32件中 21 - 30件表示
  • ガエル・クリシー

    ガエル・クリシーから見たアシュリー・コールアシュリー・コール

    フランスのASカンヌでデビュー。1年在籍した後、アーセナルFCのトライアルを経て、見事合格を果たす。03-04シーズンには当時世界屈指の左サイドバックと謳われたアシュリー・コール不在時の穴を埋め、その才能を認められた。ガエル・クリシー フレッシュアイペディアより)

  • セサル・アスピリクエタ

    セサル・アスピリクエタから見たアシュリー・コールアシュリー・コール

    2012年8月、チェルシーFC移籍が決定。2013-14シーズンには、ジョゼ・モウリーニョ監督によって左サイドバックにコンバートされると、安定したパフォーマンスを見せ、アシュリー・コールからレギュラーを奪取。同シーズンのキャピタル・ワン・カップのアーセナル戦でチェルシーでの公式戦初得点を記録した。セサル・アスピリクエタ フレッシュアイペディアより)

  • ジャーメイン・ペナント

    ジャーメイン・ペナントから見たアシュリー・コールアシュリー・コール

    私生活ではアシュリー・コールと仲が良い。しかし飲酒運転で潰した車はコールの物である。ジャーメイン・ペナント フレッシュアイペディアより)

  • ウェイン・ブリッジ

    ウェイン・ブリッジから見たアシュリー・コールアシュリー・コール

    ジョゼ・モウリーニョ監督退任後は出場機会が減り、2006年にフラムFCへレンタル移籍する。2006-07シーズン、チェルシーに戻った後はレギュラーとして起用されると思われていたが、アシュリー・コールが移籍してきたため再び出場機会に恵まれない日々が続いていた。しかし、シーズン終盤にはコールの怪我もありレギュラーで使われることが増える。FAカップ決勝でも先発メンバーとしてフル出場、2002-03シーズンに自身が成し遂げられなかった優勝に貢献している。ウェイン・ブリッジ フレッシュアイペディアより)

  • スコット・パーカー

    スコット・パーカーから見たアシュリー・コールアシュリー・コール

    スターティングメンバーとして出場したのは、UEFA EURO 2008予選のクロアチア代表戦である。その試合では、パーカーの動きはスティーヴン・ジェラードやフランク・ランパードなどの攻撃的な選手が空けたスペースを埋めることとフォローすることに制限された。スティーブ・マクラーレンは特に、相手のウイングの選手をマークし、ガリー・ネヴィルとアシュリー・コールのサポートをすることを求めた。スコット・パーカー フレッシュアイペディアより)

  • ライアン・バートランド

    ライアン・バートランドから見たアシュリー・コールアシュリー・コール

    チェルシーの先輩アシュリー・コールのような俊敏性に優れたレフトバック。11-12チャンピオンズリーグ決勝では相手の右サイドハーフアリエン・ロッベンに対応するために左サイドハーフで起用された。ライアン・バートランド フレッシュアイペディアより)

  • スチュアート・ピアース

    スチュアート・ピアースから見たアシュリー・コールアシュリー・コール

    2009年現在、ピアースは12番目のキャップ数を持つ選手であり、彼の前任者のケニー・サンソンは85キャップ数であるが、2000年にファン投票により選出された、イングランド代表歴代ベストイレブンでは、アシュリー・コールやサンソンを抑え、左サイドバックには大差でピアースが選ばれた。スチュアート・ピアース フレッシュアイペディアより)

  • シウヴィオ・メンデス・カンポス・ジュニオル

    シウヴィオ・メンデス・カンポス・ジュニオルから見たアシュリー・コールアシュリー・コール

    1999年夏にはトッテナム・ホットスパーFCなどからもオファーがあったが、イングランド・プレミアリーグのアーセナルFCに移籍した。アーセナルFCがブラジル人選手と契約するのは彼が初めてであった。左サイドバックのレギュラーは長らくDFナイジェル・ウィンターバーン (Nigel Winterburn) が務めていたが、移籍してまもなくレギュラーの座を奪った。フットボールリーグカップのミドルスブラFC戦ではペナルティキックを失敗し、1999-2000シーズンのUEFAカップ決勝・ガラタサライSK戦 (PK 1-4) でもPK戦で敗れるという悲嘆を味わった。なお、ガラタサライSK戦ではキッカーになっていない。2000-01シーズンにはDFアシュリー・コールが台頭し、24試合の出場にとどまった。わずか2シーズンの在籍であったが、多くの友人やファンを得て、2000年5月9日のシェフィールド・ウェンズデイFC戦や2000年8月のチャールトン・アスレティックFC戦や2000年9月のチェルシーFC戦での得点に代表されるスペクタクルなゴールをいくつも決めた。また、UEFAチャンピオンズリーグのACスパルタ・プラハ戦やFCスパルタク・モスクワ戦では1試合2得点を決めている。シウヴィオ・メンデス・カンポス・ジュニオル フレッシュアイペディアより)

  • 1980年

    1980年から見たアシュリー・コールアシュリー・コール

    12月20日 - アシュリー・コール、サッカー選手1980年 フレッシュアイペディアより)

  • ASローマ

    ASローマから見たアシュリー・コールアシュリー・コール

    2014-15シーズンは、ベナティアがバイエルン・ミュンヘンに移籍したものの、コンスタンティノス・マノラス、アシュリー・コール、ウルビー・エマヌエルソン、フアン・マヌエル・イトゥルベ、セイドゥ・ケイタ、ダヴィデ・アストーリらを獲得し冬の移籍市場では、ビクトル・イバルボ、セイドゥ・ドゥンビア、ニコラス・スポッリを獲得。UEFAチャンピオンズリーグではバイエルン・ミュンヘン、マンチェスター・シティに勝ちきれずグループステージ敗退となった。UEFAヨーロッパリーグではベスト16でACFフィオレンティーナに敗れた。リーグ戦ではSSラツィオ相手にトッティが2ゴールを挙げる活躍を見せた。ASローマ フレッシュアイペディアより)

32件中 21 - 30件表示

「アシュリー・コール」のニューストピックワード