49件中 11 - 20件表示
  • ダニエル・ベイリー

    ダニエル・ベイリーから見たアサファ・パウエルアサファ・パウエル

    2008年8月北京オリンピックでは男子100mに出場、ボルトと0秒04差の10秒24で1次予選1組2位となり、これを通過。2次予選5組では10秒23を記録するものの、アサファ・パウエル、ウォルター・ディックス、デリック・アトキンスに次ぐ組4位となり、準決勝進出はならなかった。ダニエル・ベイリー フレッシュアイペディアより)

  • アト・ボルドン

    アト・ボルドンから見たアサファ・パウエルアサファ・パウエル

    100mでは9秒台を28回記録している。これは、アサファ・パウエル(80回)、モーリス・グリーン(51回)、ウサイン・ボルト(31回)、タイソン・ゲイ(31回)に次ぐ史上5位の記録である。アト・ボルドン フレッシュアイペディアより)

  • 2013年世界陸上競技選手権大会

    2013年世界陸上競技選手権大会から見たアサファ・パウエルアサファ・パウエル

    ベロニカ・キャンベル=ブラウンは、同年5月のジャマイカ国際で行われたドーピング検査でドーピング隠蔽に利用する利尿薬を検出し、6月に暫定的な資格停止処分を受けた。7月、タイソン・ゲイが同年5月のUSADA(全米アンチドーピング機構)による抜き打ち検査で禁止薬物の陽性反応を示したことが発表され、この世界選手権に出場しなかった。アサファ・パウエルはドーピング検査で興奮剤のオキシロフリンを検出したことが発表され、この世界選手権に出場しなかった。ジャマイカは6月に女子400mのドミニク・ブレークが6年間の資格停止処分を受け、7月にパウエル、シェローン・シンプソンら短距離と円盤投の選手5人が禁止薬物の陽性反応を示したことが発表された。ゲイ、パウエル、シンプソンらはいずれも故意の摂取を否定している。2013年世界陸上競技選手権大会 フレッシュアイペディアより)

  • マーク・ルイス=フランシス

    マーク・ルイス=フランシスから見たアサファ・パウエルアサファ・パウエル

    ルイス=フランシスは、初めてのオリンピックで金メダルを手にしている。しかし、世界選手権では、2001年エドモントン大会から4大会連続出場しているものの、金メダルは獲得できていない。なお、2001年のエドモントンの2次予選では(風速計故障で非公認ながらも)9秒97という、19歳としては驚異的な記録を達成。同じ1982年生まれのアメリカのジャスティン・ガトリンや、ジャマイカのアサファ・パウエルでもこの年齢の時にはこのような記録を出したことなく、この世代では世界一のスプリンターと見られていた。ルイス=フランシスによって世界記録がいずれ更新されるものと見られていた。ところが、20歳を過ぎると、ルイス=フランシスは伸び悩んでいく。スプリンターのピークは20代後半とされているが、ルイス=フランシスについては10代であったかのようである。マーク・ルイス=フランシス フレッシュアイペディアより)

  • ネスタ・カーター

    ネスタ・カーターから見たアサファ・パウエルアサファ・パウエル

    ネスタ・カーター(Nesta Carter, 1985年10月11日 - )は、ジャマイカの陸上選手。専門は短距離走。2007年世界陸上選手権の4×100mリレーで銀メダルを獲得した。2008年の北京オリンピック男子4×100mリレーではマイケル・フレイター、ドワイト・トーマス、アサファ・パウエルと共に予選で16チーム中2位となる38秒31で決勝に進出した。決勝ではトーマスに代わりウサイン・ボルトが加わり、当時世界新記録となる37秒10で金メダルを獲得していた。しかし、北京オリンピックでのドーピング再検査でA検体、予備のB検体ともに陽性反応が出たと報じられ、2017年1月、国際オリンピック委員会はネスタ・カーターを失格処分とし北京五輪の金メダルを剥奪した。ネスタ・カーター フレッシュアイペディアより)

  • 2011年世界陸上競技選手権大会

    2011年世界陸上競技選手権大会から見たアサファ・パウエルアサファ・パウエル

    男子4×100mリレーでジャマイカ(ネスタ・カーター, マイケル・フレイター, ヨハン・ブレーク, ウサイン・ボルト)が37秒04を記録し世界記録と大会記録を更新した。従来の大会記録は、同国(スティーブ・マリングス, マイケル・フレイター, ウサイン・ボルト, アサファ・パウエル)がベルリン大会で記録した37秒31だった。2011年世界陸上競技選手権大会 フレッシュアイペディアより)

  • パウエル

    パウエルから見たアサファ・パウエルアサファ・パウエル

    アサファ・パウエル - ジャマイカの陸上競技選手。パウエル フレッシュアイペディアより)

  • ジェボーン・ミンジー

    ジェボーン・ミンジーから見たアサファ・パウエルアサファ・パウエル

    6-7月にジャマイカ選手権の男子100mに出場すると、予選で自己ベストを0秒01更新する10秒15(-1.1)、準決勝では更にタイムを縮める10秒07(-0.9)をマークして初の決勝に進出した。決勝はウサイン・ボルトが怪我で棄権したため7人でのスタートとなったが、自己ベストの10秒07は7人の中で1番遅いタイムだった(自己ベスト9秒台は5人)。しかし、今大会3レース連続の自己ベストとなる10秒02(+0.7)をマークし、ヨハン・ブレーク(9秒95)とニッケル・アシュミード(9秒96)には敗れたものの、アサファ・パウエルとケマー・ベイリー=コールに0秒01競り勝って3位に入った。この結果、リオデジャネイロオリンピックの100mと4×100mリレーのジャマイカ代表に選出された。ジェボーン・ミンジー フレッシュアイペディアより)

  • ステファン・バックランド

    ステファン・バックランドから見たアサファ・パウエルアサファ・パウエル

    8月にアテネオリンピック男子200mに出場すると、1次予選を全体1位の20秒29(+1.5)、2次予選を全体8位の20秒36(+0.1)、準決勝を全体5位の20秒37(+0.2)でそれぞれ突破。オリンピックで初の決勝に進出し、決勝では今大会で1番のタイムとなる20秒24(+1.2)をマークするも6位に終わった。9月19日のワールドアスレチックファイナル男子200mに2大会連続の出場を果たすと、アサファ・パウエル(20秒06)、フランク・フレデリクス(20秒31)に次ぐ20秒41(+0.7)の3位に入った。ステファン・バックランド フレッシュアイペディアより)

  • トレイボン・ブロメル

    トレイボン・ブロメルから見たアサファ・パウエルアサファ・パウエル

    プロ転向後初の全米大会となった2016年3月の全米室内選手権男子60m決勝では、に同タイム着差あり(0秒005差)で敗れてシニアの全米タイトルを惜しくも逃したが、地元アメリカで開催されるポートランド世界室内選手権アメリカ代表の座を掴んだ。迎えた大会では男子60m決勝で6秒47の自己ベストをマークし、予選と準決勝で世界歴代5位の記録となる6秒44をマークしていたアサファ・パウエルを0秒03差で抑えて初の世界タイトルを獲得した。また、20歳252日で金メダリストとなったブロメルは、この種目における最年少金メダリストとなった。トレイボン・ブロメル フレッシュアイペディアより)

49件中 11 - 20件表示

「アサファ・パウエル」のニューストピックワード