84件中 31 - 40件表示
  • シカクマメ

    シカクマメから見たアサガオアサガオ

    近年は5月下旬〜6月にかけて苗の販売も各地のホームセンター等で行われており、成長期が盛夏と重なることから家庭菜園でも、より栽培しやすい状況となっている。だが、品種改良されたとはいえ、本州などでは寒さのため開花結実が芳しくない場合もあり注意が必要である。九州以北での開花結実とさやの収穫は8月下旬から9月〜10月に入ってからの場合が多い。開花後は比較的寒さに強く、10月以降アサガオやゴーヤなどの夏植物がしおれ始める最低気温摂氏十数度台の時期になっても、緑を保っている場合が多い(「緑のカーテン」としては長期間、場合によっては11月に入っても利用可能なため、この用途では好都合である)。シカクマメ フレッシュアイペディアより)

  • めぐーる

    めぐーるから見たアサガオアサガオ

    車両は、主に日野・ポンチョを使用している。松任・美川・尾口地域は、白山やアサガオ(旧松任市の推奨花で現在は白山市の花)のイラストをあしらったバスが走っている。このバスのデザインは、3地区の中学生から募集し選ばれた。めぐーる フレッシュアイペディアより)

  • 群馬県立太田高等学校

    群馬県立太田高等学校から見たアサガオアサガオ

    2007年度、エアコンの設置に伴い全校生徒に太田高校の校章が印刷されたエコバッグ(マイバッグ)とアサガオ、ニガウリの種を配布した。群馬県立太田高等学校 フレッシュアイペディアより)

  • ヒルガオ

    ヒルガオから見たアサガオアサガオ

    ヒルガオ(昼顔、学名Calystegia japonica、シノニムCalystegia pubescens他)は、ヒルガオ科の植物。アサガオ同様朝開花するが昼になっても花がしぼまないことからこの名がある。ヒルガオ フレッシュアイペディアより)

  • 鍋島直孝

    鍋島直孝から見たアサガオアサガオ

    杏葉館と号し、朝顔の栽培家として名を成した。嘉永7年、「朝顔三十六花撰」に序文を書いている。52歳(満50歳)で没し、江戸二本榎の広岳院に葬られた。鍋島直孝 フレッシュアイペディアより)

  • 植木鉢

    植木鉢から見たアサガオアサガオ

    また日本の江戸時代は園芸が非常に興隆した時代であるが、地植えよりは鉢植えの文化であると言ってもよく、それは、小型の植物が多く愛好されたこと、花や葉の非常にデリケートな美が追求され、風雨から保護したり、屋内に取り込んだりしてじっくりと近くで花や葉を鑑賞する方向に育種が進んだからである。他にも当然移動が容易なことも大きい。参勤交代により常に自国と江戸を行き来しなければならない大名やその家臣にも花好きが多く、その都度移動できる鉢植えは便利であった。またしばしば行なわれた「花合わせ(品評会)」への出品のため、大阪から江戸へ朝顔の鉢植えを早荷で送った豪商の愛好家もいた。こうして鉢植えによる栽培は将軍、大名から庶民に至るまで幅広く行なわれていた。植木鉢 フレッシュアイペディアより)

  • ナデシコ

    ナデシコから見たアサガオアサガオ

    江戸時代は平和な時代が続いたためもあり、史上空前の「園芸ブーム」を日本にもたらした。多くの花卉が栽培、育種され、ナデシコもその例にもれず観賞の対象となった。中国からのトコナツと在来のカワラナデシコが自然に交雑して豊かな変化を生じたともいわれ、一層の品種改良が進められ、宝暦年間にでた『絵本野山草』には「めづらしきなでしこ一重八重十重百重千重数百種あり。筆につくしがたく又なでしこにて撫子をはなれ物有」と記され、無数の品種が紹介されている。1838年には江戸でナデシコの花合せ(品評会)が開かれた記録があり、1863年には長谷静香によりナデシコの専門書「撫子培養手引草」が著わされるなど、ナデシコ栽培はキクやサクラソウ、ハナショウブ、アサガオなどと共に非常に盛んであった。ナデシコ フレッシュアイペディアより)

  • 青いバラ (サントリーフラワーズ)

    青いバラ (サントリーフラワーズ)から見たアサガオアサガオ

    西洋アサガオ・ヘブンリー・ブルーの開花中の花弁などの特殊な例を除いて植物の液胞内のpHは酸性である。アントシアニンは強酸性下では赤色を呈する。又、中性に近くなると赤紫色になる。そして、すべてのアントシアニンはアルカリ側では青色になる。このような一般的特徴を持つアントシアニンを青色に発色させる機構には様々なものがある。アントシアニジンの種類、アントシアニンの存在する植物細胞中の液胞のpH、金属イオンの種類や量、分子間またはアシル化による分子内でのコピグメント、超分子形成などが様々に関与しあっている。大きく分けて三種類あるアントシアニジンの中でもデルフィニジン系のアントシアニンは比較的酸性側でも青色である。青いバラの分子育種においては、アントシアニジンの種類の変化とアントシアニンのアシル化、母本に用いられたバラの液胞のpHが弱酸性であることによって青色を発色させている。青いバラ (サントリーフラワーズ) フレッシュアイペディアより)

  • 団十郎朝顔

    団十郎朝顔から見たアサガオアサガオ

    団十郎朝顔(だんじゅうろうあさがお)は、アサガオの一種。団十郎朝顔 フレッシュアイペディアより)

  • 朝日 奈央

    朝日奈央から見たアサガオアサガオ

    番組内でのイメージフラワーは「アサガオ」である。朝日奈央 フレッシュアイペディアより)

84件中 31 - 40件表示

「アサガオの花情報」のニューストピックワード

  • Grande お買い得キャンペーン

  • 経費精算ワークフロー for SuperStream−NX

  • Remote Service