32件中 11 - 20件表示
  • アシュリー

    アシュリーから見たアシュリー・コールアシュリー・コール

    アシュリー・コール - イギリス出身のサッカー選手。アシュリー フレッシュアイペディアより)

  • UEFAチャンピオンズリーグ 2005-06 決勝

    UEFAチャンピオンズリーグ 2005-06 決勝から見たアシュリー・コールアシュリー・コール

    FCバルセロナはシャビとアンドレス・イニエスタを先発メンバーから外し、中盤にエジミウソン、マルク・ファン・ボメル、デコを配置した4-3-3フォーメーションを展開した。この試合がFCバルセロナでのラストゲームになる可能性のあったヘンリク・ラーションはベンチから試合開始の笛を聞いた。一方のアーセナルFCは負傷中のローレン・エタメ・マイヤーの代わりの右サイドバックにエマニュエル・エブエを先発で起用し、シーズン中怪我に悩まされて今大会では2試合しか出場機会のなかったアシュリー・コールが左サイドバックに復帰した。1トップのアンリの背後にはフレドリック・ユングベリが位置した。UEFAチャンピオンズリーグ 2005-06 決勝 フレッシュアイペディアより)

  • 1980年のスポーツ

    1980年のスポーツから見たアシュリー・コールアシュリー・コール

    12月20日 - アシュリー・コール(イギリス、サッカー)1980年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • インヴィンシブルズ (サッカー)

    インヴィンシブルズ (サッカー)から見たアシュリー・コールアシュリー・コール

    パトリック・ヴィエラ、デニス・ベルカンプ、マーティン・キーオン、レイ・パーラーの4名は1997-98シーズンのダブル達成時も在籍していた。右サイドバックおよび守備的ミッドフィールダーが本職のコロ・トゥーレはソル・キャンベルとセンターバックのコンビを組んだ。ローレン・エタメ・マイヤーはマヨルカではミッドフィールダーでプレーしていたが、アーセナル移籍後右サイドバックにポジションを移した。左サイドバックはアカデミー育ちの新鋭アシュリー・コールが抜擢された。中盤はジウベルト・シウバがキャプテンのヴィエラとコンビを組み、フレドリック・ユングベリとロベール・ピレスがサイドを担当した。攻撃の中核はティエリ・アンリが担い、ベルカンプがサポート役に回った。インヴィンシブルズ (サッカー) フレッシュアイペディアより)

  • ガールズ・アラウド

    ガールズ・アラウドから見たアシュリー・コールアシュリー・コール

    シェリル・コール…(Cheryl Ann Cole, 1983年6月30日-)ニューカッスル出身。 チェルシーFC所属のサッカー選手アシュリー・コールの元妻でもある。2003年に黒人従業員への暴行と人種差別発言疑惑を起こしている。ガールズ・アラウド フレッシュアイペディアより)

  • ジョゼ・モウリーニョ

    ジョゼ・モウリーニョから見たアシュリー・コールアシュリー・コール

    2006-07シーズンはFAカップ、リーグカップのカップ・ダブルを達成するが、24人前後という少数精鋭で戦うチームであった為、怪我人の対応に後手を踏んだ。2006年10月14日に行われたレディング戦で頭蓋骨の陥没骨折という大怪我を負った守護神のペトル・チェフを筆頭に、主将のジョン・テリーや同じイングランド代表の主力だったアシュリー・コールといったDF陣を中心とした実に10人近くの主力が相次ぐ故障に倒れ冬の移籍市場でDFの補強を要求するモウリーニョと、補強をしようとしない経営陣との対立が表面化。「このチームにスターは存在しない。一致団結したチームこそスターだ」というモウリーニョ・イズムは崩れ、「報道を忘れる必要がある」と否定する姿勢を見せず、同シーズン限りでチームの監督を辞するのではという憶測が流れた。モウリーニョ自身は「2010年の契約満了まで自分から辞める事はない」と明言。だが、クラブオーナーであるロマン・アブラモヴィッチの態度は不明瞭であり解任の噂が絶えなかった。結局史上5チーム目の3連覇が懸かっていたリーグ戦では、テリーが欠場した(18節?25節)試合は4勝3分け1敗で、総失点24のうち10失点がこの時期に奪われたのもあり、優勝したマンチェスター・ユナイテッドに6ポイント差を付けられて2位に終わった。そして、2007年9月15日に行われたプレミアリーグのブラックバーン・ローバーズ戦や、2007年9月18日に行われたUEFAチャンピオンズリーグで、ノルウェー・エリテセリエンの王者・ローゼンボリ戦といった勝ちを計算出来た筈の2試合をいずれも引き分けたのが決定打となり、2007年9月20日、チェルシーとの契約解除が公式ホームページ上で発表された。モウリーニョとクラブ側双方合意の上でのものだったが、事実上の解任であった。後任には、アヴラム・グラントが就任。このシーズン、クラブ史上初めてUEFAチャンピオンズリーグ決勝に進出を果たすも、サポーターから「モウリーニョの遺産」と揶揄されていた。ジョゼ・モウリーニョ フレッシュアイペディアより)

  • ウィリアム・ギャラス

    ウィリアム・ギャラスから見たアシュリー・コールアシュリー・コール

    2006年にはアメリカ遠征を無断欠席した事でクラブの怒りを買い、移籍してきたミヒャエル・バラックに自身の背番号13を勝手にクラブによって奪われ、8月31日に自身+金銭(500万ポンド)の条件でアーセナルFCのアシュリー・コールとのトレードが成立。アーセナルへと移籍している。アーセナルではディフェンダーとしては珍しい背番号10(ギャラスが来る前はデニス・ベルカンプがつけていた)を背負い、ディフェンスリーダーとしてセンターバックで活躍した。ウィリアム・ギャラス フレッシュアイペディアより)

  • マチュー・フラミニ

    マチュー・フラミニから見たアシュリー・コールアシュリー・コール

    2005-06シーズンは当初セスク・ファブレガス、ジウベルト・シウバの控えという立場であったが、アシュリー・コール、ガエル・クリシー、パスカル・シガン、ローレンらの左サイドバックが立て続けに怪我をし払底してしまったため、急遽フラミニが左サイドバックに起用されることとなった。フラミニはこのチャンスを逃さず、無難なプレー振りを披露。監督のアーセン・ベンゲルからも高い評価を得た。マチュー・フラミニ フレッシュアイペディアより)

  • スティーヴン・ウォーノック

    スティーヴン・ウォーノックから見たアシュリー・コールアシュリー・コール

    2005年8月29日にスヴェン・ゴラン・エリクソン監督の下で2006 FIFAワールドカップ・ヨーロッパ予選のウェールズ戦と北アイルランド戦に向けてイングランド代表に初招集された。左サイドバックの1番手アシュリー・コールは居たものの、控えを務めるウェイン・ブリッジ、ポール・コンチェスキーといった選手達が相次いで離脱したためとはいえ驚きを持って伝えられた。2008年5月11日にアメリカとトリニダード・トバゴとの親善試合に向け、ファビオ・カペッロ監督によって再招集され、6月1日のトリニダード・トバゴ戦でブリッジに代わり84分から初出場を飾った。その後、出場することはなかったもののブラジル戦やエジプト戦と定期的に招集されたことや、クラブでの活躍から2番手のブリッジを追いやるだろうと囁かれ始め、2010年5月11日に2010 FIFAワールドカップへ向けた暫定30名に名を連ね、6月1日に最終23名に選出された。元々アシュリー・コールの控えとして見られていたことから出場は容易ではないだろうと予想されており、実際にアシュリー・コールの素晴らしさとイングランド代表が早期に敗退したことにより出番は訪れなかった。スティーヴン・ウォーノック フレッシュアイペディアより)

  • パスカル・シガン

    パスカル・シガンから見たアシュリー・コールアシュリー・コール

    2002年夏、フランス人のアーセン・ベンゲル監督が率いるイングランド・プレミアリーグのアーセナルFCに移籍金200万ポンドで移籍し。9月1日のチェルシーFC戦(1-1)でヌワンコ・カヌとの途中交代で出場してデビューした。2003-04シーズンは18試合に出場してリーグ優勝メダルを受け取った。2004-05シーズンはソル・キャンベルが負傷がちであったために出場機会に恵まれ、15試合に先発出場した。スピード不足からしばしばオウンゴールを献上しており、2004年11月2日、UEFAチャンピオンズリーグのパナシナイコスFC戦でもオウンゴールを記録した。2005-06シーズンは左サイドバックのアシュリー・コールとガエル・クリシーが相次いで負傷したため、シガンが急遽左サイドバックにコンバートされ、2006年1月9日にはリーグの週間ベストイレブンに選ばれた。出場した公式戦20試合のうち12試合に勝利し、そのうちの11試合は無失点に抑えた。左サイドバックにはマテュー・フラミニがおさまり、シガンはソル・キャンベル、コロ・トゥーレ、フィリップ・センデロスに次ぐセンターバック4番手のポジションをヨハン・ジュルーと争っていたが、2006年1月にはハムストリングを負傷し、2005-06シーズンの残りに出場することが絶望となった。アーセナルFCではUEFAチャンピオンズリーグでの20試合を含む公式戦通算98試合に出場した。アーセナルFCでは計3得点を挙げているが、このうちの1点は2003年3月のエヴァートンFC戦での得点であり、他の2点は2005-06シーズン開幕戦のフラムFC戦(4-1)での予期せぬ2得点である。パスカル・シガン フレッシュアイペディアより)

32件中 11 - 20件表示

「アシュリー・コール」のニューストピックワード