49件中 21 - 30件表示
  • オルソジ・ファスバ

    オルソジ・ファスバから見たアサファ・パウエルアサファ・パウエル

    2006年3月20日に行われたコモンウェルスゲームズ100mでは、優勝したジャマイカのアサファ・パウエルと0秒08差の2位に入り銀メダルを獲得した。オルソジ・ファスバ フレッシュアイペディアより)

  • ジェイスマ・サイディ・ンドゥレ

    ジェイスマ・サイディ・ンドゥレから見たアサファ・パウエルアサファ・パウエル

    8月7日のDNガラン男子100mで10秒07(-1.0)のノルディック新記録およびノルウェー新記録(ともに当時)を樹立し、1996年にゲイル・モーエンがマークした10秒08を塗り替えた。9月のワールドアスレチックファイナルに2大会連続となる出場を果たすと、男子100mでは10秒06(-0.3)のノルディック新記録およびノルウェー新記録(ともに当時)を樹立し、アサファ・パウエル(9秒83)に次いで銀メダルを獲得した。200mでもそれまでの自己ベスト(20秒25)を大幅に更新する19秒89(+1.3)のノルディック新記録およびノルウェー新記録を樹立。ゲイル・モーエンが1996年にマークした20秒17を塗り替え、ウォーレス・スピアモン(20秒18)やロドニー・マーティン(20秒27)を破り、初のメジャータイトルを獲得した。ジェイスマ・サイディ・ンドゥレ フレッシュアイペディアより)

  • レオナルド・スコット

    レオナルド・スコットから見たアサファ・パウエルアサファ・パウエル

    2006年9月9日、ワールドアスレチックファイナルの男子100mで自己ベストとなる9秒91(+0.9)をマーク。アサファ・パウエル(9秒89)には敗れたものの、タイソン・ゲイ(9秒92)には競り勝ち2位に入った。レオナルド・スコット フレッシュアイペディアより)

  • ドノバン・パウエル

    ドノバン・パウエルから見たアサファ・パウエルアサファ・パウエル

    ドノバン・パウエル(Donovan Powell、1971年10月31日 ‐ )は、ジャマイカ・セント・キャサリン教区出身で短距離走が専門の元陸上競技選手。100mで10秒07、室内60mで6秒50の自己ベストを持つ。室内60mでは1999年前橋世界室内選手権で6位、1996年全米室内選手権で優勝などの実績を持つが、100mでは1997年アテネ世界選手権が世界大会(シニア)唯一の出場で2次予選敗退に終わっている。オリンピックには2000年シドニー大会の4×100mリレーに予選のみ出場した。弟は100m元世界記録保持者のアサファ・パウエルドノバン・パウエル フレッシュアイペディアより)

  • エインズリー・ウォー

    エインズリー・ウォーから見たアサファ・パウエルアサファ・パウエル

    2006年3月、メルボルンで開催されたコモンウェルスゲームズに出場すると、100mと200mは準決勝で敗退した。しかし、4×100mリレーでは2走を務めると、決勝(マイケル・フレイター、ウォー、クリストファー・ウィリアムズ、アサファ・パウエル)では38秒36をマークしての優勝に貢献し、リレー種目ながらシニアの主要国際大会初タイトルを獲得した。エインズリー・ウォー フレッシュアイペディアより)

  • リチャード・トンプソン (陸上選手)

    リチャード・トンプソン (陸上選手)から見たアサファ・パウエルアサファ・パウエル

    トンプソンは、2008年北京オリンピックの100mに出場し、2次予選では、同じ組の優勝候補アメリカのタイソン・ゲイを押さえ9秒99の1位で準決勝進出。準決勝では、今度は9秒93の自己ベストで、ジャマイカのアサファ・パウエルに次いで2位(全体では3位)で決勝進出を決めた。そして、決勝では5レーンを走り、世界新記録で圧勝したジャマイカのウサイン・ボルトに大きく離されたものの、9秒89と自己ベストをさらに更新。トリニダード・トバゴにとっては、2000年シドニーオリンピックのアト・ボルドン以来の男子100m銀メダルとなった。リチャード・トンプソン (陸上選手) フレッシュアイペディアより)

  • チュランディ・マルティナ

    チュランディ・マルティナから見たアサファ・パウエルアサファ・パウエル

    2008年8月、マルティナは北京オリンピックの開会式で2度目の母国選手団旗手を務めた。100m2次予選では初めて10秒の壁を突破する9秒99を記録し、同種目のオランダ領アンティル記録を更新した。準決勝をアサファ・パウエル、リチャード・トンプソンに次ぐ3着で通過し、この時同国国内記録を9秒94に短縮した。決勝ではウサイン・ボルト、トンプソン、ウォルター・ディックスに次ぐ4着。メダルに届かなかったものの決勝では9秒93の記録を残し、この大会で3度国内記録を更新する走りを残した。チュランディ・マルティナ フレッシュアイペディアより)

  • 2016年リオデジャネイロオリンピックの陸上競技・男子4×100mリレー

    2016年リオデジャネイロオリンピックの陸上競技・男子4×100mリレーから見たアサファ・パウエルアサファ・パウエル

    決勝の第1走は、3レーンのアメリカ代表・マイク・ロジャースと4レーンのアサファ・パウエルの競り合いになると目され、実際に両者は好スタートを切った一方、日本の山縣亮太も彼らに食らい付き、他のチームをリードした。第2走者から第3走者へのバトンパスはどのチームもスムーズに行われ、ジャマイカ・アメリカ・日本が特に優れていた。日本チームは飯塚翔太から桐生祥秀へバトンが継がれ、ジャマイカとアメリカを射程圏内に収め、ボルト目当てに集まった観衆を大いに驚かせた。中国がこれに続き、カナダ、イギリス、トリニダード・トバゴが追う展開となった。第4走者にはジャマイカのウサイン・ボルト、アメリカのトレイボン・ブロメル、日本のケンブリッジ飛鳥が控えていた。ホームストレートでボルトは後続を突き放して快走し、ジャマイカに金メダルをもたらした。ケンブリッジはブロメルの猛追を交わして2着でゴール、ブロメルが3着で、カナダのアンドレ・ドグラスが4着でゴールラインを切った。ゴール後アキレス腱を痛めたブロメルは車椅子で競技場を後にした。2016年リオデジャネイロオリンピックの陸上競技・男子4×100mリレー フレッシュアイペディアより)

  • ドワイト・トーマス

    ドワイト・トーマスから見たアサファ・パウエルアサファ・パウエル

    2008年の北京オリンピックの4×100mリレーの予選にマイケル・フレイター、ネスタ・カーター、アサファ・パウエルと共に出場し、予選でカナダ、ドイツ、中国を抑えてその組トップ、16ヶ国中2位のタイムで決勝進出を決めたが決勝にはウサイン・ボルトが出場することになり、彼はメンバーから外れた。決勝ではジャマイカは37秒10の世界新記録を出して金メダルを獲得した。予選の走者であったため彼も金メダルを受け取った。ドワイト・トーマス フレッシュアイペディアより)

  • ニッケル・アシュミード

    ニッケル・アシュミードから見たアサファ・パウエルアサファ・パウエル

    6月のジャマイカ選手権男子100m決勝で自己ベスト(9秒90)に迫る9秒91(+0.9)をマークしたものの、アサファ・パウエル(9秒84)に次ぐ2位で2連覇を逃した。しかし、200m決勝では20秒36(-2.6)をマークしてウォーレン・ウィア(20秒39)らに競り勝ち、この種目で2度目の優勝を成し遂げた。8月の北京世界選手権では男子100mと200mと4×100mリレーに出場すると、100mは準決勝で敗退して2大会連続の決勝には進めず、200mは3大会連続の決勝に進出するも20秒33(-0.1)の8位に終わり、個人種目でのメダル獲得はならなかった。しかし、ジャマイカチームの3走(ネスタ・カーター、アサファ・パウエル、アシュミード、ウサイン・ボルト)を務めた4×100mリレー決勝では37秒36をマークしての優勝に貢献し、2大会連続となる金メダルを獲得した。ニッケル・アシュミード フレッシュアイペディアより)

49件中 21 - 30件表示

「アサファ・パウエル」のニューストピックワード