前へ 1 2 3
27件中 1 - 10件表示
  • タイソン・ゲイ

    タイソン・ゲイから見たアサファ・パウエルアサファ・パウエル

    2006年8月18日、スイスのチューリッヒで行われたレースで100m9秒84、世界歴代3位タイ(当時)・自己記録(当時)の好タイムで2位となる。優勝は9秒77の世界記録タイ(当時)を記録したアサファ・パウエルである。タイソン・ゲイ フレッシュアイペディアより)

  • ウサイン・ボルト

    ウサイン・ボルトから見たアサファ・パウエルアサファ・パウエル

    身長196cm、体重94kg。短距離選手は身長が180cm台の選手が多く、190cm以上の長身の選手はスタート時の静止状態からの加速が鈍くなるため一般に不利とされるが、ボルトは2m78cmの非常に大きなストライドを活かしレース中盤から加速し最高速に達し、一気に飛び出す、若しくは他を引き離す後半追い込み型。加えて序盤も速く、北京オリンピック陸上男子100m決勝での前半50m地点のタイムは非公式ではあるが室内世界最高記録を上回っている。身体が大きいためかスタートのリアクションタイムが長い傾向にあったが、同じく長身ながら世界最速のスタートを行うとされる同郷のアサファ・パウエルを参考にし改善されている。契約スパイクはプーマ(PUMA AG Rudolf Dassler Sport)である。ウサイン・ボルト フレッシュアイペディアより)

  • マイケル・フレイター

    マイケル・フレイターから見たアサファ・パウエルアサファ・パウエル

    世界陸上ヘルシンキ大会では男子100mにおいてアメリカ合衆国のジャスティン・ガトリンの次につけて銀メダルを獲得。2007年の世界陸上大阪大会では出場権を獲得出来ず、出場出来なかったが翌年のオリンピックでは出場権を獲得し順当に勝ち上がり自己ベストを更新して同国で100mの世界歴代2位の記録を持つアサファ・パウエルに続き6位入賞を果たした。4×100mリレーではネスタ・カーター、ウサイン・ボルト、アサファ・パウエルと走り決勝では37秒10の世界新記録(当時)で優勝した。但し予選ではウサイン・ボルトの代わりにドワイト・トーマスが走っている。マイケル・フレイター フレッシュアイペディアより)

  • モーリス・グリーン (陸上選手)

    モーリス・グリーン (陸上選手)から見たアサファ・パウエルアサファ・パウエル

    1998年にはマドリードで行われた室内選手権の男子60mにおいて6秒39の世界記録を樹立。続く1999年6月16日のアテネ国際グランプリ100mにおいては当時の世界記録9秒84を100分の5秒短縮する9秒79という驚異的な世界新記録(当時)を樹立し、人類で初めて100mを公式に9秒7台で走った男となった。奇しくもこのタイムは11年前にカナダのベン・ジョンソンがソウルオリンピックで記録した幻の記録と同タイムであった。しかもこのときの記録は追い風0.1m/sというほぼ無風状態でのものであった。なお、この記録は2005年6月14日にアサファ・パウエルが更新するまでの約6年間世界記録として公認されたただし、2002年9月14日にティム・モンゴメリが後にドーピング違反で抹消される記録9秒78をマークしたため、これ以降は世界記録として扱われず、実際にパウエルに更新されるまでの約3年間は後年の見解で「結果として世界記録を保持し続けていた」状態となっている。また、同様にこの記録2008年6月28日にタイソン・ゲイが9秒77をマークするまでの約9年間はアメリカ記録としてもモーリス・グリーン (陸上選手) フレッシュアイペディアより)

  • 2011年IAAFダイヤモンドリーグ

    2011年IAAFダイヤモンドリーグから見たアサファ・パウエルアサファ・パウエル

    男子100mはアサファ・パウエルが9秒78を記録して優勝、3位に入ったクリストフ・ルメートルは自身が持つコーカソイド記録に並ぶ2度目の9秒95を記録した。テディ・タムゴーは男子三段跳歴代3位17m98の記録を持つ選手であり、2010年の世界室内選手権で17m90の室内世界記録を樹立した。この日のタムゴーは3回目に17m91を記録して優勝した。3回目以外の試技は全てファウルに終わっている。タムゴーは7月に手術を要する右足首骨折(脛骨骨折)のケガを負ったために年内の競技復帰が困難になった。2011年IAAFダイヤモンドリーグ フレッシュアイペディアより)

  • デリック・アトキンス

    デリック・アトキンスから見たアサファ・パウエルアサファ・パウエル

    同年8月26日、大阪で行われた2007年世界陸上選手権の100mでは元世界記録保持者のアサファ・パウエルに先着する2位となり、自身の記録を9秒91まで縮めた。デリック・アトキンス フレッシュアイペディアより)

  • マーク・ルイス=フランシス

    マーク・ルイス=フランシスから見たアサファ・パウエルアサファ・パウエル

    ルイス=フランシスは、初めてのオリンピックで金メダルを手にしている。しかし、世界選手権では、2001年エドモントン大会から4大会連続出場しているものの、金メダルは獲得できていない。なお、2001年のエドモントンの2次予選では(風速計故障で非公認ながらも)9秒97という、19歳としては驚異的な記録を達成。同じ1982年生まれのアメリカのジャスティン・ガトリンや、ジャマイカのアサファ・パウエルでもこの年齢の時にはこのような記録を出したことなく、この世代では世界一のスプリンターと見られていた。ルイス=フランシスによって世界記録がいずれ更新されるものと見られていた。ところが、20歳を過ぎると、ルイス=フランシスは伸び悩んでいく。スプリンターのピークは20代後半とされているが、ルイス=フランシスについては10代であったかのようである。マーク・ルイス=フランシス フレッシュアイペディアより)

  • ウォルター・ディックス

    ウォルター・ディックスから見たアサファ・パウエルアサファ・パウエル

    勢いそのままに臨んだ北京オリンピックの100mでは、終盤まで隣のレーンの優勝候補アサファ・パウエルと争って競り勝ち、3位となった。なお、このレースは東京世界陸上と並んで史上最多タイの6人が9秒台で走った。同大会では200m決勝で5着だったが、2,3着の選手がライン上を走るなどの失格により、繰り上がりで3位(19秒98)となった。こちらも、失格者を含むものの、5人が19秒台で走ったことになる。これは当時過去最多の1レース19秒台が4人、を上回っている。ウォルター・ディックス フレッシュアイペディアより)

  • ダニエル・ベイリー

    ダニエル・ベイリーから見たアサファ・パウエルアサファ・パウエル

    2008年8月北京オリンピックでは男子100mに出場、ボルトと0秒04差の10秒24で1次予選1組2位となり、これを通過。2次予選5組では10秒23を記録するものの、アサファ・パウエル、ウォルター・ディックス、デリック・アトキンスに次ぐ組4位となり、準決勝進出はならなかった。ダニエル・ベイリー フレッシュアイペディアより)

  • リチャード・トンプソン (陸上選手)

    リチャード・トンプソン (陸上選手)から見たアサファ・パウエルアサファ・パウエル

    トンプソンは、2008年北京オリンピックの100mに出場し、2次予選では、同じ組の優勝候補アメリカのタイソン・ゲイを押さえ9秒99の1位で準決勝進出。準決勝では、今度は9秒93の自己ベストで、ジャマイカのアサファ・パウエルに次いで2位(全体では3位)で決勝進出を決めた。そして、決勝では5レーンを走り、世界新記録で圧勝したジャマイカのウサイン・ボルトに大きく離されたものの、9秒89と自己ベストをさらに更新。トリニダード・トバゴにとっては、2000年シドニーオリンピックのアト・ボルドン以来の男子100m銀メダルとなった。リチャード・トンプソン (陸上選手) フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3
27件中 1 - 10件表示

「アサファ・パウエル」のニューストピックワード