114件中 61 - 70件表示
  • 島津忠重

    島津忠重から見たアサガオアサガオ

    また、忠重の四男である柳沢斉徳は大学で朝顔の品種改良に取り組み、二日咲き朝顔や匂い朝顔の研究に力を注いだという。島津忠重 フレッシュアイペディアより)

  • ススキ

    ススキから見たアサガオアサガオ

    日本語では、ススキの穂は、それを動物の尾に見立てて尾花(おばな)と呼ぶことがあり、ススキ自体もそのように呼ばれることがある。この「尾花」はススキおよびススキの穂を意味する古名であり、奈良時代初期の歌人・山上憶良が『万葉集』(巻八 1538)にて「萩の花 尾花 葛花 撫子の花 女郎花 また 藤袴 朝顔の花」と詠んだように、古来、秋の七草の一つに数えられている。ススキ フレッシュアイペディアより)

  • ユウガオ

    ユウガオから見たアサガオアサガオ

    夏の夕方に開いた白い花が翌日の午前中にしぼんでしまうことからアサガオ・ヒルガオ・ヨルガオに対して命名された名であるが、アサガオ・ヒルガオ・ヨルガオはいずれもヒルガオ科の植物であり、直接の類縁関係はない。ヨルガオがユウガオと呼ばれる事もある。ユウガオ フレッシュアイペディアより)

  • スカート

    スカートから見たアサガオアサガオ

    ぴったりしたウエストから裾へ波打ってアサガオの花びらのように広がりのある形のスカート。フレアに比べて広がりの抑えられたものはセミフレアとなる。スカート フレッシュアイペディアより)

  • 緑のカーテン

    緑のカーテンから見たアサガオアサガオ

    植物は主につる植物が用いられ、支柱に絡ませたり外壁やネットに這わせたりして栽培する。秋には葉を落とす落葉性の植物が用いられることが多い。常緑性の植物も利用できるが、その場合は冬季も遮光効果を発揮してしまうという難点がある。遮光の目的から、葉がよく茂り高く這い登るツタやキヅタなどの植物が多く選ばれるが、家庭や学校では、鑑賞や生育観察、収穫等の目的を兼ねてアサガオやキュウリ、トマトなども使われる。最近では、比較的病害虫に強く栄養価も高いことなどからツルレイシ(ニガウリ、ゴーヤー)も用いられている。栽培される植物は、一年草ではヘチマ、キュウリ、アサガオ、ユウガオなど、多年草ではキウイ、クレマチス、フジ、ブドウ、ホップ(セイヨウカラハナソウ)などである。緑のカーテン フレッシュアイペディアより)

  • 紫

    から見たアサガオアサガオ

    アントシアニンは紫キャベツの葉のみならず、黒豆、ブルーベリーやアサガオの花弁など多くの植物に含まれている。アジサイの花弁にも含まれており、土壌のpHやアルミニウムイオン濃度などによって花弁の色は異なる。 フレッシュアイペディアより)

  • 栄養素 (植物)

    栄養素 (植物)から見たアサガオアサガオ

    アサガオを用いた研究で、植物体内のMgの分布について興味深い事実が発見されている。第一に、Mg濃度は根から地上部の頂芽にかけて次第に高くなり、頂芽での濃度は根での2倍以上に達する。第二に、アサガオの若い組織での濃度は、根のそれとは異なり一日を通して変化し、日中に高くなる。第三に、栄養成長期には茎頂先端部の中央帯にMgは集積される。この時期に幹細胞での活発な細胞発生にMgが要求されることが示唆されている。最後に、花芽が誘導されるとき、中央帯は周りの組織から隔離されてMg濃度は減少する。この濃度低下により、花成に関連する遺伝子や酵素が働き始めると予想されている。栄養素 (植物) フレッシュアイペディアより)

  • 禹長春

    禹長春から見たアサガオアサガオ

    卒業後、農林省西ヶ原農事試験所(東京都北区西ヶ原)に就職。朝顔の遺伝研究などに没頭した。1924年、隣家の家庭教師が縁で新潟県出身の日本人女性・渡辺小春と結婚。当時の状況から父の恩人で朝鮮人亡命者を支援していた須永家に養子に入った。生まれてくる子供達は日本名を名乗らせ日本人として育てる決意をした。自身の日本名は須永長春。禹長春 フレッシュアイペディアより)

  • 源覚寺 (文京区)

    源覚寺 (文京区)から見たアサガオアサガオ

    当寺院は、寛永元年(1624年) に定誉随波上人(後に増上寺第18世)によって創建された。本尊は阿弥陀三尊(阿弥陀如来、観音菩薩、勢至菩薩)。特に徳川秀忠、徳川家光から信仰を得ていた。江戸時代には四度ほど大火に見舞われ、特に天保15年(1848年)の大火では本堂などがほとんど焼失したといわれている。しかし、こんにゃくえんま像や本尊は難を逃れた。再建は明治時代になったが、その後は、関東大震災や第二次世界大戦からの災害からも免れられた。しかし老朽化が進み現在の本堂は1979年に再建されたものである。また当寺院は小石川七福神のひとつで毘沙門天も祀っている。また例年7月にはほおずき市が開かれ多くのものが訪れる。(近隣の伝通院の朝顔市とともに知られる)源覚寺 (文京区) フレッシュアイペディアより)

  • 恒星船

    恒星船から見たアサガオアサガオ

    ダイソン球と呼ばれる、恒星を巨大な人工構造物で覆って、恒星から発生するエネルギーを利用する超巨大な構造物のアイデアがあるが、これを利用して恒星の発するエネルギーをすべて反物質製造に費やせるなら、数年?数十年程度で恒星間航行に必要な動力が得られると云う計算がある。そこまで大掛かりな装置で無くとも、公転軌道上に直径750m程の大きな粒子加速器付きの人工惑星(形状としては、太陽に向いた巨大アサガオのような物)を200個設置すれば、約20年程で恒星間航行が可能になるのに十分な反物質20トンが蓄えられるという。恒星船 フレッシュアイペディアより)

114件中 61 - 70件表示

「アサガオの花情報」のニューストピックワード