50件中 11 - 20件表示
  • アサファ・パウエル

    アサファ・パウエルから見たドノバン・パウエル

    5人の兄すべてが陸上短距離選手。父のウィリアムス・パウエルは100mで10.2秒、母のシスリン・パウエルは11.4秒、5人の兄も全員10.5秒以内の記録を持つというスプリンター一家である。兄のドノバン・パウエルは1999年世界室内選手権・男子60mファイナリスト、シドニーオリンピック男子400mリレージャマイカ代表。また、2007年世界選手権100m銀メダリストデリック・アトキンス(バハマ)の母は彼のいとこにあたる。アサファ・パウエル フレッシュアイペディアより)

  • アサファ・パウエル

    アサファ・パウエルから見たモーリス・グリーン (陸上選手)

    2004年7月30日、ロンドングランプリ100mで前回オリンピック覇者のモーリス・グリーンに勝ち、金メダル候補になる。アサファ・パウエル フレッシュアイペディアより)

  • アサファ・パウエル

    アサファ・パウエルから見たアテネ

    2005年6月14日、アテネのオリンピックスタジアムで行われた陸上のスーパーグランプリ(GP)第3戦アテネ大会、ゼッケン「100」で男子100m決勝に臨み、リアクションタイム0秒150、追い風1.6m/sの絶好の条件の中、当時の世界記録を100分の1秒更新する9.77秒を樹立した。従来の世界記録は、2002年9月14日にティム・モンゴメリが出した9.78秒(ただしこの記録は後に取り消される)で、約3年ぶりに塗り替えた。アサファ・パウエル フレッシュアイペディアより)

  • アサファ・パウエル

    アサファ・パウエルから見た近代オリンピック

    世界記録保持者だった当時、世界選手権、オリンピックでのタイトルがなかったため、無冠の最速男と呼ばれていた。グランプリでは他を寄せ付けず圧勝することが多いが、大舞台(オリンピック、世界選手権)では硬くなり、いつも自分の実力を発揮できない。それは、9.8秒を切る記録を複数回マークしていたにもかかわらず、2008年までの世界大会の決勝での最高記録が9.94秒に過ぎないことからも明らかである(北京オリンピックでは、100m決勝と同じ日に行われた準決勝で、後半流しても9.91秒で走っていたが、決勝では9.95秒で5位に沈んだ。決勝でも9.91秒で走っていれば3位と同タイムだった)。アサファ・パウエル フレッシュアイペディアより)

  • アサファ・パウエル

    アサファ・パウエルから見たスポーツ仲裁裁判所

    2013年7月14日、6月のジャマイカ選手権の際に行われた検査で、禁止薬物に陽性反応を示したことが判明。本人は故意の摂取を否認していた。その後、2014年4月10日にジャマイカ反ドーピング機関から18カ月の資格停止処分が科された。これに対し、パウエルは異議申し立てを行う意志を示した。7月14日にスポーツ仲裁裁判所は、パウエルの主張を一部認め、出場停止期間を6カ月に短縮した。処分は2013年6月21日からであり、この決定により直ちに競技へ復帰できることになった。アサファ・パウエル フレッシュアイペディアより)

  • アサファ・パウエル

    アサファ・パウエルから見た2009年

    2009年2月28日、オーストラリアのシドニーで400mの自己ベストを45秒94に更新。アサファ・パウエル フレッシュアイペディアより)

  • アサファ・パウエル

    アサファ・パウエルから見たジャマイカ

    アサファ・パウエル(Asafa Powell, 1982年11月23日 - )は、ジャマイカの陸上選手である。種目は主に100m中心。身長190cm、体重88kg。ジャマイカ・セント・キャサリン教区出身。元世界記録保持者。アサファ・パウエル フレッシュアイペディアより)

  • アサファ・パウエル

    アサファ・パウエルから見たスイス

    2006年8月18日、スイスのチューリッヒでまたも9.77秒(+1.0m/s)を記録。アサファ・パウエル フレッシュアイペディアより)

  • アサファ・パウエル

    アサファ・パウエルから見た2007年世界陸上競技選手権大会

    5人の兄すべてが陸上短距離選手。父のウィリアムス・パウエルは100mで10.2秒、母のシスリン・パウエルは11.4秒、5人の兄も全員10.5秒以内の記録を持つというスプリンター一家である。兄のドノバン・パウエルは1999年世界室内選手権・男子60mファイナリスト、シドニーオリンピック男子400mリレージャマイカ代表。また、2007年世界選手権100m銀メダリストデリック・アトキンス(バハマ)の母は彼のいとこにあたる。アサファ・パウエル フレッシュアイペディアより)

  • アサファ・パウエル

    アサファ・パウエルから見た世界記録

    世界記録保持者だった当時、世界選手権、オリンピックでのタイトルがなかったため、無冠の最速男と呼ばれていた。グランプリでは他を寄せ付けず圧勝することが多いが、大舞台(オリンピック、世界選手権)では硬くなり、いつも自分の実力を発揮できない。それは、9.8秒を切る記録を複数回マークしていたにもかかわらず、2008年までの世界大会の決勝での最高記録が9.94秒に過ぎないことからも明らかである(北京オリンピックでは、100m決勝と同じ日に行われた準決勝で、後半流しても9.91秒で走っていたが、決勝では9.95秒で5位に沈んだ。決勝でも9.91秒で走っていれば3位と同タイムだった)。アサファ・パウエル フレッシュアイペディアより)

50件中 11 - 20件表示

「アサファ・パウエル」のニューストピックワード