84件中 41 - 50件表示
  • 工藤平助

    工藤平助から見たアサガオアサガオ

    次女/しず子(? ? 1790年)…雨森家に嫁す。朝顔工藤平助 フレッシュアイペディアより)

  • 園芸

    園芸から見たアサガオアサガオ

    歴史的に見ると、古代においては園芸は農業となんら変わるものではなかった。つまりもともと食糧や実用として栽培されていた植物を、次第に視覚や嗅覚の充足のため、つまり実用と食欲以外の人間の精神的欲求を満たすために栽培するようになったことが園芸の始まりであろう。やがて都市が発達するとともに、建築と合わせて庭園が生まれ、園芸はそこに取り込まれ、長い間庭園術の支配下に置かれた。しかし、「育種」によって園芸植物に品種が多くなり、庭園よりもより個々の植物に視点が集中したり、植木鉢の登場によって園芸植物を庭園から切り離すことが可能になると、園芸は次第に農業の範疇や庭園術の束縛から離れて、一つの文化として成り立つようになる。日本においてはそれが特に顕著に見られ、江戸時代になると園藝が非常に発達するが、当時は「樹藝」あるいは「農藝」という語が普通であり、すでに農業の一分野というよりも芸道、または娯楽のひとつとしてとらえられていた。日本最古の園芸書である「花壇綱目」(水野勝元著・1681年 {天和元年} 刊)にも、園芸を武道や詩歌、音楽などの諸芸道と同等の存在として列する著述がみられる。その後キク、ツツジ、サクラソウ、アサガオ、ハナショウブ、ツバキ、マツバラン、オモト、長生蘭、富貴蘭などの育種や盆栽の技術が進み、これらを美術品のように扱うのが当たり前になり、更なる美が追求されると共に園芸はますます芸道化され、新品種が高額で取引されたり、同好者たちの間で家元制的な組織も生まれた。また、中国では宋の頃からシュンランの栽培にあたって文人思想が反映されるなど、園芸においては植物の栽培、育種に人間の精神性が要求されたり、時代ごとの思潮や美意識が反映されて来た。園芸 フレッシュアイペディアより)

  • 朝

    から見たアサガオアサガオ

    アサガオは朝に開花して、昼前にはしぼむ。紫陽花の花は六月頃の朝にしか咲かない。 フレッシュアイペディアより)

  • 禹長春

    禹長春から見たアサガオアサガオ

    卒業後、農林省西ヶ原農事試験所(東京都北区西ヶ原)に就職。朝顔の遺伝研究などに没頭した。1924年、隣家の家庭教師が縁で新潟県出身の日本人女性・渡辺小春と結婚。当時の状況から父の恩人で朝鮮人亡命者を支援していた須永家に養子に入った。生まれてくる子供達は日本名を名乗らせ日本人として育てる決意をした。自身の日本名も須永長春となったが、この後生涯にわたり自身は名を禹長春のまま通した。禹長春 フレッシュアイペディアより)

  • ペオニジン

    ペオニジンから見たアサガオアサガオ

    ペオニジン(Peonidin)は、O-メチル化アントシアニジンであり、植物の主要な色素である。ペオニジンは、名前の元となったボタン科(peony)やバラ等の花に赤紫色を与え、またアサガオ等の花に青色を与える。ペオニジン フレッシュアイペディアより)

  • ダム穴

    ダム穴から見たアサガオアサガオ

    グローリーホールは、放水路へとつながる円筒形の管が水中(湖底)から立ち上がった構造をしている。流入部は真上に向けられており、その形状は楽器のラッパ、もしくは逆さにした釣鐘(英: inverted bell)にも見え、特にアサガオ(英: morning glory)の花に似ていることからグローリーホール、モーニング・グロリーぜきといった名前がある。また直線の刃形ぜきを丸めた円筒形状から円筒形刃形ぜきともいう。これらは水位が流入部の堤頂を越えたとき、周囲から中心部(クロッチという)に向かって水がいっせいに流れ込む。このとき水は互いに衝突し合い、クロッチの直上に泡(ボイルという)が発生する。水は内部を垂直に落下し、放水路を通じて下流に放流される。運用面では管路につまりができないよう、ごみの流入や凍結などに注意を払う必要がある。ダム穴 フレッシュアイペディアより)

  • チョウセンアサガオ

    チョウセンアサガオから見たアサガオアサガオ

    和名のチョウセンは特定の地域を表すものではなく、単に海外から入ってきたものの意味とされる。また、アサガオの名を冠してはいるがヒルガオ科ではない。単に花がアサガオに似ていることによる命名である。チョウセンアサガオ フレッシュアイペディアより)

  • 緑のカーテン

    緑のカーテンから見たアサガオアサガオ

    植物は主につる植物が用いられ、支柱に絡ませたり外壁やネットに這わせたりして栽培する。秋には葉を落とす落葉性の植物が用いられることが多い。常緑性の植物も利用できるが、その場合は冬季も遮光効果を発揮してしまうという難点がある。遮光の目的から、葉がよく茂り高く這い登るツタやキヅタなどの植物が多く選ばれるが、家庭や学校では、鑑賞や生育観察、収穫等の目的を兼ねてアサガオやキュウリ、トマトなども使われる。最近では、比較的病害虫に強く栄養価も高いことなどからゴーヤーも用いられている。緑のカーテン フレッシュアイペディアより)

  • フクロモモンガ

    フクロモモンガから見たアサガオアサガオ

    スイセン、チューリップ、アジサイ、アサガオ、スズラン、ニラ、ネギ、タマネギ、ジャガイモの芽など。フクロモモンガ フレッシュアイペディアより)

  • ヒルガオ科

    ヒルガオ科から見たアサガオアサガオ

    ヒルガオ科 (Convolvulaceae) はナス目に含まれる科の一つで、ヒルガオ、アサガオ、サツマイモなどを含む。約50属1200種からなり、熱帯・亜熱帯を中心に世界的に分布する。日本には5属10種ほどが自生する。ヒルガオ科 フレッシュアイペディアより)

84件中 41 - 50件表示

「アサガオの花情報」のニューストピックワード

  • Grande お買い得キャンペーン

  • 経費精算ワークフロー for SuperStream−NX

  • Remote Service