前へ 1 2 3
28件中 1 - 10件表示
  • WAGs

    WAGsから見たアシュリー・コールアシュリー・コール

    フットボール選手と付き合う前から有名な芸能人もいる。デビッド・ベッカムの妻でスパイス・ガールズのメンバーヴィクトリア・ベッカムは世界的に有名だが、アシュリー・コールの妻で、国内では大人気の5人組グループ「ガールズ・アラウド」のメンバーであるシェリル・コールは自分はWAGsというくくりにされたくないという趣旨のコメントをしている。クロード・マケレレの元妻は、スーパーモデルでラッシュアワー3にも出演したノエミ・ルノワールである。ルカ・トーニはイタリアのトップモデルの恋人マルタ・チェッケットと付き合い始めた当初は、トーニは下部リーグの選手で彼の方が無名だった。WAGs フレッシュアイペディアより)

  • シェリル・コール

    シェリル・コールから見たアシュリー・コールアシュリー・コール

    前夫はイギリスのサッカー選手、アシュリー・コール。イギリスで最もセクシーな女性に選ばれている。シェリル・コール フレッシュアイペディアより)

  • ファイト・フォー・ディス・ラヴ

    ファイト・フォー・ディス・ラヴから見たアシュリー・コールアシュリー・コール

    彼女の最初のスタジオ・アルバム『スリー・ワーズ』に収録された曲で、彼女のファースト・シングルとしてリリースされた。各国の週間シングルチャートでは、母国の全英シングルチャートやアイルランド、ノルウェー、デンマークなどで1位を記録した。この曲のプロモーションの最中に、前夫でサッカー選手のアシュリー・コールとの結婚生活が破局したことが公表された。ファイト・フォー・ディス・ラヴ フレッシュアイペディアより)

  • ジャスティン・ホイト

    ジャスティン・ホイトから見たアシュリー・コールアシュリー・コール

    アーセナルFCのユース出身。2005-2006シーズンはサンダーランドAFCにレンタル移籍し、初めてシーズンを通して出場機会を得た。2006-2007シーズンはアシュリー・コールが移籍し、開いた左サイドバックの座をガエル・クリシーと争うが敗れる。右サイドバックではバカリ・サニャに座を明け渡した後も、ベンチ要員でもアーセナルに残り続けると宣言するクラブへの忠誠心が高いプレーヤーでもあった。2008年にミドルズブラFCへ300万ポンドで移籍した。ジャスティン・ホイト フレッシュアイペディアより)

  • ポール・コンチェスキー

    ポール・コンチェスキーから見たアシュリー・コールアシュリー・コール

    悪人系の風貌であるがU-15イングランド代表から常に年代別代表に呼ばれ続け、ついにはA代表にも呼ばれた左サイドバック。正確なアーリークロスが魅力でFWの頭や足下へのピンポイントクロスの精度は抜群。若干の改善の余地はあるものの守備もそつなくこなしアシュリー・コール、ウェイン・ブリッジと並びイングランドの左サイドバックの層の厚さを見せつける存在である。ポール・コンチェスキー フレッシュアイペディアより)

  • スチュアート・ピアース

    スチュアート・ピアースから見たアシュリー・コールアシュリー・コール

    2009年現在、ピアースは12番目のキャップ数を持つ選手であり、彼の前任者のケニー・サンソンは85キャップ数であるが、2000年にファン投票により選出された、イングランド代表歴代ベストイレブンでは、アシュリー・コールやサンソンを抑え、左サイドバックには大差でピアースが選ばれた。スチュアート・ピアース フレッシュアイペディアより)

  • ガエル・クリシー

    ガエル・クリシーから見たアシュリー・コールアシュリー・コール

    フランスのASカンヌでデビュー。1年在籍した後、アーセナルFCのトライアルを経て、見事合格を果たす。03-04シーズンには当時世界屈指の左サイドバックと謳われたアシュリー・コール不在時の穴を埋め、その才能を認められた。ガエル・クリシー フレッシュアイペディアより)

  • ウェイン・ブリッジ

    ウェイン・ブリッジから見たアシュリー・コールアシュリー・コール

    ジョゼ・モウリーニョ監督退任後のチームでは出場機会が減り、2006年にはフラムFCへレンタル移籍する。06/07シーズン、チェルシーに戻った後はレギュラーとして起用されると思われていたが、アシュリー・コールが移籍してきたため再び出場機会に恵まれない日々が続いていた。しかし、シーズン終盤にはコールの怪我もありレギュラーで使われることが増える。FAカップ決勝でも先発メンバーとしてフル出場、02/03シーズンに自身が成し遂げられなかった優勝に貢献している。ウェイン・ブリッジ フレッシュアイペディアより)

  • UEFAチャンピオンズリーグ 2005-06 決勝

    UEFAチャンピオンズリーグ 2005-06 決勝から見たアシュリー・コールアシュリー・コール

    FCバルセロナはシャビとアンドレス・イニエスタを先発メンバーから外し、中盤にエジミウソン、マルク・ファン・ボメル、デコを配置した4-3-3フォーメーションを展開した。この試合がFCバルセロナでのラストゲームになる可能性のあったヘンリク・ラーションはベンチから試合開始の笛を聞いた。一方のアーセナルFCは負傷中のローレン・エタメ・マイヤーの代わりの右サイドバックにエマニュエル・エブエを先発で起用し、シーズン中怪我に悩まされて今大会では2試合しか出場機会のなかったアシュリー・コールが左サイドバックに復帰した。1トップのアンリの背後にはフレドリック・ユングベリが位置した。UEFAチャンピオンズリーグ 2005-06 決勝 フレッシュアイペディアより)

  • 1980年のスポーツ

    1980年のスポーツから見たアシュリー・コールアシュリー・コール

    12月20日 - アシュリー・コール(イギリス、サッカー)1980年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3
28件中 1 - 10件表示

「アシュリー・コール」のニューストピックワード