1 2 3 次へ
28件中 21 - 28件表示
  • セバスティアン・ラーション

    セバスティアン・ラーションから見たアシュリー・コールアシュリー・コール

    ユース時代にはエシルストゥーナ・シティFK、IFKエシルストゥーナ、アーセナルFCに所属し、トップチームに昇進した。アーセナルでは、当時左サイドバックであったアシュリー・コール、ガエル・クリシー、パスカル・シガンが次々と負傷離脱したことで左サイドバックのポジションに着いた。攻撃能力が高く、精度の高いフリーキックも武器のひとつ。本来は両サイド、ボランチであるが左サイドバックのポジションも難無くこなし、評価を上げた。怪我人の復帰やマチュー・フラミニの台頭によって再びベンチとなり、2006-2007シーズンはバーミンガム・シティFCに1年間レンタルされる。2007-2008シーズンに完全移籍を果たした。バーミンガム・シティFCでは主に右サイドでプレーしている。2011-12シーズンよりサンダーランドAFCへ移籍。セバスティアン・ラーション フレッシュアイペディアより)

  • ビッグロンドン・ダービー

    ビッグロンドン・ダービーから見たアシュリー・コールアシュリー・コール

    2000年代にはカップ戦決勝で2度のビッグロンドン・ダービーが実現。2002年のFAカップ決勝ではアーセナルが2-0で勝利し、2007年のフットボールリーグカップ決勝ではチェルシーが2-1で勝利した。2003-04シーズンにはUEFAチャンピオンズリーグ準々決勝で対戦し、スタンフォード・ブリッジでのファーストレグは1-1の引き分けに終わったが、ハイバリーでのセカンドレグはアウェーのチェルシーが2-1で勝利し、チェルシーが準決勝に勝ち上がった。2006年にはアーセナルのアシュリー・コールがチェルシーに移籍したが、移籍合意の何ヶ月も前にチェルシーの首脳陣と会合を持っていたことが両クラブのサポーターを焚きつけた。2007年のフットボールリーグカップ決勝はダービー史上最高の試合のひとつとして語り継がれている。試合終了間際に多数の選手が絡んだ乱闘騒ぎが起こり、アーセナルのヤヤ・トゥーレとエマニュエル・アデバヨール、チェルシーのミケル・ジョン・オビの計3人にレッドカードが提示された。試合後、ミケルには4試合の出場停止処分が、ヤヤとアデバヨールには3試合の出場停止処分が下された。これらのことから、メディアは「スナーリングカップ決勝」(snarlは「混乱」や「紛糾」の意味)であったと試合を揶揄した。2011年10月29日にスタンフォード・ブリッジで行われた試合も、手に汗握る素晴らしい試合となった。アーセナルはロビン・ファン・ペルシーがハットトリックを達成し、アンドレ・サントスとテオ・ウォルコットが1点ずつ決めた。チェルシーはフランク・ランパードとジョン・テリーとフアン・マヌエル・マタが1点ずつ決め、ランパードの得点はチェルシーのクラブ史上6000点目のゴールとなったが、アーセナルが5-3で激しい撃ち合いを制した。ビッグロンドン・ダービー フレッシュアイペディアより)

  • ヘニング・ベルグ

    ヘニング・ベルグから見たアシュリー・コールアシュリー・コール

    史上初めて異なる二つのクラブでプレミアリーグのタイトルを獲得した選手(2010年にアシュリー・コール、ニコラ・アネルカも達成)。ヘニング・ベルグ フレッシュアイペディアより)

  • ウィリアム・ギャラス

    ウィリアム・ギャラスから見たアシュリー・コールアシュリー・コール

    2006年にはアメリカ遠征無断欠席した事でクラブの怒りを買い、移籍してきたミヒャエル・バラックに自身の背番号13を勝手にクラブによって奪われ、8月31日に自身+金銭(500万ポンド)の条件でアーセナルのアシュリー・コールとのトレードが成立。アーセナルへと移籍している。アーセナルではディフェンダーとしては珍しい背番号10(ギャラスが来る前はデニス・ベルカンプがつけていた)を背負い、ディフェンスリーダーとしてセンターバックで活躍した。ウィリアム・ギャラス フレッシュアイペディアより)

  • ガールズ・アラウド

    ガールズ・アラウドから見たアシュリー・コールアシュリー・コール

    シェリル・コール…(Cheryl Ann Cole, 1983年6月30日-)ニューカッスル出身。 チェルシーFC所属のサッカー選手アシュリー・コールの元妻でもある。2003年に黒人従業員への暴行と人種差別発言疑惑を起こしている。ガールズ・アラウド フレッシュアイペディアより)

  • チェルシーFC

    チェルシーFCから見たアシュリー・コールアシュリー・コール

    2006年夏の移籍市場ではミヒャエル・バラック、アンドリー・シェフチェンコ、アシュリー・コールら大物選手を獲得し、一方でダミアン・ダフ、エイドゥル・グジョンセン、ウィリアム・ギャラスといったこれまでの主力選手を放出してチーム編成を一新した。2006-07シーズンはカーリングカップとFAカップの2冠を達成し、モウリーニョの監督就任以来3年連続でタイトルを獲得するも、リーグではマンチェスター・ユナイテッドの後塵を拝して2位に終わり、3連覇を逃す。またチャンピオンズリーグでも2年前と同様、決勝トーナメント準決勝でリヴァプールに敗れベスト4の壁を越えることは出来なかった。このシーズンの結果については、高額な給料を受け取りながら期待された活躍が出来ずに終わった新加入選手と、その獲得を推進したとされるクラブの経営陣に対する批判的な論調が起こっていた。こうした状況は2007-08シーズンも続き、シーズン序盤の9月20日、就任以来強いカリスマ性を発揮して選手やファンから支持されてきたモウリーニョが辞任する事態に至ると、その衝撃はチーム内外に渡り、動揺を露にする選手の声、経営陣の責任を問うファンの声などが頻繁に聞かれた。チェルシーFC フレッシュアイペディアより)

  • 1980年

    1980年から見たアシュリー・コールアシュリー・コール

    12月20日 - アシュリー・コール、サッカー選手1980年 フレッシュアイペディアより)

  • ジョゼ・モウリーニョ

    ジョゼ・モウリーニョから見たアシュリー・コールアシュリー・コール

    アーセナルFCのアシュリー・コールと秘密裏に会談していたとして2005年6月に20万ポンドの罰金を課された。これは後に7万5千ポンドに減額された。モウリーニョはアーセナルの監督アーセン・ベンゲルを「覗き魔」だと批判した。ベンゲルはこのコメントに激怒し告訴を検討したが、モウリーニョが謝罪したことで事態は収束した。ジョゼ・モウリーニョ フレッシュアイペディアより)

1 2 3 次へ
28件中 21 - 28件表示

「アシュリー・コール」のニューストピックワード