156件中 91 - 100件表示
  • サッカークウェート代表

    サッカークウェート代表から見たAFCアジアカップAFCアジアカップ

    ガルフカップは優勝10回、AFCアジアカップは優勝1回である。サッカークウェート代表 フレッシュアイペディアより)

  • AFCチャレンジカップ

    AFCチャレンジカップから見たAFCアジアカップAFCアジアカップ

    2008年大会以降は、AFCアジアカップの予選としての性格も有する。2008年大会及び2010年大会の優勝チーム(2008年大会及び2010年大会の優勝チームが同一の場合は、2010年大会の準優勝チーム)にはAFCアジアカップ2011本大会への出場資格が与えられ、インドと北朝鮮が同大会に出場した。同様に、2012年大会及び2014年大会の優勝チームにはAFCアジアカップ2015本大会への出場資格が与えられる事になり、2012年大会で優勝した北朝鮮が2大会連続でのアジアカップ本大会出場を決めた。なお2016年大会以降の優勝チームは、AFCアジアカップの直接の出場権ではなく、プレーオフ(AFCアジアカップの予選敗退チームのうち成績上位チームと対戦し、勝者がAFCアジアカップ出場)の出場権を得る。AFCチャレンジカップ フレッシュアイペディアより)

  • オリンピックサッカー競技

    オリンピックサッカー競技から見たAFCアジアカップAFCアジアカップ

    また、戦後の優勝国については、その国が2年後のFIFAワールドカップで優勝したことはない(2010W杯現在)。五輪代表とA代表では(たとえ監督が同じだとしても)メンバーが異なることが一般的であるため、五輪の結果が必ずしもA代表には直結しないといえる。(例外もあり、2004年アテネ大会金メダルのアルゼンチンや4位のイラクは、それぞれ五輪直前のコパ・アメリカ、アジアカップを五輪とほぼ同じメンバーで戦っており、A代表が五輪に送り込まれたと言える。)オリンピックサッカー競技 フレッシュアイペディアより)

  • サッカーイラン代表

    サッカーイラン代表から見たAFCアジアカップAFCアジアカップ

    古くからアジアではトップクラスの強豪国であり、AFCアジアカップで3度(1968年、1972年、1976年)、アジア大会で4度(1974年、1990年、1998年、2002年。2002年以降はU-23の大会)の優勝歴を持つ。また、2000年より開催されている西アジアサッカー選手権では4度優勝している。サッカーイラン代表 フレッシュアイペディアより)

  • AFC/OFCチャレンジカップ

    AFC/OFCチャレンジカップから見たAFCアジアカップAFCアジアカップ

    AFC-OFCチャレンジカップ()は、アジアサッカー連盟(AFC)とオセアニアサッカー連盟(OFC)の大陸選手権大会(前者はAFCアジアカップまたはアジア競技大会、後者はOFCネイションズカップ)の優勝国によって2001年から西暦奇数年に開かれていたナショナルチームによるサッカーの国際大会である。AFC/OFCチャレンジカップ フレッシュアイペディアより)

  • アフロアジア選手権

    アフロアジア選手権から見たAFCアジアカップAFCアジアカップ

    アジアからはAFCアジアカップまたはアジア競技大会の優勝国が、アフリカからはアフリカネイションズカップの優勝国が選出され、西暦奇数年に対戦した。しかし、FIFAワールドカップ・2006年大会の開催国を決める決選投票で、それまで南アフリカ共和国を支持していたAFC加盟国の多くがドイツに投票したことからCAFと対立し、2001年以後開催中止となった。なお、AFCはその後オセアニアサッカー連盟(OFC)との大陸王者対抗戦「AFC/OFCチャレンジカップ」を開催するようになった。アフロアジア選手権 フレッシュアイペディアより)

  • 中村直志

    中村直志から見たAFCアジアカップAFCアジアカップ

    そんな中、2006年には日本代表候補に選出され、4月21日から23日の強化合宿に参加。8月9日のキリンチャレンジカップのトリニダード・トバゴ戦に向け、追加メンバーとして日本代表に初招集される。続いてのアジア杯イエメン戦でも代表入りを果たす。中村直志 フレッシュアイペディアより)

  • サッカーフィリピン代表

    サッカーフィリピン代表から見たAFCアジアカップAFCアジアカップ

    フィリピンサッカーの衰退や相次ぐ成績不振を理由に、FIFAワールドカップやAFCアジアカップには出場していない。フィリピンではバスケットボールやボクシングが盛んである。しかしながら、近年はプレミアリーグでプレーするニール・エザリッジなど海外で生まれ育ったフィリピン系の選手を積極的に勧誘しており、2010年の東南アジアサッカー選手権では初の準決勝進出するなど強化が進んでいる。AFCチャレンジカップ2012では自己最高位の3位になり、フィリップ・ヤングハズバンドが6得点で、同大会得点王を獲得した。サッカーフィリピン代表 フレッシュアイペディアより)

  • AFCアジアカップ2011

    AFCアジアカップ2011から見たAFCアジアカップAFCアジアカップ

    AFCアジアカップ2011は、2011年1月7日から1月29日にかけて、カタールで開催された第15回目のAFCアジアカップである。予選を含む参加国数は25、本大会出場は16カ国。AFCアジアカップ2011 フレッシュアイペディアより)

  • 梁圭史

    梁圭史から見たAFCアジアカップAFCアジアカップ

    在日朝鮮蹴球団在籍時に朝鮮代表に選出され、アジアカップ予選で活躍。2000年6月にヴェルディ川崎に移籍した。翌2001年には韓国の名門、蔚山現代FCに移籍。Kリーグでプレイした最初の朝鮮籍の選手となった。ザスパ草津退団後は一線から退いていたが、故郷の岡山県サッカー協会からの要請に応じてファジアーノ岡山で2005年に現役復帰。エースとして活躍した。2007年シーズンからは2010年までは同クラブのコーチを務める。2011年からは新設されたファジアーノ岡山U-18ユースの初代監督に就任した。梁圭史 フレッシュアイペディアより)

156件中 91 - 100件表示

「アジアカップ」のニューストピックワード