50件中 31 - 40件表示
  • アサファ・パウエル

    アサファ・パウエルから見たセント・キャサリン教区

    アサファ・パウエル(Asafa Powell, 1982年11月23日 - )は、ジャマイカの陸上選手である。種目は主に100m中心。身長190cm、体重88kg。ジャマイカ・セント・キャサリン教区出身。元世界記録保持者。アサファ・パウエル フレッシュアイペディアより)

  • アサファ・パウエル

    アサファ・パウエルから見た世界陸上競技選手権大会

    世界記録保持者だった当時、世界選手権、オリンピックでのタイトルがなかったため、無冠の最速男と呼ばれていた。グランプリでは他を寄せ付けず圧勝することが多いが、大舞台(オリンピック、世界選手権)では硬くなり、いつも自分の実力を発揮できない。それは、9.8秒を切る記録を複数回マークしていたにもかかわらず、2008年までの世界大会の決勝での最高記録が9.94秒に過ぎないことからも明らかである(北京オリンピックでは、100m決勝と同じ日に行われた準決勝で、後半流しても9.91秒で走っていたが、決勝では9.95秒で5位に沈んだ。決勝でも9.91秒で走っていれば3位と同タイムだった)。アサファ・パウエル フレッシュアイペディアより)

  • アサファ・パウエル

    アサファ・パウエルから見た2009年世界陸上競技選手権大会

    2009年8月16日、世界選手権の100m決勝では、リラックスする為か、これまでとは違うおどけた様な態度を見せた。結果は、あまり力まずに走り切り9.84秒(+0.9m/s)で銅メダルを獲得。このタイムは、前大会で優勝したタイソン・ゲイの決勝のタイム(9.85秒)を上回るものであった。またこのレースでは、1位(ウサイン・ボルト9.58秒),2位(タイソン・ゲイ9.71秒),3位(アサファ・パウエル9.84秒),5位(リチャード・トンプソン9.93秒),7位(マルク・バーンズ10.00秒)が着順別の歴代世界最高タイムをマークした。アサファ・パウエル フレッシュアイペディアより)

  • アサファ・パウエル

    アサファ・パウエルから見たファイナリスト

    5人の兄すべてが陸上短距離選手。父のウィリアムス・パウエルは100mで10.2秒、母のシスリン・パウエルは11.4秒、5人の兄も全員10.5秒以内の記録を持つというスプリンター一家である。兄のドノバン・パウエルは1999年世界室内選手権・男子60mファイナリスト、シドニーオリンピック男子400mリレージャマイカ代表。また、2007年世界選手権100m銀メダリストデリック・アトキンス(バハマ)の母は彼のいとこにあたる。アサファ・パウエル フレッシュアイペディアより)

  • アサファ・パウエル

    アサファ・パウエルから見たイギリス

    2006年6月11日、イギリスのタインアンドウィア州ゲーツヘッドで9.77秒(+1.5m/s)(世界記録タイ、自己ベストタイ)を再びマーク。アサファ・パウエル フレッシュアイペディアより)

  • アサファ・パウエル

    アサファ・パウエルから見たチューリッヒ

    2006年8月18日、スイスのチューリッヒでまたも9.77秒(+1.0m/s)を記録。アサファ・パウエル フレッシュアイペディアより)

  • アサファ・パウエル

    アサファ・パウエルから見たゲーツヘッド

    2006年6月11日、イギリスのタインアンドウィア州ゲーツヘッドで9.77秒(+1.5m/s)(世界記録タイ、自己ベストタイ)を再びマーク。アサファ・パウエル フレッシュアイペディアより)

  • アサファ・パウエル

    アサファ・パウエルから見たローザンヌ

    2008年9月2日、スイスで開催されたローザンヌ国際100mで、追い風0.2m/sとほぼ無風の中、自己ベストを0.02秒更新し、ウサイン・ボルトの当時の世界記録に0.03秒と迫る9.72秒を記録。アサファ・パウエル フレッシュアイペディアより)

  • アサファ・パウエル

    アサファ・パウエルから見たアメリカ合衆国

    2003年、世界選手権では100m2次予選で不正出発(フライング)により失格となった。このときジョン・ドラモンド(アメリカ)も失格になっている。アサファ・パウエル フレッシュアイペディアより)

  • アサファ・パウエル

    アサファ・パウエルから見たフォワード (サッカー)

    2001年まではサッカー選手だった(ポジションはFW)。アサファ・パウエル フレッシュアイペディアより)

50件中 31 - 40件表示

「アサファ・パウエル」のニューストピックワード