28件中 11 - 20件表示
  • FAプレミアリーグ1999-2000

    FAプレミアリーグ1999-2000から見たアシュリー・コールアシュリー・コール

    アシュリー・コール、マイケル・キャリックらがデビューFAプレミアリーグ1999-2000 フレッシュアイペディアより)

  • パスカル・シガン

    パスカル・シガンから見たアシュリー・コールアシュリー・コール

    2002年夏、フランス人のアーセン・ベンゲル監督が率いるイングランド・プレミアリーグのアーセナルFCに移籍金200万ポンドで移籍し。9月1日のチェルシーFC戦(1-1)でヌワンコ・カヌとの途中交代で出場してデビューした。2003-04シーズンは18試合に出場してリーグ優勝メダルを受け取った。2004-05シーズンはソル・キャンベルが負傷がちであったために出場機会に恵まれ、15試合に先発出場した。スピード不足からしばしばオウンゴールを献上しており、2004年11月2日、UEFAチャンピオンズリーグのパナシナイコスFC戦でもオウンゴールを記録した。2005-06シーズンは左サイドバックのアシュリー・コールとガエル・クリシーが相次いで負傷したため、シガンが急遽左サイドバックにコンバートされ、2006年1月9日にはリーグの週間ベストイレブンに選ばれた。出場した公式戦20試合のうち12試合に勝利し、そのうちの11試合は無失点に抑えた。左サイドバックにはマテュー・フラミニがおさまり、シガンはソル・キャンベル、コロ・トゥーレ、フィリップ・センデロスに次ぐセンターバック4番手のポジションをヨハン・ジュルーと争っていたが、2006年1月にはハムストリングを負傷し、2005-06シーズンの残りに出場することが絶望となった。アーセナルFCではUEFAチャンピオンズリーグでの20試合を含む公式戦通算98試合に出場した。アーセナルFCでは計3得点を挙げているが、このうちの1点は2003年3月のエヴァートンFC戦での得点であり、他の2点は2005-06シーズン開幕戦のフラムFC戦(4-1)での予期せぬ2得点である。パスカル・シガン フレッシュアイペディアより)

  • シウヴィオ・メンデス・カンポス・ジュニオル

    シウヴィオ・メンデス・カンポス・ジュニオルから見たアシュリー・コールアシュリー・コール

    1999年夏にはトッテナム・ホットスパーFCなどからもオファーがあったが、イングランド・プレミアリーグのアーセナルFCに移籍した。アーセナルFCがブラジル人選手と契約するのは彼が初めてであった。左サイドバックのレギュラーは長らくDFナイジェル・ウィンターバーン(Nigel Winterburn)が務めていたが、移籍してまもなくレギュラーの座を奪った。フットボールリーグカップのミドルスブラFC戦ではペナルティキックを失敗し、1999-2000シーズンのUEFAカップ決勝・ガラタサライSK戦(PK 1-4)でもPK戦で敗れるという悲嘆を味わった。なお、ガラタサライSK戦ではキッカーになっていない。2000-01シーズンにはDFアシュリー・コールが台頭し、24試合の出場にとどまった。わずか2シーズンの在籍であったが、多くの友人やファンを得て、2000年5月9日のシェフィールド・ウェンズデイFC戦や2000年8月のチャールトン・アスレティックFC戦や2000年9月のチェルシーFC戦での得点に代表されるスペクタクルなゴールをいくつも決めた。また、UEFAチャンピオンズリーグのACスパルタ・プラハ戦やFCスパルタク・モスクワ戦では1試合2得点を決めている。シウヴィオ・メンデス・カンポス・ジュニオル フレッシュアイペディアより)

  • アシュリー

    アシュリーから見たアシュリー・コールアシュリー・コール

    アシュリー・コール - イギリス出身のサッカー選手。アシュリー フレッシュアイペディアより)

  • サム・ハッチンソン

    サム・ハッチンソンから見たアシュリー・コールアシュリー・コール

    カルロ・アンチェロッティのもとでは主にサイドバックのポジションで出場。DFならどこでもプレーでき両サイドバックのポジションにも対応可能な為、アシュリー・コールのバックアッパーとしても見込まれている。1度は膝の慢性的な怪我が治らずに2010年8月19日にわずか21歳での引退を発表、しかし2011年に復帰し、2011年12月31日のアストン・ヴィラ戦でベンチ入りしている。サム・ハッチンソン フレッシュアイペディアより)

  • レイトン・ベインズ

    レイトン・ベインズから見たアシュリー・コールアシュリー・コール

    2002年10月、ウィガン・アスレティックでトップチームデビュー。2004-05シーズンのイプスウィッチ・タウン戦においては、約27メートル付近から豪快なシュートを放ちプロ初ゴールをマークした。その後スティーブ・マクミランからスタメンの座を奪うと一気にブレーク。アシュリー・コールの後継者と称され、マンチェスター・ユナイテッド、アーセナル、エバートンを含むプレミアの複数のクラブから注目を集めた。また、同シーズンにはU-21イングランド代表に初選出されている。レイトン・ベインズ フレッシュアイペディアより)

  • マチュー・フラミニ

    マチュー・フラミニから見たアシュリー・コールアシュリー・コール

    2005-06シーズンは当初セスク・ファブレガス、ジウベルト・シウバの控えという立場であったが、アシュリー・コール、ガエル・クリシー、パスカル・シガン、ローレンらの左サイドバックが立て続けに怪我をし払底してしまったため、急遽フラミニが左サイドバックに起用されることとなった。フラミニはこのチャンスを逃さず、無難なプレー振りを披露。監督のアーセン・ベンゲルからも高い評価を得た。マチュー・フラミニ フレッシュアイペディアより)

  • ジャーメイン・ペナント

    ジャーメイン・ペナントから見たアシュリー・コールアシュリー・コール

    私生活ではアシュリー・コールと仲が良い。しかし飲酒運転で潰した車はコールの物である。ジャーメイン・ペナント フレッシュアイペディアより)

  • ライアン・バートランド

    ライアン・バートランドから見たアシュリー・コールアシュリー・コール

    チェルシーの先輩アシュリー・コールのような俊敏性に優れたレフトバック。11-12チャンピオンズリーグ決勝では相手の右サイドハーフアリエン・ロッベンに対応するために左サイドハーフで起用された。ライアン・バートランド フレッシュアイペディアより)

  • スコット・パーカー

    スコット・パーカーから見たアシュリー・コールアシュリー・コール

    スターティングメンバーとして出場したのは、欧州選手権予選のクロアチア代表戦である。その試合では、パーカーの動きはスティーヴン・ジェラードやフランク・ランパードなどの攻撃的な選手が空けたスペースを埋めることとフォローすることに制限された。スティーヴ・マクラーレンは特に、相手のウイングの選手をマークし、ギャリー・ネヴィルとアシュリー・コールのサポートをすることを求めた。スコット・パーカー フレッシュアイペディアより)

28件中 11 - 20件表示

「アシュリー・コール」のニューストピックワード