アシュリー・コール ニュース&Wiki etc.

アシュリー・コール(Ashley Cole, 1980年12月20日 - )は、イギリス・ロンドン出身のイングランド代表のサッカー選手。ポジョションはDF。「世界最高の左サイドバック」との呼び声も高い。 (出典:Wikipedia)

「アシュリー・コール」最新ニュース

「アシュリー・コール」Q&A

  • Q&A

    アシュリー・コールがアーセナルからチェルシーに移籍した時は、やっぱり騒がれたのでしょ…

    [続きを読む]

    回答数:5質問日時 - 2016年9月19日 16:29

  • Q&A

    wccfを始めて3ヶ月程です。現在イングランド縛りのU5Rで遊んでいて、まだ10試合…

    [続きを読む]

    回答数:1質問日時 - 2016年9月8日 00:41

  • Q&A

    世界の左サイドバック。 以下でベスト3とワースト3に分類して下さい。 ロベルトカ…

    [続きを読む]

    回答数:2質問日時 - 2016年7月20日 20:57

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「アシュリー・コール」のつながり調べ

  • ビッグロンドン・ダービー

    ビッグロンドン・ダービーから見たアシュリー・コール

    2000年代にはカップ戦決勝で2度のビッグロンドン・ダービーが実現。2002年のFAカップ決勝ではアーセナルが2-0で勝利し、2007年のフットボールリーグカップ決勝ではチェルシーが2-1で勝利した。2003-04シーズンにはUEFAチャンピオンズリーグ準々決勝で対戦し、スタンフォード・ブリッジでのファーストレグは1-1の引き分けに終わったが、ハイバリーでのセカンドレグはアウェーのチェルシーが2-1で勝利し、チェルシーが準決勝に勝ち上がった。2006年にはアーセナルのアシュリー・コールがチェルシーに移籍したが、移籍合意の何ヶ月も前にチェルシーの首脳陣と会合を持っていたことが両クラブのサポーターを焚きつけた。2007年のフットボールリーグカップ決勝はダービー史上最高の試合のひとつとして語り継がれている。試合終了間際に多数の選手が絡んだ乱闘騒ぎが起こり、アーセナルのヤヤ・トゥーレとエマニュエル・アデバヨール、チェルシーのミケル・ジョン・オビの計3人にレッドカードが提示された。試合後、ミケルには4試合の出場停止処分が、ヤヤとアデバヨールには3試合の出場停止処分が下された。これらのことから、メディアは「スナーリングカップ決勝」(snarlは「混乱」や「紛糾」の意味)であったと試合を揶揄した。2011年10月29日にスタンフォード・ブリッジで行われた試合も、手に汗握る素晴らしい試合となった。アーセナルはロビン・ファン・ペルシーがハットトリックを達成し、アンドレ・サントスとテオ・ウォルコットが1点ずつ決めた。チェルシーはフランク・ランパードとジョン・テリーとフアン・マヌエル・マタが1点ずつ決め、ランパードの得点はチェルシーのクラブ史上6000点目のゴールとなったが、アーセナルが5-3で激しい撃ち合いを制した。(ビッグロンドン・ダービー フレッシュアイペディアより)

  • ポール・コンチェスキー

    ポール・コンチェスキーから見たアシュリー・コール

    悪人系の風貌であるがU-15イングランド代表から常に年代別代表に呼ばれ続け、ついにはA代表にも呼ばれた左サイドバック。正確なアーリークロスが魅力でFWの頭や足下へのピンポイントクロスの精度は抜群。若干の改善の余地はあるものの守備もそつなくこなしアシュリー・コール、ウェイン・ブリッジと並びイングランドの左サイドバックの層の厚さを見せつける存在である。(ポール・コンチェスキー フレッシュアイペディアより)

「アシュリー・コール」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

「アシュリー・コール」のニューストピックワード