前へ 1 2
17件中 1 - 10件表示
  • ベーナズィール・ブットー

    ベーナズィール・ブットーから見たアースィフ・アリー・ザルダーリーアースィフ・アリー・ザルダーリー

    夫であるアースィフ・アリー・ザルダーリーとの間に、一男二女(長男・長女・次女)がいる。現在、アースィフ・ザルダーリー(大統領)と長男のビラーワル・ブットー・ザルダーリーが、後継の人民党共同総裁となっている。ベーナズィール・ブットー フレッシュアイペディアより)

  • パキスタン

    パキスタンから見たアースィフ・アリー・ザルダーリーアースィフ・アリー・ザルダーリー

    2008年9月6日、パキスタン国民議会上下両院と4州議会の議員投票にてが行われ、パキスタン人民党総裁のアースィフ・アリー・ザルダーリーが新大統領に選出された。パキスタン フレッシュアイペディアより)

  • ザルダリ

    ザルダリから見たアースィフ・アリー・ザルダーリーアースィフ・アリー・ザルダーリー

    ザルダリ フレッシュアイペディアより)

  • 2007年-2008年の世界食料価格危機

    2007年-2008年の世界食料価格危機から見たアースィフ・アリー・ザルダーリーアースィフ・アリー・ザルダーリー

    パキスタンでは陸軍が田畑や倉庫からの収奪を防ぐために出動したが食料の価格上昇を防ぐことはできなかった。新たな大統領に就任したザルダーリーは前政権の食料の食料備蓄が適切でなかったと非難した。2007年-2008年の世界食料価格危機 フレッシュアイペディアより)

  • ロンドン・スクール・オブ・エコノミクスの関係者

    ロンドン・スクール・オブ・エコノミクスの関係者から見たアースィフ・アリー・ザルダーリーアースィフ・アリー・ザルダーリー

    アースィフ・アリー・ザルダーリー (Asif Ali Zardari)パキスタン・イスラム共和国大統領 2008-現在ロンドン・スクール・オブ・エコノミクスの関係者 フレッシュアイペディアより)

  • アブドゥル・カディール・カーン

    アブドゥル・カディール・カーンから見たアースィフ・アリー・ザルダーリーアースィフ・アリー・ザルダーリー

    1976年、パキスタンに帰国して核開発の責任者となり、1998年、核実験に成功する。2004年2月4日、パキスタンのテレビ局PTVの番組に出演し、国際的な地下核ネットワークの構築に関与したことを認めた。その翌日、パルヴェーズ・ムシャラフ大統領の恩赦を受けたが、それ以降自宅に軟禁される。2006年、カラーチーの病院で前立腺癌の手術を受け、成功する。パキスタンのイスラマバード高裁(Islamabad High Court)は2009年2月6日、「核開発の父」として知られる博士の自宅軟禁を解除する決定を下した。軟禁解除に伴い、カーン博士は自宅で報道陣の取材に応じ、「軟禁が解かれたのは、アースィフ・アリー・ザルダーリー大統領、ユースフ・ラザー・ギーラーニー首相、そして本件の再考を首相に進言してくれたラフマーン・マーリク内相のお陰だ」と述べ、3人への謝意を示した。アブドゥル・カディール・カーン フレッシュアイペディアより)

  • リチャード・ホルブルック

    リチャード・ホルブルックから見たアースィフ・アリー・ザルダーリーアースィフ・アリー・ザルダーリー

    死去から1ヶ月後の2011年1月14日には、ワシントンD.C.のジョン・F・ケネディ・センターで追悼式典が開かれ、オバマ大統領やビル・クリントン元大統領、ヒラリー・クリントン国務長官がスピーチを行ったほか、海外からもパキスタンのアースィフ・ザルダーリー大統領とグルジアのミヘイル・サアカシュヴィリ大統領の元首2人を筆頭に、世界各国から20人の各国外相と125人の外交当局代表者が出席した。なお、特使の任務は次席特使(次席特別代表)を務めていたが臨時代理として一時的に引き継ぎ、その後2011年2月22日に、政治担当国務次官などを務めた経験を持つが正式な後任に就任している。リチャード・ホルブルック フレッシュアイペディアより)

  • ビラーワル・ブットー・ザルダーリー

    ビラーワル・ブットー・ザルダーリーから見たアースィフ・アリー・ザルダーリーアースィフ・アリー・ザルダーリー

    ビラーワル・ブットー・ザルダーリー(、、、1988年9月21日 - )は、パキスタンのベーナズィール・ブットー首相とアースィフ・アリー・ザルダーリー大統領の子で、現パキスタン人民党(PPP)党首。ビラーワル・ザルダーリー・ブットーとも表記される。ビラーワル・ブットー・ザルダーリー フレッシュアイペディアより)

  • ユースフ・ラザー・ギーラーニー

    ユースフ・ラザー・ギーラーニーから見たアースィフ・アリー・ザルダーリーアースィフ・アリー・ザルダーリー

    2012年にはアースィフ・アリー・ザルダーリー大統領の汚職事件を巡り、パキスタン最高裁判所が出した判決に則った訴追作業を拒んだとして、2月13日ににより、法廷侮辱罪で起訴され、4月26日に有罪判決をうけた。6月19日に首相を退任。ユースフ・ラザー・ギーラーニー フレッシュアイペディアより)

  • ワジリスタン紛争

    ワジリスタン紛争から見たアースィフ・アリー・ザルダーリーアースィフ・アリー・ザルダーリー

    9月はじめ、政府支持の部族勢力はターリバーンと戦うことを宣言し、30000人の部隊を組織した。8月18日、ムシャラフ大統領は退陣し、ブットーの夫であったアースィフ・アリー・ザルダーリーが新大統領となった。大統領交代後、アメリカ軍は連邦直轄地域での攻撃を強化していた。ワジリスタン紛争 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2
17件中 1 - 10件表示

「アシフ・ザルダリ」のニューストピックワード