27件中 11 - 20件表示
  • アト・ボルドン

    アト・ボルドンから見たアサファ・パウエルアサファ・パウエル

    100mでは9秒台を28回記録している。これは、アサファ・パウエル(80回)、モーリス・グリーン(51回)、ウサイン・ボルト(31回)、タイソン・ゲイ(31回)に次ぐ史上5位の記録である。アト・ボルドン フレッシュアイペディアより)

  • 2011年世界陸上競技選手権大会・男子100m

    2011年世界陸上競技選手権大会・男子100mから見たアサファ・パウエルアサファ・パウエル

    大会前の2011年世界ランキング10傑のうちマイク・ロジャース(9秒85)とスティーブ・マリングス(9秒80)がドーピング検査で禁止薬物使用の陽性反応を示して出場停止。タイソン・ゲイ(9秒79)は右臀部のケガ、そして2011年世界ランキング1位のアサファ・パウエル(9秒78)は股関節のケガにより欠場した。2011年世界陸上競技選手権大会・男子100m フレッシュアイペディアより)

  • ロンドンオリンピック (2012年) における陸上競技・男子100m

    ロンドンオリンピック (2012年) における陸上競技・男子100mから見たアサファ・パウエルアサファ・パウエル

    準決勝第1組に出場したジャスティン・ガトリンは準決勝の最速記録である9秒82で通過し、かつての記録保持者であるアサファ・パウエルを下した。さらにパウエルは9秒91をマークしたチュランディ・マルティナにも敗れて9秒94で3位となり、記録により決勝進出を決めた。同組を走ったスワイボウ・サネー(Suwaibou Sanneh)は前日に続いてガンビアの国内記録を更新する10秒18を記録した。第2組には前回覇者で世界記録保持者のウサイン・ボルトが9秒87で軽く通過、ライアン・ベイリー(Ryan Bailey)が9秒96で2位となった。第3組では9秒85でヨハン・ブレークが9秒90のタイソン・ゲイを交わした。この結果、9秒94のパウエルと10秒02のリチャード・トンプソンがタイムにより決勝進出を決めた。ロンドンオリンピック (2012年) における陸上競技・男子100m フレッシュアイペディアより)

  • ネスタ・カーター

    ネスタ・カーターから見たアサファ・パウエルアサファ・パウエル

    ネスタ・カーター(Nesta Carter, 1985年11月10日 - )は、ジャマイカの陸上選手。専門は短距離走。2007年世界陸上選手権の4×100mリレーで銀メダルを獲得した。2008年の北京オリンピック男子4×100mリレーではマイケル・フレイター、ドワイト・トーマス、アサファ・パウエルと共に予選で16チーム中2位となる38秒31で決勝に進出した。決勝ではトーマスに代わりウサイン・ボルトが加わり、当時世界新記録となる37秒10で金メダルを獲得した。2011年世界陸上競技選手権大会にジャマイカ代表として出場した。9月4日の400mリレー決勝では1走を務め、37秒04の世界新記録で優勝した。ネスタ・カーター フレッシュアイペディアより)

  • サーニャ・リチャーズ=ロス

    サーニャ・リチャーズ=ロスから見たアサファ・パウエルアサファ・パウエル

    リチャーズは、2006年にテキサス大学オースティン校を卒業。同年は、IAAFゴールデンリーグの400mで6戦全勝を果たし、ジェレミー・ウォリナー、アサファ・パウエルとともに、25万ドルを獲得した。また400mで、バレリー・ブリスコ・フックスが1984年ロサンゼルスオリンピックのときに樹立した48秒83のアメリカ記録を22年ぶりに更新する48秒70をマーク、この年のアスリートオブ・ザ・イヤーに輝いた。サーニャ・リチャーズ=ロス フレッシュアイペディアより)

  • チュランディ・マルティナ

    チュランディ・マルティナから見たアサファ・パウエルアサファ・パウエル

    2008年8月、マルティナは北京オリンピックの開会式で2度目の母国選手団旗手を務めた。100m2次予選では初めて10秒の壁を突破する9秒99を記録し、同種目のオランダ領アンティル記録を更新した。準決勝をアサファ・パウエル、リチャード・トンプソンに次ぐ3着で通過し、この時同国国内記録を9秒94に短縮した。決勝ではウサイン・ボルト、トンプソン、ウォルター・ディックスに次ぐ4着。メダルに届かなかったものの決勝では9秒93の記録を残し、この大会で3度国内記録を更新する走りを残した。チュランディ・マルティナ フレッシュアイペディアより)

  • ヨハン・ブレーク

    ヨハン・ブレークから見たアサファ・パウエルアサファ・パウエル

    ブレイクはセント・ジェームズ教区に生まれた。スパニッシュ・タウンにあるセント・ジャゴ高校に通った。2007年4月、ブレイクはタークス・カイコス諸島で行われたカリブ海貿易自由協定競技大会で100m10秒11のジャマイカジュニア記録を樹立した。この大会では200mをも制したほか、4×100mリレー・4×400mリレーにもメンバーとして出場し大会記録を更新して優勝を飾った。2009年5月、ブレイクはニューヨークで行われたリーボックグランプリ100mBで優勝した。同7月には、ローマで行われたIAAFゴールデンリーグのゴールデンガラに出場し9秒96を記録して、19歳196日時点に10秒の壁を史上最年少で突破。タイソン・ゲイ、アサファ・パウエルに次ぐ3位に入り、シニアの舞台で成績を残した。ヨハン・ブレーク フレッシュアイペディアより)

  • ドワイト・トーマス

    ドワイト・トーマスから見たアサファ・パウエルアサファ・パウエル

    2008年の北京オリンピックの4×100mリレーの予選にマイケル・フレイター、ネスタ・カーター、アサファ・パウエルと共に出場し、予選でカナダ、ドイツ、中国を抑えてその組トップ、16ヶ国中2位のタイムで決勝進出を決めたが決勝にはウサイン・ボルトが出場することになり、彼はメンバーから外れた。決勝ではジャマイカは37秒10の世界新記録を出して金メダルを獲得した。予選の走者であったため彼も金メダルを受け取った。ドワイト・トーマス フレッシュアイペディアより)

  • 1982年のスポーツ

    1982年のスポーツから見たアサファ・パウエルアサファ・パウエル

    11月23日 - アサファ・パウエル(ジャマイカ、陸上競技)1982年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • 2011年世界陸上競技選手権大会

    2011年世界陸上競技選手権大会から見たアサファ・パウエルアサファ・パウエル

    男子4×100mリレーでジャマイカ(ネスタ・カーター, マイケル・フレイター, ヨハン・ブレーク, ウサイン・ボルト)が37秒04を記録し世界記録と大会記録を更新した。従来の大会記録は、同国(スティーブ・マリングス, マイケル・フレイター, ウサイン・ボルト, アサファ・パウエル)がベルリン大会で記録した37秒31だった。2011年世界陸上競技選手権大会 フレッシュアイペディアより)

27件中 11 - 20件表示

「アサファ・パウエル」のニューストピックワード