された装甲巡洋艦であったが、排水量は「カグール」級とほとんど同じ 7000 t 級であったのに対して武装は 203 mm 砲 2 門と中・小口径砲を混載する設計を採用した。結局、「ボガトィーリ」級・「カグール」級の選択は不適格であった。第一次世界大戦中には、武装と速力で優る強力な敵艦に少しでも対抗できるようにするために 203 mm 砲を搭載する改修案も検討されている。パーミャチ・メルクーリヤ (防護巡洋艦) フレッシュアイペディアより)

  • つる割病

    つる割病から見たアサガオアサガオ

    つる割病(つるわれびょう)とは、植物の病害の一種。主に、キュウリやスイカなどウリ科の植物やアサガオ、サツマイモなどにフザリウム属の病原菌Fusarium oxysporumが感染、発病する。つる割病 フレッシュアイペディアより)

  • ツユクサ

    ツユクサから見たアサガオアサガオ

    日本全土、アジア全域、アメリカ東北部など世界中に広く分布する、畑の隅や道端で見かけることの多い雑草である。高さは15?50cmで直立することはなく、茎は地面を這う。6?9月にかけて1.5?2cmほどの青い花をつける。花弁は3枚あり、上部の2枚は特徴的で青く大きいが、下部の1枚は白くて小さく目立たない。雌しべが1本、雄しべが6本で成り立っている。アサガオなどと同様、早朝に咲いた花は午後にはしぼんでしまう。ツユクサ フレッシュアイペディアより)

  • 北陸信用金庫

    北陸信用金庫から見たアサガオアサガオ

    本店のある金沢市以南の石川県南部を主な営業エリアとする信用金庫で、旧石川信用金庫の本店があった旧松任市の市花であるアサガオを社章として採用している。北陸信用金庫 フレッシュアイペディアより)

  • 牽牛子塚古墳

    牽牛子塚古墳から見たアサガオアサガオ

    牽牛子塚古墳(けんごしづかこふん)は、奈良県高市郡明日香村大字越に所在する終末期古墳である。1923年(大正12年)3月7日、国の史跡に指定された。指定時には「あさがおつかこふん」の読みが付されており、「牽牛子」はアサガオの別称である。「御前塚」と呼称されることもある。2009年(平成21年)から2010年(平成22年)にかけての発掘調査によって、八角墳(八角形墳)であることが判明し、飛鳥時代の女帝で天智天皇と天武天皇の母とされる斉明天皇の陵墓である可能性が高まった。牽牛子塚古墳 フレッシュアイペディアより)

84件中 11 - 20件表示

「アサガオの花情報」のニューストピックワード