前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9
86件中 1 - 10件表示
  • アサガオ

    アサガオから見た加賀千代女

    朝顔に つるべ取られて もらひ水(加賀千代女アサガオ フレッシュアイペディアより)

  • アサガオ

    アサガオから見た鍋島直孝

    「朝顔三十六花撰」萬花園主人(横山正名)画。江戸時代の嘉永7年に横山正名(1833年?1908年)が描いた36種の突然変異体の図譜。鍋島直孝が序文を書いている。。アサガオ フレッシュアイペディアより)

  • アサガオ

    アサガオから見た千利休

    朝顔の茶会…千利休は満開のアサガオを一輪を残して全て摘み取り、見物に来た豊臣秀吉を迎えた。秀吉はいぶかしんだが、茶席に生けられた一輪の朝顔に感動したと伝えられる。利休が茶の心を示した故事である。アサガオ フレッシュアイペディアより)

  • アサガオ

    アサガオから見た豊臣秀吉

    朝顔の茶会…千利休は満開のアサガオを一輪を残して全て摘み取り、見物に来た豊臣秀吉を迎えた。秀吉はいぶかしんだが、茶席に生けられた一輪の朝顔に感動したと伝えられる。利休が茶の心を示した故事である。アサガオ フレッシュアイペディアより)

  • アサガオ

    アサガオから見た

    は大きく開いた円錐形で、真夏に開花する。1つの花は,外側からがく5、花弁5、おしべ5、めしべ1を有する。5枚の漏斗状の花弁は融合している。子房は3つの子房室からなり、各子房室には2つの胚珠がつくられる。アサガオ フレッシュアイペディアより)

  • アサガオ

    アサガオから見たツバキ

    上記とは別に、熊本藩では武士たちによる園芸が盛んで、朝顔も花菖蒲や菊、芍薬、椿、山茶花などと共に愛好されており、盛んに育種されて独自の系統が生まれた。この花は変化朝顔とは違い、本来の朝顔の花型を保ち、大輪であり、「肥後朝顔」と呼ばれる。これが後世の大輪朝顔の祖先の一つになった。これら熊本の六種類の園芸植物は現在「肥後六花」と総称され、熊本に伝えられている。アサガオ フレッシュアイペディアより)

  • アサガオ

    アサガオから見た森林

    沖縄県原産で、同県では低地の森林や藪にごく普通に分布する野生種である。多年生・宿根性で、関東以南では越冬して成長し古い茎はやや木質化する。ノアサガオの園芸品種が「琉球アサガオ」「オーシャンブルー」「宿根アサガオ」など多くの異なる名称で販売されている。草勢はきわめて強健で、蔓は数mの高さにまで伸び、垣根や家の壁面などをカーテン状に覆い尽くす。葉もアサガオより大きく、掌大のハート形で、花は多数が房咲きし壮観である。時刻と気温によって花の色が変化し、早朝は青く昼は紫になる。結実しにくいので挿し木で繁殖させるが、夏から秋に古い蔓を30cmほどに切って浅く植えると簡単に根付き、繁殖は容易である。暖地なら露地でも越冬するが、0℃以下だと株が凍死するので鉢上げして室内に取り込む。アサガオ フレッシュアイペディアより)

  • アサガオ

    アサガオから見た愛好会

    明治時代以降も変化朝顔は発展して、「東京朝顔会」などの愛好会が生まれ、もてはやされた。この頃にはあまりな多様性よりも花型の洗練が追求され、対象となる花型が絞られた。当時の名花は石版画や写真として残されている。アサガオ フレッシュアイペディアより)

  • アサガオ

    アサガオから見たハナショウブ

    上記とは別に、熊本藩では武士たちによる園芸が盛んで、朝顔も花菖蒲や菊、芍薬、椿、山茶花などと共に愛好されており、盛んに育種されて独自の系統が生まれた。この花は変化朝顔とは違い、本来の朝顔の花型を保ち、大輪であり、「肥後朝顔」と呼ばれる。これが後世の大輪朝顔の祖先の一つになった。これら熊本の六種類の園芸植物は現在「肥後六花」と総称され、熊本に伝えられている。アサガオ フレッシュアイペディアより)

  • アサガオ

    アサガオから見た中国

    種子は「牽牛子」(けんごし)と呼ばれる生薬で、日本薬局方にも収録されている。中国の古医書『名医別録』では、牛を牽いて行き交換の謝礼したことが名前の由来とされている。アサガオ フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9
86件中 1 - 10件表示

「アサガオの花情報」のニューストピックワード