178件中 91 - 100件表示
  • 2006年のJリーグ ディビジョン1

    2006年のJリーグ ディビジョン1から見たAFCアジアカップAFCアジアカップ

    開幕戦は3月4日にG大阪対浦和戦、翌5日に残りの8試合が行われた。5月6日、7日の第12節をもってドイツW杯による中断期間に入った。再開は7月12日にAFCチャンピオンズリーグのため未消化であったG大阪対磐田戦が行われ、翌週の19日から本格的に再開された。以後はAFCアジアカップ予選などによる2週間程度の中断期間を数回挟みながら、12月2日まで開催された。2006年のJリーグ ディビジョン1 フレッシュアイペディアより)

  • 下川健一

    下川健一から見たAFCアジアカップAFCアジアカップ

    1996年AFCアジアカップ(4試合0得点)下川健一 フレッシュアイペディアより)

  • 白澤久則

    白澤久則から見たAFCアジアカップAFCアジアカップ

    1983年にヤンマーディーゼルに加入し、守備の中心として活躍する(日本サッカーリーグ1部通算86試合出場1得点)。1988年には、カタールで行われたAFCアジアカップに出場する日本代表Bのメンバーに選ばれた。白澤久則 フレッシュアイペディアより)

  • ハワル・ムラ・モハメド

    ハワル・ムラ・モハメドから見たAFCアジアカップAFCアジアカップ

    イラク代表としては3度のAFCアジアカップに出場するなど2001年のデビュー以降、長年主力として活躍した。ハワル・ムラ・モハメド フレッシュアイペディアより)

  • ガルフカップ

    ガルフカップから見たAFCアジアカップAFCアジアカップ

    現在のレギュラーの参加国はサウジアラビア、クウェート、イラク、アラブ首長国連邦、カタール、バーレーン、オマーン、イエメンの8ヶ国である。大会は1970年から約2年に1回のペースで開催されており、アジアカップやFIFAワールドカップ・アジア予選を占う意味でも重要なファクターとされている。ガルフカップ フレッシュアイペディアより)

  • 川口能活

    川口能活から見たAFCアジアカップAFCアジアカップ

    AFCアジアカップ 優勝 : 2000、2004川口能活 フレッシュアイペディアより)

  • 鈴木隆行

    鈴木隆行から見たAFCアジアカップAFCアジアカップ

    2004年、Jリーグ・第2ステージより鹿島アントラーズに復帰し、第5節アウェイの磐田戦で自身初のハットトリックを果たす(1ペナルティーゴール含む)。2006 FIFAワールドカップ一次予選ではケガで不調のエースFW久保竜彦に代わりジーコ日本代表監督に「FWの軸」として指名され、3戦連続ゴールを決めるなど活躍、AFCアジアカップでも日本の優勝に貢献する。鈴木隆行 フレッシュアイペディアより)

  • AFCアジアカップ2007

    AFCアジアカップ2007から見たAFCアジアカップAFCアジアカップ

    AFCアジアカップ2007(、、、)は、2007年に行われた第14回目のAFCアジアカップである。タイ、マレーシア、ベトナム、インドネシアの4カ国の共同開催となり、アジアカップ史上初めて複数国の共同開催となった。2007年7月7日から7月29日まで開催され、イラクが初優勝を飾った。AFCアジアカップ2007 フレッシュアイペディアより)

  • ビラル・モハメド

    ビラル・モハメドから見たAFCアジアカップAFCアジアカップ

    ビラル・モハメド(Bilal Mohammed, 1986年6月2日 - )は、カタール出身のサッカー選手。ポジションはディフェンダー。カタール代表としてAFCアジアカップの本大会のメンバーに3度(2004、2007、2011)名を連ねている。2011年大会のグループリーグ3戦目クウェート戦では前半12分に先制点を挙げ、チームの準々決勝進出に貢献した。ビラル・モハメド フレッシュアイペディアより)

  • 中澤佑二

    中澤佑二から見たAFCアジアカップAFCアジアカップ

    AFCアジアカップベストイレブン:1回(2004年)中澤佑二 フレッシュアイペディアより)

178件中 91 - 100件表示

「アジアカップ」のニューストピックワード