1 2 3 次へ
23件中 21 - 23件表示
  • アブドゥル・カディール・カーン

    アブドゥル・カディール・カーンから見たアースィフ・アリー・ザルダーリーアースィフ・アリー・ザルダーリー

    1976年、パキスタンに帰国して核開発の責任者となり、1998年、核実験に成功する。2004年2月4日、パキスタンのテレビ局PTVの番組に出演し、国際的な地下核ネットワークの構築に関与したことを認めた。その翌日、パルヴェーズ・ムシャラフ大統領の恩赦を受けたが、それ以降自宅に軟禁される。2006年、カラーチーの病院で前立腺癌の手術を受け、成功する。パキスタンのイスラマバード高裁(Islamabad High Court)は2009年2月6日、「核開発の父」として知られる博士の自宅軟禁を解除する決定を下した。軟禁解除に伴い、カーン博士は自宅で報道陣の取材に応じ、「軟禁が解かれたのは、アースィフ・アリー・ザルダーリー大統領、ユースフ・ラザー・ギーラーニー首相、そして本件の再考を首相に進言してくれたラフマーン・マーリク内相のお陰だ」と述べ、3人への謝意を示した。アブドゥル・カディール・カーン フレッシュアイペディアより)

  • 水野龍司

    水野龍司から見たアースィフ・アリー・ザルダーリーアースィフ・アリー・ザルダーリー

    「ビンラディンは生きているのか?」(2010年 / アトワン編集長、アースィフ・アリー・ザルダーリー大統領)水野龍司 フレッシュアイペディアより)

  • アメリカ外交公電ウィキリークス流出事件

    アメリカ外交公電ウィキリークス流出事件から見たアースィフ・アリー・ザルダーリーアースィフ・アリー・ザルダーリー

    2日、ヒラリー・クリントン国務長官が11カ国の首脳に電話で遺憾の意を表明した。これまでにアースィフ・アリー・ザルダーリー・パキスタン大統領とハーミド・カルザイ・アフガニスタン大統領、クリスティーナ・フェルナンデス・デ・キルチネル・アルゼンチン大統領には電話で直接謝罪。他イギリス、フランス、ドイツ、中国、カナダの外相らにも遺憾の意を表明した。アメリカ外交公電ウィキリークス流出事件 フレッシュアイペディアより)

1 2 3 次へ
23件中 21 - 23件表示