前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
156件中 1 - 10件表示
  • 2006年のサッカー

    2006年のサッカーから見たAFCアジアカップAFCアジアカップ

    2月22日 - 日本代表が横浜国際総合競技場で行われた2007AFCアジアカップ予選初戦となるインド戦で6-0で快勝。小野伸二(浦和)がジーコ監督就任後公式戦100ゴール目となる先制点を決める。2006年のサッカー フレッシュアイペディアより)

  • 我那覇和樹

    我那覇和樹から見たAFCアジアカップAFCアジアカップ

    2006年の活躍を認められ、同年日本代表監督に就任したイビチャ・オシムにより日本代表に初選出される(沖縄県出身者としては初めての日本代表選手)。オシムジャパン最初の試合となった8月9日の国際親善試合、トリニダード・トバゴ戦(国立霞ヶ丘陸上競技場)で先発出場。同年9月6日のアジアカップ予選、イエメン戦(サナア)では後半途中から出場し、ロスタイムに決勝点となる代表初ゴールを決める。同年11月15日のアジアカップ予選、サウジアラビア戦(札幌ドーム)では、前半29分、後半5分に相次いで得点を挙げ、1試合2得点をマークした。我那覇和樹 フレッシュアイペディアより)

  • サッカー日本代表

    サッカー日本代表から見たAFCアジアカップAFCアジアカップ

    FIFAワールドカップには4回出場し、2002年と2010年に最高成績となるベスト16に入った。AFCアジアカップでは最多となる4回の優勝を記録している。アジアサッカー連盟および東アジアサッカー連盟所属。サッカー日本代表 フレッシュアイペディアより)

  • サッカーサウジアラビア代表

    サッカーサウジアラビア代表から見たAFCアジアカップAFCアジアカップ

    国際試合への参加は1978年のFIFAワールドカップ・アルゼンチン大会の予選から。1984年・1988年のAFCアジアカップでは砂漠のペレと称されたマジェド・アブドゥラーらの活躍で連続優勝。1984年のロサンゼルスオリンピック出場も果たしている。ただ、ワールドカップ本大会への初出場は1994年のアメリカ大会まで待たなければならず、前年1993年のアジア最終予選ではカウンター重視の手堅い試合運びを演じ、1位で同予選を通過した。同予選では初戦の日本戦で主将のアブドゥラーが負傷し、とりわけ第3戦の韓国戦ではアル=ディアイエのミスから先制を許し攻勢にさらされたが、終了間際にアーメド・マダニのヘディングで同点に追いつき危機を乗り切った。試合終了後には難関を乗り切ったことに安堵したサウジ・サポーターがピッチになだれ込む一幕があった。翌年の本大会ではオランダ、モロッコ、ベルギーのグループリーグを2勝1敗のグループ2位で通過。第3戦のベルギー戦では、アブドゥラーが前半で負傷するもののサイード・オワイランが、ディエゴ・マラドーナに匹敵する4人を突破した伝説的なドリブルシュートを決め、グループステージを通過。トーナメント1回戦でスウェーデンに敗れるもベスト16の成績を残している。これがサウジアラビアの同大会における最高成績である。サッカーサウジアラビア代表 フレッシュアイペディアより)

  • LOVE ME DO (芸人)

    LOVE ME DO (芸人)から見たAFCアジアカップAFCアジアカップ

    2011年1月25日2011年アジアカップカタール大会の準決勝の試合前にTwitterでつぶやいた占いで前田遼一選手のゴールを西洋占星術を使い予言し的中させていた。LOVE ME DO (芸人) フレッシュアイペディアより)

  • 中村俊輔

    中村俊輔から見たAFCアジアカップAFCアジアカップ

    AFCアジアカップベストイレブン:2回 (2000年、2004年)中村俊輔 フレッシュアイペディアより)

  • 高原直泰

    高原直泰から見たAFCアジアカップAFCアジアカップ

    1999年にはワールドユースで3得点を挙げ準優勝、シドニーオリンピックでは3得点を挙げGL突破、A代表では2000年アジアカップに出場し優勝、またベストイレブンに選ばれる。高原直泰 フレッシュアイペディアより)

  • 三浦知良

    三浦知良から見たAFCアジアカップAFCアジアカップ

    1992年 - ナビスコカップMVP・得点王、ダイナスティカップMVP、AFCアジアカップ大会最優秀選手、アジアベストイレブン賞三浦知良 フレッシュアイペディアより)

  • アジアサッカー連盟

    アジアサッカー連盟から見たAFCアジアカップAFCアジアカップ

    フィリピン首都マニラで開催された1954年第2回マニラアジア大会がきっかけとなり、アジア各国のサッカー協会の代表者らがマニラアジア大会開催中の1954年5月8日にアジアサッカー連盟(AFC)を設立し、マレーシア首都クアラルンプールに本部を置いた。同年6月、AFCはFIFAからFIFA傘下の地域連盟として承認された。この時のAFC創設メンバーはアフガニスタン、ミャンマー、台湾、香港、インド、インドネシア、日本、韓国、パキスタン、フィリピン、シンガポール、ベトナム、イスラエルの13か国である(なお、AFCは政治的配慮により今もなお、イスラエルを創設メンバーとして認めておらず、AFC創設メンバーは12か国であるとしている)。当初は東南アジア勢や韓国がアジアの強豪であったが、アラブ・中東諸国がオイルマネーやガルフカップを背景に台頭し、特に1970年代にはイランがAFCアジアカップで3連覇を達成した。その後、サウジアラビア、イラク、クウェート、UAEなども加わり、1990年代前半までは、1986年FIFAワールドカップ・メキシコ大会に8大会ぶりに本大会出場を果たした韓国を除き、ほぼ西アジア諸国のなすがままとなった。アジアサッカー連盟 フレッシュアイペディアより)

  • FIFAランキング

    FIFAランキングから見たAFCアジアカップAFCアジアカップ

    FIFAワールドカップの各地域予選においては、実力差が極めて大きい対戦を避けるため予備予選を行うことがあり、その振り分けに使われたり(例えば、2006 FIFAワールドカップ・アジア予選ではFIFAランキングアジア上位25位以内のチームは予備予選免除)、AFCアジアカップ等の各地域連盟主催の各大陸別選手権の予選組み分け及び本大会のグループリーグの組み合わせ(ランキングが高いチームがシード等)に使われたりしている。FIFAランキング フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
156件中 1 - 10件表示

「アジアカップ」のニューストピックワード