114件中 21 - 30件表示
  • ナデシコ

    ナデシコから見たアサガオアサガオ

    江戸時代は平和な時代が続いたためもあり、史上空前の「園芸ブーム」を日本にもたらした。多くの花卉が栽培、育種され、ナデシコもその例にもれず観賞の対象となった。中国からのトコナツと在来のカワラナデシコが自然に交雑して豊かな変化を生じたともいわれ、一層の品種改良が進められ、宝暦年間にでた『絵本野山草』には「めづらしきなでしこ一重八重十重百重千重数百種あり。筆につくしがたく又なでしこにて撫子をはなれ物有」と記され、無数の品種が紹介されている。1838年には江戸でナデシコの花合せ(品評会)が開かれた記録があり、1863年には長谷静香によりナデシコの専門書「撫子培養手引草」が著わされるなど、ナデシコ栽培はキクやサクラソウ、ハナショウブ、アサガオなどと共に非常に盛んであった。ナデシコ フレッシュアイペディアより)

  • ホオズキカメムシ

    ホオズキカメムシから見たアサガオアサガオ

    ナス科のナス、トマト、トウガラシ、ホオズキなど、ヒルガオ科のアサガオ、サツマイモなどが被害を受ける。幼虫は葉と茎から、成虫は茎から吸汁し、大発生すると茎葉の成長が止まる。被害が多いのは6-9月である。タバコにも成虫は飛来し、根元の茎から吸汁し、また葉に産卵する場合があるが、孵化した幼虫は成長出来ず、実害はない。ホオズキカメムシ フレッシュアイペディアより)

  • 絵日記

    絵日記から見たアサガオアサガオ

    アサガオやヘチマなど夏休みの自由研究の課題として、選んだ植物や動物の観察記録を絵日記のかたちで書くこともある。絵日記 フレッシュアイペディアより)

  • キバナムギナデシコ

    キバナムギナデシコから見たアサガオアサガオ

    英語ではメドウサルシファイ、スノーウィーゴーツベアード、メドウゴーツベアードという別称がある。日本のアサガオのように朝の陽光でのみ、開花するため、Jack-go-to-bed-at-noonともいう。キバナムギナデシコ フレッシュアイペディアより)

  • シノニム

    シノニムから見たアサガオアサガオ

    ある同一と見なされた生物の分類群に付けられた学名が複数あるとき、これらはシノニムであるという。シノニムを和訳した「異名」(旧訳では同物異名)という語が使われることもある。例えば、アサガオの学名にはIpomoea nilやPharbitis nilがあり、これらはアサガオという1種を指す二つの名、すなわち片方はもう片方の別名であり、相互にシノニムの関係にある。しかし有効な学名は1つしか認められないので、基本的に先につけられた名(古参異名・先行異名/古参シノニム・先行シノニム)が有効になり、後からつけられた名(新参異名・後行異名/新参シノニム・後行シノニム)は無効となる。しかし実際にはこのような単純な例ばかりではなく、複数の学名が指すものが本当に同一種であるかどうかといった分類学的な意見の相違などもあり、どのシノニムが有効か研究者によって意見が異なる場合もある。シノニム フレッシュアイペディアより)

  • 茨城県立並木高等学校

    茨城県立並木高等学校から見たアサガオアサガオ

    DNA分析の手法による朝顔の色の研究で「日本学生科学賞」の茨城県議会議長賞を受賞茨城県立並木高等学校 フレッシュアイペディアより)

  • 加賀千代女

    加賀千代女から見たアサガオアサガオ

    朝顔を多く歌っていることから、出身地の旧松任市では市のシンボル、合併後の現・白山市では市の花に選ばれた。白山市では市民の栽培も盛んで、同市が毎年開く千代女あさがおまつりで花の出来映えが競われている。白山市中町の聖興寺に、遺品などを納めた遺芳館がある。加賀千代女 フレッシュアイペディアより)

  • 植木鉢

    植木鉢から見たアサガオアサガオ

    また日本の江戸時代は園芸が非常に興隆した時代であるが、地植えよりは鉢植えの文化であると言ってもよく、それは、小型の植物が多く愛好されたこと、花や葉の非常にデリケートな美が追求され、風雨から保護したり、屋内に取り込んだりしてじっくりと近くで花や葉を鑑賞する方向に育種が進んだからである。他にも当然移動が容易なことも大きい。参勤交代により常に自国と江戸を行き来しなければならない大名やその家臣にも花好きが多く、その都度移動できる鉢植えは便利であった。またしばしば行なわれた「花合わせ(品評会)」への出品のため、大阪から江戸へ朝顔の鉢植えを早荷で送った豪商の愛好家もいた。こうして鉢植えによる栽培は将軍、大名から庶民に至るまで幅広く行なわれていた。植木鉢 フレッシュアイペディアより)

  • 若名英治

    若名英治から見たアサガオアサガオ

    若名 英治(わかな えいじ、1870年4月4日(明治3年3月4日) - 1907年(明治40年)3月18日)は、日本の園芸家、アサガオ研究家。若名英治 フレッシュアイペディアより)

  • 反魂丹

    反魂丹から見たアサガオアサガオ

    龍脳、牽牛子、枳実、枳殻、胡黄連、丁子(丁香)、木香、黄芩、連翹、黄連、縮砂、乳香、陳皮、青皮、大黄、鶴虱、三稜、甘草、赤小豆、蕎麦、小麦、麝香、熊香、白丁香、雄黄、辰砂反魂丹 フレッシュアイペディアより)

114件中 21 - 30件表示

「アサガオの花情報」のニューストピックワード