114件中 51 - 60件表示
  • パーミャチ・メルクーリヤ (防護巡洋艦)

    パーミャチ・メルクーリヤ (防護巡洋艦)から見たアサガオアサガオ

    艦橋部分には姉妹艦各艦の特徴が表れているが、上の櫓状の構造物が「パーミャチ・メルクーリヤ」の特徴であった。これは同時期に建造された「エフスターフィイ」級艦隊装甲艦の同じ装置に類似した構造になっており、異なる装置を持っていたそれぞれの原型艦から共通する思想・目的で設計変更されたことが伺える。艦長艦橋の基本構造は、姉妹艦のすべてで共通していた。その最前部は楕円形の断面を持ったになっており、防禦装甲に覆われていた。その後方は航行司令塔となっていた。就役後に、「パーミャチ・メルクーリヤ」では船首の艦長艦橋、戦闘司令塔上の櫓状の測距司令塔ならびに船尾艦橋台座上に近代的な測距儀が装備されている。一方、姉妹艦「オチャーコフ」には当初小屋形の操艦司令塔が設置されていたが、叛乱鎮圧後の修理を経た就役時には「パーミャチ・メルクーリヤ」に似た形状の測距司令塔が設置されたがすぐに撤去されて扁平なだけになっており、1917年の改修工事を終えた時点で台形の構造物が設置された。バルト艦隊向けの「ボガトィーリ」級にも、就役時には小屋形の操艦司令塔が設置されていた。「オレーク」では日露戦争後にこれを撤去して円筒形の測距司令塔が設置され、「ボガトィーリ」では1917年の改修工事で撤去されるまで小屋形艦橋が残されていた。なお、その撤去後に「ボガトィーリ」には「パーミャチ・メルクーリヤ」のそれに似た測距指令とうが設置されているが、設置場所は戦闘司令塔上ではなく航行司令塔上になっている。羅針盤は、艦長艦橋と船尾艦橋の両方に設置されている。「オチャーコフ」には伝統的な朝顔形の機関・ボイラー換気帽が使用されていたが、「パーミャチ・メルクーリヤ」にはよりコンパクトな茸形の排気転向装置が使用されていた。海軍技術委員会は艦載砲の口径統一を最重視することとし、重量がかさばり門数を揃えられない 203 mm 砲の採用を中止して全門で口径を統一できるものとしては最も大きい 152 mm 砲を採用した。海軍技術委員会は、射撃速度が上回れば発射速度が遅く搭載門数も少ない大口径砲を用いた場合より発射される砲弾総量が増え、敵艦に与える損害はより大きくなると考えたのである。 提督や S・O・マカーロフ提督といった当時のロシア帝国海軍の高名な教育者は口径の大きさを重視し大口径砲の採用を提唱していたが、アレクセイ・アレクサンドロヴィチ大公は彼らの意見をまったく考慮に入れず、小口径でも搭載数で優る 152 mm 砲が、搭載数で劣る 203 mm 砲を圧倒すると考えていた。このあとでロシア帝国海軍の方針は一転した。ロシアでは「カグール」級が最後の 1 等防護巡洋艦となりそれ以降の 1 等巡洋艦はすべて装甲巡洋艦となった。次に配備した「バヤーン」は「ボガトィーリ」級の前の量産型巡洋艦「ヂアーナ」級の欠陥を補って設計された装甲巡洋艦であったが、排水量は「カグール」級とほとんど同じ 7000 t 級であったのに対して武装は 203 mm 砲 2 門と中・小口径砲を混載する設計を採用した。結局、「ボガトィーリ」級・「カグール」級の選択は不適格であった。第一次世界大戦中には、武装と速力で優る強力な敵艦に少しでも対抗できるようにするために 203 mm 砲を搭載する改修案も検討されている。パーミャチ・メルクーリヤ (防護巡洋艦) フレッシュアイペディアより)

  • 茎

    から見たアサガオアサガオ

    細長く強靭で、木質化した場合でも柔軟であるが、自立することはできず、他者に巻きつく(アサガオなど)ことや、へばりつく(ツタなど)ことで体を支える。蔓が巻き付く場合、右巻き/左巻きのどちらになるかは大抵は決まっているが、ツルニンジンなどのようにどちらでも巻き付くものもある。 フレッシュアイペディアより)

  • 朝顔形埴輪

    朝顔形埴輪から見たアサガオアサガオ

    朝顔形埴輪(あさがおがたはにわ)とは埴輪の一種であり、器台の上に壺を載せた形状をしており、上部は口縁部が大きく朝顔の花が開いたようにラッパ状に広がっている。朝顔形埴輪 フレッシュアイペディアより)

  • エピジェネティクス

    エピジェネティクスから見たアサガオアサガオ

    分子レベルの機構として、他の生物群と同じようにDNAメチル化・ヒストンの化学的修飾・非翻訳性RNAによる制御が知られており、特にRNA指令型DNAメチル化(後述)は植物分野で活発に研究が進められてきた。アサガオの花の絞り模様(トランスポゾンとサイレンシング)・シロイヌナズナの春化と開花時期(DNAメチル化とヒストン修飾)・イネの冠水ストレス反応(ヒストン修飾)などが、植物でエピジェネティックな過程によって影響を受けている例として明らかになっている。また系統的に大きく離れているために詳細は違うといえ、被子植物におけるゲノムインプリンティングは、哺乳類の場合と同じくDNAメチル化標識を利用している。エピジェネティクス フレッシュアイペディアより)

  • 寿命

    寿命から見たアサガオアサガオ

    祖先種においてたまたま(生理的)寿命があるものができ、それが特に(遺伝子の)生存に不利でなかったためたまたま創始者効果で広まったという説(つまり寿命に意義はない)。この例としては一年生(一回開花性)草本の寿命が上げられる。一年生草本では開花条件を満たすと開花結実し枯死するが、開花条件を満たさないと生存に適当な環境では長期間生残するもの(つまり生理的寿命が認められない。例:アサガオやコリウスの多く)と、開花に不適な条件でも展葉枚数(葉齢)が一定数以上に達すると開花結実枯死のプロセスが止まらなくなるもの(つまり生理的寿命がある。例:シロイヌナズナCol-0系統やトウモロコシの多くの系統)がある。自然条件ではどちらも開花条件を満たす→開花枯死となるので生理的寿命の有無は遺伝子の生存や増加にはほとんど影響を及ぼさないであろう。上記のゾウリムシやパン酵母の例でも生存(分裂)に適した条件で接合相手が居ないことはごく低確率である、パン酵母では分裂した片方の細胞である母細胞は老化するがもう片方の娘細胞は若返る、アユのように動物では生理的寿命は生態的寿命より大幅に長いことが多いなど、生理的寿命の有無や長さは遺伝子の生存や増加には影響を及ぼしていないのではないかと思われる例が多い。ただし、この説では老化課程における遺伝子発現が整然としている、つまり積極的なプロセスに見える事象が多いことが説明が付かない。これに対しては、寿命を獲得した偶然は遺伝子の単なる故障ではないのではないか、という反論がある。例えばホヤ類では岩に固着するホヤ成体には生理的寿命が認められた種はないが、その分散形態であり運動性のあるオタマジャクシのような幼生には生理的寿命がある(時期が来ると岩に固着して変態し、脊索その他運動に必要な部分を捨て去る)。この変態はもちろん積極的な整然とした遺伝的プロセスであろう。その幼体が幼形成熟により、運動性形態のまま性成熟するようになったものがオタマボヤではないかとされている。そして同じ脊索動物(尾索動物)でありながらオタマボヤには生理的寿命がある。オタマボヤは脊椎動物に非常に近縁とされ、全ての脊椎動物には生理的寿命があるとされている。上記から、脊椎動物に生理的寿命があるのは祖先となったホヤ幼生の運動部分に寿命があったためという偶然と創始者効果のためであるという仮説が成り立つ(ただし、それぞれの分類群の分岐や着生ホヤの生理的寿命の有無を含め異論が多いことに注意)。老化→死に至る遺伝的なプロセスに整然としている部分が多いことも説明が付く。この仮説に従えば、上記の一年草の生理的寿命(開花スイッチが葉齢によっても入るようになっただけ)はもちろん、動物の別の分類群、例えば昆虫などの節足動物(脱皮動物)の寿命は別途獲得されたことになる。ちなみに最近の研究では昆虫種の多くでは体細胞にもテロメラーゼが常時発現したりテロメラーゼとは異なる機構でテロメアを延伸していること(線虫(C. elegance。脱皮動物に含まれる)でも同様)、体細胞でも分裂の有限性は認められないことが昔から知られていること、なことなどから、脊椎動物の生理的寿命とは起源が異なることが強く示唆されている。寿命 フレッシュアイペディアより)

  • 盆燈籠

    盆燈籠から見たアサガオアサガオ

    竹を逆六角錐のアサガオ型に組んだものの側面に、赤・青・黄などの色紙を貼って作る。燈籠の色にはこの世の無常が込められているともされる。六角錐の側面のうち1面は上辺だけ貼っておいて下部を空けてあり、これを「窓」と呼ぶ。さらに、六角形の頂点から「房かざり」や「そうめん」といった装飾をつける。かつては茄子の切り端に芯を挿し、ろうそくを点していたが、火災の危険から行われなくなった。なお初盆(新盆)の霊には色紙や装飾は用いず、白い紙のみの盆燈籠(白燈籠)を供える。いずれも高価なものではなく、一般的なもので1本あたり千円程度。盆燈籠 フレッシュアイペディアより)

  • 鳶職

    鳶職から見たアサガオアサガオ

    祭礼時に祭、縁日、市(酉の市、だるま市、羽子板市、朝顔市)の境内、参道、門前町などで寺社との取り交わしにより神託を受け(熊手、達磨、羽子板、朝顔)などを売る(的屋と同じ)ものも多い。鳶職 フレッシュアイペディアより)

  • バルチェ

    バルチェから見たアサガオアサガオ

    アサガオの一種であるタービナ・コリボサの蜂蜜からつくられる酒xtabentúnと近い関係にある。バルチェ フレッシュアイペディアより)

  • つる割病

    つる割病から見たアサガオアサガオ

    つる割病(つるわれびょう)とは、植物の病害の一種。主に、キュウリやスイカなどウリ科の植物やアサガオ、サツマイモなどにフザリウム属の病原菌Fusarium oxysporumが感染、発病する。つる割病 フレッシュアイペディアより)

  • 七草

    七草から見たアサガオアサガオ

    「朝貌の花」が何を指すかについては、朝顔、木槿(むくげ)、桔梗、昼顔など諸説あるが、桔梗とする説が最も有力である。七草 フレッシュアイペディアより)

114件中 51 - 60件表示

「アサガオの花情報」のニューストピックワード