103件中 21 - 30件表示
  • アサガオ

    アサガオから見た花弁

    花は大きく開いた円錐形で、真夏に開花する。1つの花は,外側からがく5、花弁5、おしべ5、めしべ1を有する。5枚の漏斗状の花弁は融合している。子房は3つの子房室からなり、各子房室には2つの胚珠がつくられる。アサガオ フレッシュアイペディアより)

  • アサガオ

    アサガオから見た武士

    上記とは別に、熊本藩では武士たちによる園芸が盛んで、朝顔も花菖蒲や菊、芍薬、椿、山茶花などと共に愛好されており、盛んに育種されて独自の系統が生まれた。この花は変化朝顔とは違い、本来の朝顔の花型を保ち、大輪であり、「肥後朝顔」と呼ばれる。これが後世の大輪朝顔の祖先の一つになった。これら熊本の六種類の園芸植物は現在「肥後六花」と総称され、熊本に伝えられている。アサガオ フレッシュアイペディアより)

  • アサガオ

    アサガオから見た遺伝学

    多様な遺伝子変異を持つアサガオは、早くから遺伝学研究の対象となり、遺伝子配列が知られていた。現在も遺伝学の研究材料として用いられている。アサガオ フレッシュアイペディアより)

  • アサガオ

    アサガオから見た遺伝子組み換え

    現在は、江戸時代に作られたとされる「黄色の朝顔」と「黒色の朝顔」の再現が度々試みられているが、完璧な再現に至っていない。このため「黄色の朝顔」は「黒色の朝顔」と並び、「幻の朝顔」と呼ばれる(ただし、昭和40年代に再現が試みられ成功し、NHKのニュース番組でも報道されたが、その後は絶えた模様である。ただし、黒や黄色に近い品種は存在する。黒色に最も近いといわれるものとして「黒王」という品種があり、黄色を求める試行の後に出来上がった品種の代表として最も有名なものに「右近」がある。2014年、サントリーグローバルイノベーションセンター、基礎生物学研究所、鹿児島大学の合同チームが、キンギョソウから黄色色素オーロンの遺伝子を導入することで初めて黄色い朝顔を開花させることに成功した。アサガオ フレッシュアイペディアより)

  • アサガオ

    アサガオから見た

    は広三尖形で細毛を有する。アサガオ フレッシュアイペディアより)

  • アサガオ

    アサガオから見た瀉下薬

    粉末にして下剤や利尿剤として薬用にする。煎液にしても効かない。種子は煮ても焼いても炒っても効能があるものの毒性が強く、素人判断による服用は薦められない。アサガオ フレッシュアイペディアより)

  • アサガオ

    アサガオから見た日比谷公園

    日比谷公園「超大輪朝顔展」 - 毎年7月末〜8月初旬アサガオ フレッシュアイペディアより)

  • アサガオ

    アサガオから見たがく

    花は大きく開いた円錐形で、真夏に開花する。1つの花は,外側からがく5、花弁5、おしべ5、めしべ1を有する。5枚の漏斗状の花弁は融合している。子房は3つの子房室からなり、各子房室には2つの胚珠がつくられる。アサガオ フレッシュアイペディアより)

  • アサガオ

    アサガオから見た品種改良

    江戸時代の2度の朝顔ブームを機に品種改良が大きく進んで観賞用植物となり、木版の図譜類も多数出版された。この時代には八重咲きや花弁が細かく切れたり、反り返ったりして本来の花型から様々に変化したものが生まれ、世間の注目を浴びた。これを現在では「変化朝顔(へんげあさがお)」と呼び、江戸、上方を問わず非常な流行を見た。特に珍しく美しいものは、オモトや菊などと同様、非常な高値で取り引きされた。「大輪朝顔」も「正木」と呼ばれる結実する変化朝顔の一種である。江戸時代の変化朝顔ブームは、文化・文政期(1804年-1830年)、嘉永・安政期(1848年-1860年)にあり、幕末には約1200系統が作られた。ブームの発端は、文化3年(1806年)の江戸の大火で下谷に広大な空き地ができ、そこに下谷・御徒町村付近の植木職人がいろいろな珍しい朝顔を咲かせたことによる。その後、趣味としてだけでなく、下級武士の御徒が内職のひとつとして組屋敷の庭を利用して朝顔栽培をするようにもなった。アサガオ フレッシュアイペディアより)

  • アサガオ

    アサガオから見た国立歴史民俗博物館

    国立歴史民俗博物館くらしの植物苑「伝統の朝顔展」アサガオ フレッシュアイペディアより)

103件中 21 - 30件表示

「アサガオの花情報」のニューストピックワード