86件中 51 - 60件表示
  • アサガオ

    アサガオから見た入谷朝顔市

    また珍奇な品種は愛好家たちが門外不出として秘蔵していたが、普通の品種は植木市や天秤棒を担いだ朝顔売りから購入することができた。こういった一般販売用の朝顔は、江戸では御家人などが内職として栽培していた。これが発展して、明治時代初期から入谷朝顔市が始まった。アサガオ フレッシュアイペディアより)

  • アサガオ

    アサガオから見たムクゲ

    なお、遣唐使が初めてその種を持ち帰ったのは、奈良時代末期ではなく、平安時代であるとする説もある。この場合、古く万葉集などで「朝顔」と呼ばれているものは、本種でなく、キキョウあるいはムクゲを指しているとされる。アサガオ フレッシュアイペディアより)

  • アサガオ

    アサガオから見た円錐

    花は大きく開いた円錐形で、真夏に開花する。1つの花は,外側からがく5、花弁5、おしべ5、めしべ1を有する。5枚の漏斗状の花弁は融合している。子房は3つの子房室からなり、各子房室には2つの胚珠がつくられる。アサガオ フレッシュアイペディアより)

  • アサガオ

    アサガオから見たヒルガオ科

    アサガオ(朝顔、牽牛花、蕣、学名: 、)は、ヒルガオ科サツマイモ属の一年性植物。日本で最も発達した園芸植物。古典園芸植物のひとつでもある。アサガオ フレッシュアイペディアより)

  • アサガオ

    アサガオから見た遣唐使

    日本への到来は、奈良時代末期に遣唐使がその種子を薬として持ち帰ったものが初めとされる。アサガオの種の芽になる部分には下剤の作用がある成分がたくさん含まれており、漢名では「牽牛子(けんごし)」と呼ばれ、奈良時代、平安時代には薬用植物として扱われていた。和漢三才図絵には4品種が紹介されている。アサガオ フレッシュアイペディアより)

  • アサガオ

    アサガオから見た薬局方

    種子は「牽牛子」(けんごし)と呼ばれる生薬で、日本薬局方にも収録されている。中国の古医書『名医別録』では、牛を牽いて行き交換の謝礼したことが名前の由来とされている。アサガオ フレッシュアイペディアより)

  • アサガオ

    アサガオから見たサツマイモ属

    アサガオ(朝顔、牽牛花、蕣、学名: 、)は、ヒルガオ科サツマイモ属の一年性植物。日本で最も発達した園芸植物。古典園芸植物のひとつでもある。アサガオ フレッシュアイペディアより)

  • アサガオ

    アサガオから見た万葉集

    なお、遣唐使が初めてその種を持ち帰ったのは、奈良時代末期ではなく、平安時代であるとする説もある。この場合、古く万葉集などで「朝顔」と呼ばれているものは、本種でなく、キキョウあるいはムクゲを指しているとされる。アサガオ フレッシュアイペディアより)

  • アサガオ

    アサガオから見たシャクヤク

    上記とは別に、熊本藩では武士たちによる園芸が盛んで、朝顔も花菖蒲や菊、芍薬、椿、山茶花などと共に愛好されており、盛んに育種されて独自の系統が生まれた。この花は変化朝顔とは違い、本来の朝顔の花型を保ち、大輪であり、「肥後朝顔」と呼ばれる。これが後世の大輪朝顔の祖先の一つになった。これら熊本の六種類の園芸植物は現在「肥後六花」と総称され、熊本に伝えられている。アサガオ フレッシュアイペディアより)

  • アサガオ

    アサガオから見た台東区

    複数の自治体がアサガオを市区町村の花としている。 - 東京都台東区、武蔵野市、横浜市旭区 など。アサガオ フレッシュアイペディアより)

86件中 51 - 60件表示

「アサガオの花情報」のニューストピックワード