アサファ・パウエル ニュース&Wiki etc.

アサファ・パウエル(Asafa Powell, 1982年11月23日 - )は、ジャマイカの陸上選手である。種目は主に100m中心。身長190cm、体重88kg。ジャマイカ・セント・キャサリン教区出身。元世界記録保持者。 (出典:Wikipedia)

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「アサファ・パウエル」のつながり調べ

  • ニッケル・アシュミード

    ニッケル・アシュミードから見たアサファ・パウエル

    6月のジャマイカ選手権男子100m決勝で自己ベスト(9秒90)に迫る9秒91(+0.9)をマークしたものの、アサファ・パウエル(9秒84)に次ぐ2位で2連覇を逃した。しかし、200m決勝では20秒36(-2.6)をマークしてウォーレン・ウィア(20秒39)らに競り勝ち、この種目で2度目の優勝を成し遂げた。8月の北京世界選手権では男子100mと200mと4×100mリレーに出場すると、100mは準決勝で敗退して2大会連続の決勝には進めず、200mは3大会連続の決勝に進出するも20秒33(-0.1)の8位に終わり、個人種目でのメダル獲得はならなかった。しかし、ジャマイカチームの3走(ネスタ・カーター、アサファ・パウエル、アシュミード、ウサイン・ボルト)を務めた4×100mリレー決勝では37秒36をマークしての優勝に貢献し、2大会連続となる金メダルを獲得した。(ニッケル・アシュミード フレッシュアイペディアより)

  • ロンドンオリンピック (2012年) における陸上競技・男子100m

    ロンドンオリンピック (2012年) における陸上競技・男子100mから見たアサファ・パウエル

    準決勝第1組に出場したジャスティン・ガトリンは準決勝の最速記録である9秒82で通過し、かつての記録保持者であるアサファ・パウエルを下した。さらにパウエルは9秒91をマークしたチュランディ・マルティナにも敗れて9秒94で3位となり、記録により決勝進出を決めた。同組を走ったスワイボウ・サネーは前日に続いてガンビアの国内記録を更新する10秒18を記録した。第2組には前回覇者で世界記録保持者のウサイン・ボルトが9秒87で軽く通過、ライアン・ベイリーが9秒96で2位となった。第3組では9秒85でヨハン・ブレークが9秒90のタイソン・ゲイを交わした。この結果、9秒94のパウエルと10秒02のリチャード・トンプソンがタイムにより決勝進出を決めた。(ロンドンオリンピック (2012年) における陸上競技・男子100m フレッシュアイペディアより)

「アサファ・パウエル」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

「アサファ・パウエル」のニューストピックワード