前へ 1 2 3 4
32件中 1 - 10件表示
  • WAGs

    WAGsから見たアシュリー・コールアシュリー・コール

    逆にフットボール選手と付き合う前から有名な芸能人妻もいる。デビッド・ベッカムの妻でスパイス・ガールズのメンバーヴィクトリア・ベッカムは世界的に有名だが、アシュリー・コールの妻で、国内では大人気の5人組グループ「ガールズ・アラウド」のメンバーであるシェリル・コールは自分はWAGsというくくりにされたくないという趣旨のコメントをしている。クロード・マケレレの元恋人はスーパーモデルでラッシュアワー3にも出演したノエミ・ルノワールである。ルカ・トーニはイタリアのトップモデルの恋人マルタ・チェッケットと付き合い始めた当初は、トーニは下部リーグの選手で彼の方が無名だった。ジェラール・ピケの恋人であるシャキーラは2010 FIFAワールドカップがきっかけでピケと出会った時は既に彼女は世界的な知名度を得ていた。サンフレッチェ広島に所属するミハエル・ミキッチの妻はクロアチアのトップモデルのユプカ・ゴイッチで現在は広島とヨーロッパを行き来している。WAGs フレッシュアイペディアより)

  • シェリル・コール

    シェリル・コールから見たアシュリー・コールアシュリー・コール

    前夫はイギリスのサッカー選手、アシュリー・コール。イギリスで最もセクシーな女性に選ばれている。シェリル・コール フレッシュアイペディアより)

  • ファイト・フォー・ディス・ラヴ

    ファイト・フォー・ディス・ラヴから見たアシュリー・コールアシュリー・コール

    彼女の最初のスタジオ・アルバム『スリー・ワーズ』に収録された曲で、彼女のファースト・シングルとしてリリースされた。各国の週間シングルチャートでは、母国の全英シングルチャートやアイルランド、ノルウェー、デンマークなどで1位を記録した。この曲のプロモーションの最中に、前夫でサッカー選手のアシュリー・コールとの結婚生活が破局したことが公表された。ファイト・フォー・ディス・ラヴ フレッシュアイペディアより)

  • FAプレミアリーグ1999-2000

    FAプレミアリーグ1999-2000から見たアシュリー・コールアシュリー・コール

    アシュリー・コール、マイケル・キャリックらがデビューFAプレミアリーグ1999-2000 フレッシュアイペディアより)

  • サム・ハッチンソン

    サム・ハッチンソンから見たアシュリー・コールアシュリー・コール

    カルロ・アンチェロッティのもとでは主にサイドバックのポジションで出場。DFならどこでもプレーでき両サイドバックのポジションにも対応可能な為、アシュリー・コールのバックアッパーとしても見込まれていた。1度は膝の慢性的な怪我が治らずに2010年8月19日にわずか21歳での引退を発表、しかし2011年に復帰し、2011年12月31日のアストン・ヴィラ戦でベンチ入りしている。サム・ハッチンソン フレッシュアイペディアより)

  • シャーリル・ジャンタン

    シャーリル・ジャンタンから見たアシュリー・コールアシュリー・コール

    2000年11月、彼はライオネル・ルイスと共にイングランドのアーセナルFCの5週間のトレーニングに参加し、プレミアリーグの選手と交流した。その時共に練習した選手はアシュリー・コール、マシュー・アップソン、デヴィッド・ベントリー、ジャーメイン・ペナントといった顔触れであった。シャーリル・ジャンタン フレッシュアイペディアより)

  • ヘニング・ベルグ

    ヘニング・ベルグから見たアシュリー・コールアシュリー・コール

    マンチェスター・ユナイテッドでは、1998-99、1999-2000シーズンに2度のリーグ優勝、1998-99のFAカップ、UEFAチャンピオンズリーグ 1998-99に優勝を経験。3冠を達成した1998-99シーズンは、負傷により2つのカップ戦決勝で欠場を余儀なくされたものの、チャンピオンズリーグ準々決勝のインテルナツィオナーレ・ミラノ戦で多くのファンの記憶に残る活躍を見せた。また、1999年にリーグを制したことでプレミアリーグ史上初の異なる2クラブでリーグタイトルを獲得した選手となり、この偉業を達成した選手は2009年までにベルグ1人であった(2010年からニコラ・アネルカ、アシュリー・コール、ガエル・クリシー、コロ・トゥーレ、カルロス・テベスも達成)。ヘニング・ベルグ フレッシュアイペディアより)

  • ビッグロンドン・ダービー

    ビッグロンドン・ダービーから見たアシュリー・コールアシュリー・コール

    2000年代にはカップ戦決勝で2度のビッグロンドン・ダービーが実現。2002年のFAカップ決勝ではアーセナルが2-0で勝利し、2007年のフットボールリーグカップ決勝ではチェルシーが2-1で勝利した。2003-04シーズンにはUEFAチャンピオンズリーグ準々決勝で対戦し、スタンフォード・ブリッジでのファーストレグは1-1の引き分けに終わったが、ハイベリーでのセカンドレグはアウェーのチェルシーが2-1で勝利し、チェルシーが準決勝に勝ち上がった。2006年にはアーセナルのアシュリー・コールがチェルシーに移籍したが、移籍合意の何ヶ月も前にチェルシーの首脳陣と会合を持っていたことが両クラブのサポーターを焚きつけた。2007年のフットボールリーグカップ決勝はダービー史上最高の試合のひとつとして語り継がれている。試合終了間際に多数の選手が絡んだ乱闘騒ぎが起こり、アーセナルのコロ・トゥーレとエマニュエル・アデバヨール、チェルシーのミケル・ジョン・オビの計3人にレッドカードが提示された。試合後、ミケルには4試合の出場停止処分が、コロとアデバヨールには3試合の出場停止処分が下された。これらのことから、メディアは「スナーリングカップ決勝」(snarlは「混乱」や「紛糾」の意味)であったと試合を揶揄した。2011年10月29日にスタンフォード・ブリッジで行われた試合も、手に汗握る素晴らしい試合となった。アーセナルはロビン・ファン・ペルシーがハットトリックを達成し、アンドレ・サントスとテオ・ウォルコットが1点ずつ決めた。チェルシーはフランク・ランパードとジョン・テリーとフアン・マヌエル・マタが1点ずつ決め、ランパードの得点はチェルシーのクラブ史上6000点目のゴールとなったが、アーセナルが5-3で激しい撃ち合いを制した。近年はチェルシーが優勢となっており、特にジョゼ・モウリーニョがチェルシーを率いてる間(2004-2007年と2013-2015年)、アーセナルが勝ったのは2015年のFAコミュニティ・シールドのみである。ビッグロンドン・ダービー フレッシュアイペディアより)

  • ルーク・ショー

    ルーク・ショーから見たアシュリー・コールアシュリー・コール

    2014年2月27日、デンマーク代表との親善試合に向けたA代表のメンバーに招集された。その試合ではアシュリー・コールと交代で後半から出場し、チームも1-0で勝利を挙げた。ルーク・ショー フレッシュアイペディアより)

  • ジャスティン・ホイト

    ジャスティン・ホイトから見たアシュリー・コールアシュリー・コール

    アーセナルFCのユース出身。2005-2006シーズンはサンダーランドAFCにレンタル移籍し、初めてシーズンを通して出場機会を得た。2006-2007シーズンはアシュリー・コールが移籍し、開いた左サイドバックの座をガエル・クリシーと争うが敗れる。右サイドバックではバカリ・サニャに座を明け渡した後も、ベンチ要員でもアーセナルに残り続けると宣言するクラブへの忠誠心が高いプレーヤーでもあった。2008年にミドルズブラFCへ300万ポンドで移籍した。ジャスティン・ホイト フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4
32件中 1 - 10件表示

「アシュリー・コール」のニューストピックワード