114件中 31 - 40件表示
  • 惑星グロリエ

    惑星グロリエから見たアサガオアサガオ

    この惑星には独特な植物・動物の生態系が存在しているが、その1つに「プロト・ゾル」または「生命の花」(Flower of Life) とも呼ばれる、1本の枝に3つの花が咲く複数の対の茎を持つ、アサガオ科に似た蓮科植物の存在がある。惑星グロリエ フレッシュアイペディアより)

  • 道楽

    道楽から見たアサガオアサガオ

    江戸の道楽には「三大道楽」と呼ばれるものがあったといい、園芸道楽、釣り道楽、文芸道楽が挙げられる。園芸道楽は、初期はツバキとキクであったが、それにツツジ、アサガオ、ランが加わったという。大名たちなどは競い合うようにして庭園造りに熱中し、庭石や樹木が集められた。釣り道楽としては、ほんの軽いものであれば、中川に船を浮かべて、女衆とキスを釣った。(本格的には)泊まりがけで行くのが旦那衆の釣りだったという。文芸道楽では、俳諧、和歌、紀行文等々各ジャンルがあるが、奥が深く、さまざまな文人を生みだした。また、道楽というのは学問に極まるという。道楽は隠居してからが特に本格的になったという。道楽 フレッシュアイペディアより)

  • 鍋島直孝

    鍋島直孝から見たアサガオアサガオ

    杏葉館と号し、朝顔の栽培家として名を成した。嘉永7年、「朝顔三十六花撰」に序文を書いている。52歳(満50歳)で没し、江戸二本榎の広岳院に葬られた。鍋島直孝 フレッシュアイペディアより)

  • 民間薬

    民間薬から見たアサガオアサガオ

    よく知られているものには、腹壊しに使うセンブリ、整腸剤のキハダ(黄檗)、腹痛に使うゲンノショウコ、子供の引きつけに用いるユキノシタ、切り傷などに用いるアロエ(医者いらず)、虫さされやかゆみ止めのアサガオの葉、殺菌・消炎効果をもたらすものとして腫物にドクダミ・切り傷にヨモギ、喉の痛みにナンテン、痔にイチジクの葉、汗疹にモモの葉などがある。また、カキのようにへたはしゃっくり、葉は滋養強壮などと部位によって別の効力を有するものもある。民間薬 フレッシュアイペディアより)

  • シャクヤク

    シャクヤクから見たアサガオアサガオ

    牡丹が「花王」と呼ばれるのに対し、芍薬は花の宰相、「花相」と呼ばれる。ボタンが樹木であるのに対して、シャクヤクは草本である。そのため、冬には地上部が枯れてしまい休眠する。ボタンの台木として使用されるが、シャクヤク自体の花も美しく、中国の宋代には育種が始まった。江戸時代には「茶花」として鑑賞され、品種改良も行われた古典園芸植物でもある。また熊本藩では武士の素養として園芸を重要視し、奨励された。特に六種類の植物が盛んに栽培、育種され、これを「肥後六花」と総称するが、キク、朝顔、椿等と共にシャクヤクもそこに加わっている。この熊本で育種された系統を「肥後芍薬」と呼ぶ。これを含め日本のシャクヤクは一重咲きが中心で、特に雄蕊が大きく発達して盛り上がり花の中央部を飾るものが多く、全般にすっきりした花容である。この花型を「金蕊咲き」と呼び、海外では「ジャパニーズ・タイプ」と呼んでいる。シャクヤク フレッシュアイペディアより)

  • 真源寺

    真源寺から見たアサガオアサガオ

    万治2年(1659年)光長寺20世・日融が当地に法華宗本門流の寺院を開山したことによる。鬼子母神を祀っていることで、入谷鬼子母神の名称で有名な寺院である。大田南畝の狂歌「恐れ入りやの鬼子母神」という洒落も有名である。また、7月の七夕の前後に当寺院の境内で、朝顔市が開かれることで、入谷の名物であることはもとより、東京下町の夏の訪れを伝える行事として、全国的にも知られている。真源寺 フレッシュアイペディアより)

  • 入谷朝顔まつり

    入谷朝顔まつりから見たアサガオアサガオ

    入谷鬼子母神(いりやきしもじん)の境内とその付近の歩道で開催される朝顔祭りで、市の期間中にお参りすると朝顔の造花がついた子育お守りが貰えるという。およそ12万鉢の朝顔が並べられる。江戸時代の後期から行われていたが、2015年で復活してから66回目になる。入谷朝顔まつり フレッシュアイペディアより)

  • 花壇

    花壇から見たアサガオアサガオ

    また、桜草の場合は5段の棚を設け、各段に7鉢から8鉢の鉢植えを陳列する。屋根には耐水性と透光性のある油障子を使い、背景には障子を立てることもある。また両袖には袖垣を添える。この他朝顔や撫子等でも花壇が組まれ、鑑賞された。花壇 フレッシュアイペディアより)

  • 東京朝顔研究会

    東京朝顔研究会から見たアサガオアサガオ

    東京朝顔研究会(とうきょうあさがおけんきゅうかい)は、朝顔に関する研究、鑑賞について発達普及を図る目的で設立された任意団体。東京朝顔研究会 フレッシュアイペディアより)

  • ヒルガオ科

    ヒルガオ科から見たアサガオアサガオ

    ヒルガオ科 (Convolvulaceae) はナス目に含まれる科の一つで、ヒルガオ、アサガオ、サツマイモなどを含む。約50属1200種からなり、熱帯・亜熱帯を中心に世界的に分布する。日本には5属10種ほどが自生する。ヒルガオ科 フレッシュアイペディアより)

114件中 31 - 40件表示

「アサガオの花情報」のニューストピックワード